FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

スカッシュ写真の撮り方(スカッシュの知見編)

「スカッシュ写真の撮り方(写真の基礎知識編)」からの続きです。)





1.競技、選手を理解し、動き(この先どいうことが起こるか)を予測する


下図は、「相手(ブレイヤーB)が左前からクロスロブを打った(またTに戻れていない)、ストローカーであるあなた(プレイヤーA)はTの少し後ろにいる」という状況です。
WS000002_20130623071828.jpg





この局面で、あなたが選択すべき最善手は何か?



答えは明快、「ボレーでストレートドライブを打ち、ボールをコート右後方へ運ぶ(2バウンド目がバックウォールニックがベスト)」です。

状況によっては、「ロブが高くて良いコースに上がったので、無理してボレーしない」や「相手がストレートドライブを予想してコート右後方に猛ダッシュしているので、ボレークロスドロップで逆を突く」なんて手もアリですけど、基本/原則は「ボレーカット、ストレートドライブ」です。



下の写真は、相手が左前からクロスロブを上げたので、「ジャンピングボレーする!」と察知して、シャッターボタンを押しています。
DSC_0275.jpg
D800 AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 露出モード:マニュアル(1/640秒 f1.8) ISO:オート(3600)露出補正-0.3



この選手がしたショットセレクトと同じことを、カメラマンはしているのです。




Facebookの順天堂大学スカッシュ部のアルバムにあるこの写真も、同じシークエンスだと思います。
481192_355566881216101_1203442870_n_20130623074301.jpg

(撮影者の許諾を得て転載しています)



この瞬間を切り取ることができるのは、撮影者がスカッシュのことをそれなりに知っているから。そしてこの選手のことをよく知っていて、どのような動きをするのか予測することができたからです。結構難しいんですよ、これ。
あとは被写体ブレをしないシャッタースピードを選択できれば、エクセレントな写真になります。写真の基礎的スキルを身に付けるのは、割とカンタンです。


オールスポーツコミュニティ
のカメラマンは、「写真撮影のスキルはあるが、スカッシュの知見は(ほとんど)ない」だと思います。よって、「ピントが合っていて、ブレていない」という『記録写真』レベルはクリアしています。でもそれだけ。
ほとんどがテイクバック時の写真です。ジャンプやダイブが予想できず、ストーリーを理解できない人が撮影しています。



2013年のCP+(カメラショー)で、スポーツグラフィック「Number」編集長松井氏の講演を聴きました。
DSC_7841_20130623091042.jpg





下の写真は、1998年長野オリンピック ジャンプ団体戦で、金メダルを決めた舟木選手のジャンプを見つめる原田選手を撮ったものです。
DSC_7842_20130623091044.jpg




「他のカメラマンが舟木選手を撮っているときに、それを見つめる原田選手に“撮る価値”があると判断した藤田孝夫カメラマンはすごい」と松井氏は言っていました。1994年のリレハンメルオリンピックからつながるストーリーを理解しているかこそ、の判断です。さすが。



サッカーで試合前の練習中に「今日○○選手調子いいよ。ゴール決めるかも」や「あの選手、将来大物になるからマークしとくといいよ」とカメラマンから教えられることがよくあるそうです。「Number」レベルのカメラマンは、競技や選手のことをよく知っている(知らないと、撮れない)のです。





渡部さとるさんがスポーツ新聞社の新米カメラマンだったころのこのエピソードも、同様ですね。マニュアルフォーカス時代の話ですけど、シャッターチャンスを捉えるという点では、現代も同じです。



スポーツ新聞社のベテランカメラマンともなるとピント合わせの技はほとんど職人の域に達している。その中でも各社一人は神技と呼べる人たちがいた。

スポーツ新聞のメインはやっぱり野球である。カメラマンも、巨人戦ともなると(大阪なら阪神戦、名古屋なら中日戦)一塁ダッグアウト上、三塁、センターバックスクリーン、そしてゴンドラ席と最低4人の布陣となる。

なかでもゴンドラ席は各社腕利きのベテランが座る場所。ゴンドラ席とは一塁側観客席中段上くらいに位置し、ちょうど三塁とホームを結ぶ延長線上にあることが多い。そこからならグランドの隅々までを見渡すことが出来る。

一塁、三塁、センター席のカメラマンがバッター中心に撮影するのに対しゴンドラ席は、守備を主にハプニングなどを撮影する。要するにバッターが打ったボールの行方を撮る立場にある。

「ピッチャー投げました(カーン)打ちました!」のアナウンスの声と同時にレンズが振られ、野手が捕球する前にすでにシャッターが切られている。「横っ飛びのファインプレー」など、ゲームを左右する場面ともなると新聞紙上には絶対必要だ。必ず撮れるバッターとは違い、守備のプレーにもう一回はない。

どう考えてもボールより速くレンズを振っている。ピントはいつ合わせるかというと、「レンズを振りながら」ということになる。レンズといっても600ミリの超望遠レンズである。ピントの合う幅は限りなくゼロに等しい。

なのに、重要なプレーやハプニングがあると必ず写っているのだ。しかもピントぴったりで。試合を決定付けたファインプレーやエラー。一瞬を争う一塁ベース上でのランナーと捕球者の交錯。必要とされるものは全て写っていた。

横で撮影しているところを見ていると「カーン!」とバッターが打った瞬間にもう「カシャ!カシャ!カシャ!」と3~4の枚シャッター音が聞こえる。しかし肉眼でボールの行方を追っても飛んでいくボールなど見えない。いったいどうやって撮っているのか。

話を聞くとピッチャーの配球、バッターの癖、ランナーの有無、アウトカウント、点差、色々なことを頭に入れてあらかじめ狙いをつけておくらしい。その上で右目でファインダーを、左目でグランド全体を見てボールの行方を追い、守備の人間が動いたところに瞬時にレンズを向ける。ピントはもう長年の経験で三塁ならこのくらい、センターならこのくらいと指が覚えているという。だからバッターが打った瞬間にはシャッターが切られているのだ






インパクトの瞬間が撮れるのは、プレイヤーと同じ感覚でボールを追っているからです。「プレイヤーになったつもりで、ボールを打つ」ように撮ります。スカッシュがわかっていないと、撮れません。

DSC_0846.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/640秒 f2.8) ISO:オート(2500)





DSC_3613.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/640秒 f2.8) ISO:オート(2500) 露出補正-0.3




DSC_9802.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/500秒 f2.8) ISO:オート(6400)




2.主役・脇役・エキストラを適度に配置する。

肉が大好きな人でも、毎日3食ステーキを1週間も続けたら、さすがに飽きますよね。
「1番から9番まで全員清原」という打線、オモシロそうではありますが、強いチームではなさそうです。

組み写真の構成を考える時、「主役写真」、「脇役写真」、「エキストラ写真」のバランスを意識します。




まず、主役写真を2、3枚押さえます。
DSC_0308_20130623081738.jpg
D800 AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 露出モード:マニュアル(1/640秒 f1.8) ISO:オート(2800) 露出補正-0.3




DSC_0308_1.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/640秒 f2.8) ISO:オート(3200) 露出補正-0.3




DSC_4158_20130623081529.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/640秒 f2.8) ISO:オート(4000) 露出補正-0.3




次に脇役写真を狙います。

DSC_9331.jpg
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/500秒 f2.8) ISO:オート(6400)



DSC_9446.jpg




DSC_9926.jpg
D800 AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G 露出モード:マニュアル(1/640秒 f1.8) ISO:オート(2800) 露出補正-0.3




ちょっとした間で、エキストラ写真を拾っておきます。


DSC_9342.jpg
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/250秒 f2.8) ISO:オート(2800)





DSC_0780.jpg
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/500秒 f2.8) ISO:オート(4000)




DSC_0316.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/640秒 f2.8) ISO:オート(3200)




DSC_9584.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/250秒 f4) ISO:オート(6400)



ま、これは「写真の基本的スキル」ですが、スカッシュの知見がないと、脇役・エキストラは見つけられません。主役ばっかりの「フォトギャラリー」になります。







3.ストーリーを考える

下の写真は、2013年関東学生スカッシュ選手権団体戦 男子決勝が終わった直後のものです。
DSC_9595.jpg
D800 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 露出モード:マニュアル(1/250秒 f4) ISO:オート(6400)




決勝のスコアはこれ↓
慶應bt.順大 3-2 
鈴木(5)lost.井上(5)5-11,9-11,6-11
阿部(3)bt.中川(3)13-11,11-9,5-11,11-13,16-14
佐藤(4)bt.越智(4)11-9,3-11,8-11,11-4,11-7
平田(1)lost.小畑(1)9-11,11-6,6-11,12-10,10-12
府川(2)bt.高橋(2)11-8,11-6,7-11,5-11,11-8 
(試合順)



この流れからして、こういうシーン(チームの優勝を決めた主将を、みんなが歓喜で迎える)が起きると想像しました。だから、この瞬間を狙って待っていたのです。



以上、理屈を理解すれば、そんなに難しいことではありません。みなさんもゼヒ、スカッシュ写真に挑戦してくださいね。




  1. 2013/06/11(火) 21:46:42|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 「スーリラ節」 | ホーム | スカッシュ写真の撮り方(写真の基礎知識編) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teamkano.blog18.fc2.com/tb.php/2086-8df5f73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)