FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

アンビリーバボー!

5月24日にJSAサイトに掲載された記事「第2回アジアジュニアスカッシュ選手権大会日本代表選手決定!」によると、U15男子は遠藤共峻、小林僚生、海道泰喜の3名が派遣されるようだ。


以前も紹介したとおり第12回全日本ジュニアスカッシュ選手権大会 募集要項 に掲載された お知らせには以下の記述がある

今大会は2008年6月26日~29日韓国にて開催予定のアジアジュニアスカッシュ選手権大会個人戦(Under15、19男女各2名)日本代表への選考試合となります。
Under19の男女各1名は机伸之介、小林海咲で内定。
Under19、15の男女各1名は今大会のチャンピオンに決定します。
Under15の残り1名は今大会を参考試合とします。




これを全日本ジュニアの結果に当てはめるとこうなる

U19男子:机(決定) ※内定済みの机が優勝
U19女子:小林(内定)、酒井(決定)
U15男子:遠藤(決定)+今大会を参考(1名)
U15女子:杉本(決定)+今大会を参考(1名)


海道は追加で代表に選出されたのだ。
これは代表強化を推進する上で、素晴らしい判断だと思う。遠藤・小林・海道には投資する価値がある。枠が2名だからといって1人を外すのではなく、リターンが期待できるところに集中的に投資をする。こうでないと強化は進まない。




さらに、上の「お知らせ」を基準にすると、U19男女も各1名が追加されていることになる。従って、計3名が追加で派遣されるのだ。


私がジュニア育成・代表強化担当者なら、酒井が参加しないからといって、山崎真結を繰り上げたりはしない。山崎を派遣するなら、現在クアラルンプールで行われているミロオールスタージュニアとそれに続くペナンジュニアのU17にする。
15歳の山崎には、U19で行われるアジアジュニアよりもミロ&ペナンの方が、対戦相手のレベルという点で将来につながる良い経験ができると考えるからだ。

アジアジュニアが開催される釜山の方が渡航費用は安いだろうが、効果とのかねあい、コストパフォーマンスを計算すべき問題である。なけなしの育成・強化資金を、できるだけ効果的に使おうとするなら、チマチマとソロバンを弾く必要がある。絶大な効果が得られるなら、100万でも200万でもつぎ込むべきなのだ。


育成・強化資金が逼迫しているのなら、海道を代表に入れたら誰かが外れなければならない。
今回の代表メンバーはジュニア育成・代表強化の資金が豊富にあることを示している。そうでなければ、追加はおろかU15の残り1名も『該当者なし』として1名ずつしか派遣しないことだってあり得たのだ。


大変喜ばしいことである。当面ジュニア育成・代表強化に関しては「お金がない」という言葉は聞かれず、大盤振る舞いが続くはずだ。今後「代表選考試合を1日4試合」などという異常事態はよもや起こるまい。

いい時代になったものだ。




※上の文章は「代表派遣なので、交通費などは全て協会負担」という“思い込み”で書きました。
「誰が、どのくらい」はわかりませんが、一部選手の自己負担があるようです。
  1. 2008/05/27(火) 12:03:49|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<ったくアンビリーバボーだぜっ! | ホーム | 春は揚げ物(5) とんかつ まるや>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/05/27(火) 13:33:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

なろほど。

そうですか。それは私には全く思いもよらないことでした。
情報ありがとうございます。
  1. 2008/05/27(火) 14:55:18 |
  2. URL |
  3. カノウ@家元 #Cm9Ogkkk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://teamkano.blog18.fc2.com/tb.php/1043-8c6b2b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【スカッシュ】についてブログでの検索結果から見ると…

スカッシュ をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
  1. 2008/05/28(水) 00:38:20 |
  2. おまとめブログサーチ