FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

飛騨高山@2011元日

2011年元旦、家元は朝4時に起床し、白川郷へと向かった。






のに何故か、飛騨高山観光をすることになってまったでかんわ(ここでマイミクさんはニタリとする♪)。

DSC_4158.jpg






DSC_4403.jpg






野球・卓球をやっていた小中学生時代、下呂で郡大会を勝ち抜くと、高山での地区大会に進出し、次に岐阜県営球場(現:長良川スタジアム)などで開催される県大会に進むという仕組みになっていたこともあり、飛騨高山には100回以上行っていると思う。
でも、写真を撮り出すと、また行く価値が生じてくるんだな♪




酒屋の軒下に吊してあるのは、杉玉(酒林とも言う)
DSC_4166.jpg




酒蔵を改装した上尾の蕎麦屋の入り口にもあるよね。



新酒の仕込みが終わると、青い杉玉を吊す。
DSC_4171.jpg



それが茶色に変わることで、新酒の買い時を知らせるという役割を担っていたという。
現在では、商売繁盛のお守りですな。

DSC_4162.jpg












飛騨牛ステーキの「天狗」とか中華そばの「まさごそば」とか、まっとうな飲食店は元日くらいお休みするものなのである。
DSC_4206.jpg









だから、こういう日のオススメはみたらし団子
DSC_4211.jpg




DSC_4215.jpg







市内に数カ所あるけど、どこもハズレはない。
DSC_4399.jpg




とはいえ、お店で食べたくなったら、「恵比須本店」へどーぞ。
DSC_4414.jpg




ざるそば
DSC_4408.jpg














朝市が開かれる宮川沿いを歩いてたら、こんな場面に遭遇!








わぉ!

DSC_4316.jpg







遊びの原点だね☆

DSC_4343.jpg




液晶モニターに向かっているだけでは、決して身に付かないものが得られると思う。

DSC_4356.jpg







旅をすると、いろんなものに出会えるね☆

DSC_4417.jpg








スポンサーサイト



  1. 2011/01/30(日) 21:26:53|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細かすぎて伝わらない

っつーか、「ストライクゾーン狭すぎて」かしらん。。。。




Power Mac G4 クロック改造 + Mighty Mouse 振り子






  1. 2011/01/26(水) 20:32:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ToC

タイトルは、五反田にある展示会などをやってる施設…ではなく、Tournament of Championsです。ニューヨークのグランドセントラル駅構内にコートを設置して行われる大会です(これ)。


YouTubeなどで観応えのあるスカッシュの動画を探すと、ToCのであることが多い。プレイヤーが素晴らしいパフォーマンスを披露する頻度が高いのだと思う。今年の1回戦Wael El Hindi vs Alister Walkerは液晶モニター越しにもその凄さが伝わってきたから、生で観たらもおたまんない!な試合だったろう。



プレイヤーが素晴らしいパフォーマンスを発揮する条件のひとつが、会場の雰囲気であり、それを形成する主な要素は観客の質だと思う。1年前、東京アメリカンクラブで開催された2010 TAC PREMIER CLASSIC女子準決勝の前川美和vs鬼澤こずえで実感した。


日本人観客の多くは、隣のコートで同時進行していたもうひとつの準決勝小林海咲vs松井千夏に集中していた。家元もそっちを観たかった。が、なりゆき上前川vs鬼澤のレフリーをすることになってしまった。

でも、これがとっても良い試合だったのよ。2人が素晴らしいパフォーマンスが展開された。それを引き出した原因のひとつは、ギャラリーの雰囲気だった。

上の理由で、この試合の観客の多くは、アメリカンクラブの会員の方々だった。彼らは、素晴らしいプレーには両者に大きな拍手とブラボー!などを声を上げ、観戦を心から楽しんでいた。レフリーやってて、「あぁ、イイカンジだなぁ♪」と愉しくなった。ニューヨークでの大会もこんな雰囲気の中でやってるなら、素晴らしい試合が多いのも頷ける、と。

ただ、ちょっとレフリーがねぇ…






3rdゲームか4thあたりか、前川は打った鋭いクロスドライブがバックコーナーに決まった…かに見えたが、鬼澤が見事な反応とダッシュでそれをピックアップし、ラリーは続く。結局そのラリーは前川が取るのだが、ラリー終了後鬼澤がアピールした。
前川のドライブが決まったと思った観客からWaoo!やGood!のような大きな声と拍手が起こったので、「そのせいで十分なリターンができなかった」というアピールだ。

声と拍手が上がったのは事実である。しかしそのせいで鬼澤のリターンが妨害されたとは思えず、鬼澤も納得してラリーを続けたと判断し、ノーレットとした。
この判断は間違っていないと思う。問題はその後だ。

鬼澤のアピールがあったので、ギャラリーに「ラリーが終了するまでは、声を出さないようお願いいたします」と英語でアナウンスした。
そしたら、それまで良い雰囲気で試合を楽しんでらっしゃった人たちが、先生に叱られた小学生みたくしシュンとしてしまい、良いプレーの後でも拍手や歓声が上がらなくなってしまった。






あちゃー(>_<)

自分としては丁寧に言ったつもりだったんだけど、「オマエラ、ウルサイアル! シズカニスルアル!!!」的ニュアンスだったのかしらん。。。。

自分の英語力の低さを反省した。でも、ニュアンスとかは、その言語を日常語として生活しないと身につかないにゃー★ 生体験しない学習の限界です。





TOCでは、フロントウォールの奥が駅の通路になっていて、通りすがりの人が大勢立ち止まって観戦しているらしい。そのためか、時々カメラのフラッシュが炊かれる。
それを気にしてプレイヤーがプレーを止めた時(気にせずプレーオンするケースも結構ある)、レフリーはフラッシュの禁止を呼びかけるアナウンスをしている。

「Ladis and Gentlmen, 」から始めて用件を言い、最後に「Thank you.」を付ける。たぶんこれで少しは丁寧な言い方になると思う。人生いたるところ勉強あり、ですわ。







※登録(有料)した人しか観られないけど、2回戦David Palmer vs Tom Richardsの解説を、2009年日本に来たクリストファー・ゴードンがやってるよ。
喋りもなかなかイケてる☆







  1. 2011/01/24(月) 20:39:53|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○○系

ピザ職人系男子
DSC_5582.jpg





手伝うフリして邪魔する系姉
DSC_5584.jpg






焼き上がった系ピザ
DSC_5585.jpg







伸び~る系チーズ
DSC_5588.jpg





食べる系小学生
DSC_5601.jpg





食べながら笑う系?
DSC_5591.jpg





それ見て驚く系男子
DSC_5606.jpg






口開けて眠る系アフロ
DSC_5611.jpg






シンクで寝てたのに邪魔された系ネコ
DSC_5645.jpg





21歳になった系女子
DSC_5643b.jpg










  1. 2011/01/18(火) 22:12:54|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥飛騨温泉郷

実家から車で約2時間、奥飛騨温泉郷へ行った。




福地温泉で軽く食べた後、新穂高温泉の旅館「槍見館」で日帰り入浴。





フロント奥のロビー
DSC_3907.jpg




宿泊客には、チェックイン時ここで甘酒が振舞われる。
DSC_3868.jpg





菅田川沿いにあるいくつかの露天風呂に行く人のために、長靴が用意されている。
DSC_3885.jpg




槍見の湯
DSC_3829.jpg



宿泊客しか利用できないのだけど、内湯は良い木の香りがしてオススメ♪
DSC_3902.jpg


ご飯も美味しいし、オススメの宿です。


「槍見館」










今回は入浴してないのだけど、「深山荘」の露天温泉もいいよ☆
DSC_3917.jpg





宿泊はしたことないので、食事やお部屋はどーかわからん。
DSC_3923.jpg



深山荘










「新穂高の湯」は夏でもぬるいので、冬場は入浴不可。
DSC_3930.jpg
泉質は良いので、空いてる時ならオススメ。












評判の良い「ひらゆの森」に初めて行ってみた。
DSC_3965.jpg







近隣スキー場のリフト券購入者は日帰り入浴が無料になったりして客は多いのだけど、お風呂も広いので悪くはない。



宿泊料金も安いし、こりゃ人気があるのも肯ける。




素泊まりや朝食付きにして、レストランで食べたいものだけ食べられるのもイイ☆


特ロース定食(2,500円)
DSC_3943.jpg

特にフツーの食事だけど、まあ悪くはない。
温泉旅館の「やたら品数やボリュームが多くてクオリティの低いいかにも作り置きな食事」は好かんのじゃ。



「ひらゆの森」









夕方、空の一部だけ晴れ間が残ってた。

DSC_3993.jpg











三脚持ってくればよかったと後悔★
DSC_4008.jpg







  1. 2011/01/17(月) 21:08:20|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔ばなしの里@福地温泉

DSC_3779.jpg





DSC_3783.jpg





DSC_3770.jpg





五平餅(200円)
DSC_3796.jpg





岩魚塩焼き(780円)
DSC_3807.jpg





  1. 2011/01/13(木) 00:08:42|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トワイライト@銀座

DSC_5164.jpg



  1. 2011/01/10(月) 00:43:11|
  2. 写真・カメラ・レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見る力

僚生の気迫を感じる素晴らしい試合だった。
そのせいで、終わってから写真を1枚も撮ってないことに気が付いた。(笑)





ブリティッシュジュニアオープン引率中の小林父さんのmixi日記 『BJO初日、 U17男女』より引用








良い言葉である。
写真を撮るのも忘れさせるほど素晴らしいパフォーマンスが展開されている時に撮影しているようでは、良い写真は撮れない。

“見る力”があると、上記のような体験を何度かする。そうでなくては、良い写真は撮れないのだ。逆説的だが、これは真理である。









  1. 2011/01/04(火) 23:14:01|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贈り物

スポーツ競技は、大きく2つに分類されます。
ひとつは、「自分が出したスコアを競うもの」。ゴルフ、フィギュアスケート、砲丸投げなどがこれです。
もうひとつは、「相手と対戦する競技」です。ボクシング、サッカー、テニス、そしてもちろん、スカッシュもこちらに属します。


ゴルフコンペは2人以上いないと成立しませんが、ゴルフそのものはひとりでもできます。
一方対戦型の競技では、最初のサーブを相手がフォルトし、私のサーブを相手が1球もリターンできないと、私はほとんどプレーできません。相手が有効なリターンをしてくれないと、私はスカッシュをすることができないのです。

あなたなしでは私はこのゲームを続けることができない。スカッシュをしている2人は、そのようなメッセージをやりとりしています。このとき、ボールと共に行き来しているのは、「I can't live without you」という言葉なのです。



I can't live without you.

これは私たちが発することのできる最も純度の高い愛の言葉です。
自分の懐で安らいでいる赤ちゃんの訴えるようなまなざしに「あなたがいなければ私は生きてゆけない」というメッセージを読む母親は、必ずそれに「私もまた、あなたなしでは生きてゆくことができない」というメッセージで応じます。

“あるメッセージを正しく受信したことを相手に伝える最良の方法”は、“同じメッセージ”を送り返すことだからです。「おはようございます」には「おはようございます」を、「本日はお招きいただき、ありがとうございます」には「いえいえ、わざわざお越しいただきこちらこそありがとうございます」を返すことで、私たちの社会は機能するように構成されています。



相手が打ったボールは、「あなたが有効なリターンをしてくれたおかげで、私はこうしてスカッシュをすることができました。ありがとうございます。お返しにこのボールを贈ります」とプレゼントされたものです。
それに同じメッセージを贈り返すると、“何か良いこと”が起こります。

「あなたなしでは生きられない人」は、末永く健康で幸福でいて欲しいと願います。このようにして他者の存在を祝福することで、同時に自分の存在の保証者に出会えるのです。
「私はここにいてもよいのだ。なぜなら、私の存在を必要としている人が現に目の前にいるからである」という論理形式で、ラリーの応酬は人間的尊厳を基礎づけます。



より多く有効なリターンを他者にプレゼントすると、次にまた別の他者にプレゼントする機会が得られます。そして、参加者の中で最も多くプレゼントした人が、その大会のチャンピオンになります。私たちがしているのは、そういうゲームです。

ボーストがティンを叩いたり、追いつけたかもしれないボールを途中で諦めたりすると、応援しながら見ている人は「あちゃー…」と落胆します。相手からいただいたプレゼントには、お返しをすることが期待されているからです。

だから、一球でも多く贈り物ができるよう、一生懸命練習します。どうすればより多くの贈り物をすることができるのかを考え、ベストを尽くすのです。


練習も試合も頑張ろうね。今年もよろしく。





  1. 2011/01/01(土) 00:00:01|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0