FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

Greeting!

以下の写真はクリスマスにアップするつもりだったんだけど、なにせ入院中だったもので今更ですが、I wish all your Merry Christmas and Happy New Year!







南町田グランベリーモールにて











以下、東京ミッドタウンにて

EVE3.jpg














eve4.jpg













eve5.jpg













eve6.jpg










with my best regards!





スポンサーサイト



  1. 2009/12/31(木) 16:27:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物欲日記(番外編)

26日午後、退院しました。


「アキレス日記」もまだまだ書きたいことある。入院中は他にすることがないのでブログ書きまくってたけど、家だとあれこれ意外とやることがあるのね。

ボチボチと書いていきます。




家でやろうとしたことのひとつが「撮り溜めてた動画を編集してDVD化する」だったんだけど、家元のパソコンじゃハイビジョン動画の編集は荷が重いらしく、途中でプッツン落ちる…★


「推奨環境:Core 2 Quad以上」ってことは、実質Core i7じゃないと普通に使えないってことね。今年2月に買ったCore 2 Duoクラスはお呼びでない、と。




どーするべ?

ま、考え中。




デジモノの場合、次々に良いものがより安く発売されるので、買い時は機能・性能では選べない。「海外旅行に行くから」とか「娘の運動会があるから」といった理由で買うと後悔しない。

家元の場合、90年イタリアワールドカップの前にBSチューナー(当時は単体チューナーが9万円くらいした)を買い、98年フランス大会で36インチブラウン管ワイドTVを買い、来年の南アフリカ大会で薄型TVを買うと決めていた。ちょと早くなったけど。



カメラは「撮りたいものがある時」が買い時なのだよ。








「パー子のブログ」に載ってたこのシーンの写真がこれ↓

akky2.jpg










こういう被写体があると、いいカメラが欲しくなるよね。

akky5.jpg









akky3.jpg





こんなの
も撮れるし☆

アキレス腱切った状態でもこれくらいは撮れるのだよ。


あー。しばらくスカッシュできないから、スカッシュ撮影用のカメラも欲しくなってきちゃったよーん★





どーしよ。。。。。。





  1. 2009/12/29(火) 16:30:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキレス日記外伝(1) マニアにはたまらない♪

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/27(日) 22:40:18|
  2. スカッシュ

アキレス日記(8) いよいよ手術

さてさていよいよ16:45 手術室イン。


家元の場合は下半身麻酔だったので、意識はハッキリしてるし、腕・指は自由に動く。グワシをやってみたら、ちゃんとできました(^_^)v
でも俯せになっているので、どんなふうにオペしてるのかは見えない。残念。ま、コンタクト・眼鏡は外さないといけないので、起きあがってもちゃんとは見られないんだけど。




手術室の雰囲気は、『寿司店の板場』って感じだった。ドラマの手術シーンのようなピリピリしたものではなく、淡々と普通に、でも真剣に作業をこなしていく感じ。

考えてみれば、緊張し過ぎたりしなさ過ぎたりではダメなわけで、職人さんが『普段通りの仕事をする』ということなのだろう。



麻酔科の先生は処置後、脈拍、心電図、患者の表情などをチェックし、何か異常があれば適切な処置をするというのが役割らしい。だから時々顔をのぞき込んで「気分悪くないですか?」とか話しかけてくる。
なのでいろいろ話した。



「手術の日は食べちゃいけないのは何故なんですか?」

「全身麻酔の場合、胃の中に食べ物や水分が残っていると肺などに逆流することがあるんです。下半身麻酔なら必要ないんですけど、オペ中に急遽全身麻酔に切り替えることもあるので」

「どんなときに切り替えるんですか?」

「麻酔が良く効いてなくて患者さんが痛がったり、逆に効き過ぎたりとかいろいろ状況に応じて、です」


「BGM、日本語ヒップホップなんですね。イメージとしてはクラシック、G線上のアリアとかバルトークだったんですけど」

「(オペする)先生の趣味ですかね。患者さんがリクエストすることもできますよ」


とかね。






「はい、終わりました。全部キレイにスッパリ切れてたので、がっちり繋いでおきました」と告げられ、18:10手術室アウト。


手術中は膝曲げた状態でされてたと感じてた。終わってストレッチャーで運ばれてるとき(仰向け)も膝曲がってる感じがしたので、「これ、膝まがってます?」と聞いたら「いえ、真っ直ぐ伸びてますよ」とのこと。麻酔するとき、体育座りのまま横に倒れた姿勢でしたので、その感覚が残ってるらしい。
この膝曲げた感は、翌朝麻酔が完全になくなるまで残っていた。







教訓その6:患者は手術中は何もすることがない。前後にある。

全身麻酔だと特にそうなのだろう。患者がすることがあるのは、術前・術後なのね。で、これは怪我の程度/手術の難易度が低くても、それなりにタイヘンだ、と。

家元の場合、「手術しないで治す方法もありますけど、どうします?」と言われ、「ハイハイハイハイ、しますしまします!」と自ら望んで手術したので、タイヘンだとか辛いとか言う資格はないのだ。

ちゃんと覚悟して手術に臨もうね。




  1. 2009/12/26(土) 11:49:51|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキレス日記(7) 初体験

点滴したまま松葉杖で歩こうとして力入れるとよくないということで、24日の手術待機中はトイレまでの移動に車椅子使用。これも初体験。






うほほーい、なんか楽しいぞ♪







とゆーことで、














メリー・車椅子!








  1. 2009/12/25(金) 19:10:34|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキレス日記(6) 手術前

手術前日、夕食(18時)以降は食べてはダメ。水を飲むのは21時までとのこと。ま、これは毎年やってる健康診断でも似たようなものなので、ああそうですかという感じだったのだが、オペ当日は一切食事はできない、と。水を飲んでいいのもオペ後数時間してからとのこと。


聞いてないよー!(←ダチョウ倶楽部風に)



オペはその日の1番目ではなく、前のが終わって準備が出来次第呼びにくるので、それまで病室で準備して待っていると。


ふへー(>_<) 家元、人の痛みには鈍感なのだが、空腹には超敏感なのよ★





結局オペは夕方から始まった。
待たされこと自体は、かなり無理して予定ねじ込んでもらったのがわかっているから、逆に申し訳なく感じてるのだが、飲み食いできないのはキツイっすね☆

これも手術を体験して始めてわかったことだった。





もうひとつ、難問が。

家元、ずっと注射嫌いだった。ま、好きな人は多くないと思うけど、血が出るとか骨が折れる(自分の骨折ったことないけど)のとかが割と平気なのに比べて、注射はダメ★ 針が自分の身体に入っているのが嫌みたい。

でも、注射嫌いは克服しました、減感作療法で。
減感作とは花粉症の治療法のひとつで、例えるとインフルエンザのワクチンを打つようなもの。抗体を注射してアレルギー症状が出ないようにする。

家元はハウスダストアレルギーなので、一年中花粉症だったのね。で、広島にいたころ、自宅近くに良い耳鼻科医院があって、そこで減感作のことを聞いた。

花粉症の人はわかると思うけど、これが治るなら何でもやりまっせ!という気持ちになるよね。だからやろうとしたんだけど、減感作療法の場合インフルエンザワクチンと違って1回の注射で1シーズンというわけにはいかない。

最初は週2回のペースで注射を3~4ヶ月、だんだん濃くしていって週1→2週に1回となり、半年くらいで月1のペースになる。で、月1をずっと続ける、と。


注射嫌いの家元にとって、週2のペースで注射されるというのは、もうタイヘンなことなわけですよ。んでも、やろうと思ったっす。自分を変えようと。

こうして注射嫌いは克服したですよ。短い時間なら、針が身体に刺さっても大丈夫になった。

でも点滴は…




以前、靱帯断裂のときだったか、30分くらい点滴された。もう顔真っ青になってたらしく、看護師さんに何度も「大丈夫ですか」「気分悪くないですか」と心配されてしまった。おそらく靱帯断裂で具合悪くなってるとおもわれたのだろうけど、違うんですよ、点滴の針刺さってることに青くなってたんです。




つまり、






点滴は天敵







と。





今回、水も飲めないということで、脱水症状を防ぐために点滴で水分補給をしたのね。朝7時から。

ずっと針ささったまま過ごしてるわけですよ。これを書いているオペ翌日の現時点も刺さったまま。水分補給は口からできるようになったけど、抗生物質の投与とかをするために。


いやー、点滴克服しちゃいましたね☆
これもアキレス腱断裂したおかげだと思うと、とにかく生きてるだけで丸儲けですよ。何でもやってみるもんだねぇ。





※減感作療法、耳鼻科でもやっているところあまり多くないようです。家元は広島から東京に転勤になったとき、広島の医者から「紹介状書くから、やっているところ自分でさがしなさい」と言われ、やってそうなとこ7、8軒電話して「神宮前耳鼻科クリニック」を見つけました。

減感作療法に興味がある方は、リンク先をご参照ください。週2のペースで通院するのって、「自分の職場のすぐ近くの耳鼻科」とかじゃないと難しいので条件厳しいし、効く/効かないには個人差があるのだけど、花粉症で苦しんでる人はトライしてみる価値あると思います。

ちなみに広島で行ってたのは「明海耳鼻咽喉科医院」です。どちらもとってもオススメできます。




  1. 2009/12/25(金) 14:01:21|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキレス日記(5) 入院

実は家元、入院チェリーなの。うふっ♪


今まで受けた最大の手術は、「ブリッジの土台にするために、親不知を抜いて奥歯の位置に移植する」というもの。もちろん、日帰り手術。

「入院って、どんなんだろ♪」という興味ではしゃいでますとも、ええ☆




「入院のご案内」によると、携帯の使用は1階ロビーの携帯使用可エリア以外は不可。家元のはPHSなんですけど、どーですか?と尋ねたところ、「病院スタッフは院内でPHSを使っています。でも患者さんに関しては、不可です。他の患者さんには、それが携帯かPHSかなんてわかりませんから」とのこと。

はい。携帯使用可エリアでのみ使いますです。




パソコンも病室内では使用不可、携帯使用可エリアでならOK。
で、これは大きな声で言っちゃいけなのかもしれないんだけど、「カンファレンスルームというのがあり、会議や学生入院患者の勉強に使っている。空いていれば、そこでパソコン使ってもいいですよ」とのこと。


とゆーことで、携帯使用可エリアかカンファレンスルームでブログを書き、アップしています。お互い上機嫌でいるためには、規則を守ることが必要です。

手術は下半身麻酔でやるとのことなので、「メスが入ったなう」とかTwitterで実況できるとオモシロイんだけど、無理ですなぁ★






今のところ、入院はいたって快適です。食事も最初は…だったけど、「食べられるだけで丸儲け」と考えたら、だんだん美味しく感じられるようになってきた。
やはりパフォーマンスの向上と「上機嫌であること」には、密な関係があるのだ。



家元の場合、右足が動かない以外は超健康なので、暇です。ブログを書いてなかったら、もてあましてたかもしれん。ブログを書き始めてから急激に減ってしまった読書に充てようとしたけど、どうも調子がでない。

手術後はブログなんて書いてられなくなりそうなので、ボーっとしてるか読書かになると思う。



ただし、手術の説明の時間はストレスフル。「T字帯と紙オムツを1枚づつ下の売店で買っておいてください」とか「手術は1番目ではありません。前の手術が終わって準備ができたら呼びに来ます。それまで点滴した状態で待ちます」とか。

アキレス腱断裂のオペは割と簡単と聞いてた(実際そうらしい)のでナメてたのだが、準備と後対応はそれなりにある、と。



教訓その5:手術をナメたらいかんぜよ!





シャワーは(入っても良い人は)週3回。これはまあこんなもんかと思うけど、シーツの交換が週1回とは★

今回の入院は短いし、交換日が木曜だからいいけど、けんぢクンやコースケらと「チーム 汗っかき」を組んでる家元的にはちとキツいっすね。





じゃ、次の更新は手術後になると思う。

「さよならを言うのは、少しの間死ぬことだ」 by フィリップ・マーロウ



チャオ!




  1. 2009/12/23(水) 19:54:18|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アキレス日記(4) 手術に向けて

土曜夜、その病院の“ちょっとした知り合い”の整形外科医師から電話をいただいた。 

内容はERで聞いたものと大筋同じで、「手術の場合はこう、手術しない場合はこう」といったのもをより丁寧に親身に説明された。

その中での新しい情報。
手術までの間にしておくことで、安静(患部に加重しないこと)・患部の冷却に加え、「足の挙上」を教えてもらった。足の腫れ・むくみがあると手術に良くない影響があるとのこと。

ドラマなどで足を怪我した入院患者がベッドで足を吊されてるシーンがあるけど、あれはそういう目的だったのね。


今の家元にできるのは、「治癒に全力を注ぐ」ことなので、言われたことを真面目に実行する。

「月曜午後は外来担当しているので、その時間に来てください。午前中に手術の日程調整しておきます」とのことだった。





日曜日は自分が1ゲーム半しかできなかった大会の結果を気にしつつ、借りてきてもらったDVDで『グラン・トリノ』と『スラムドッグ・ミリオネア』を観て安静に過ごす。ブルーレイレコーダー購入予算は、手術・入院・治療費に化けてしまいそう★

Mー1、家元的にはナイツだなぁ。出演順が不運だった。





そんなこんなで月曜日のお昼、藤が丘へ向かう。会社にはちゃんと「スカッシュでアキレス腱切りました」と言いましたよーだ。

自宅からつきみ野駅までは電話で呼んだタクシーで。藤が丘から病院までは徒歩1分の距離なので松葉杖で歩いたのだけど、これがもうタイヘン。乗ってたのが8両目(つきみ野駅のエレベーター位置)、藤が丘駅のエレベーター位置は3両目。改札でPASMOをかざすのに一苦労。そこから歩いて1分の距離が遠い遠い。ダウンジャケット着てたら汗かいちゃいました★


こういう状態になると、健康のありがたさがしみじみわかる。さんまが「生きてるだけで人生丸儲け」の意味で娘にIMARUと名付けたのは、慧眼というべきだろう。

このログは入院2日目に書いている。病院の食事はハッキリ言って、…ハッキリ言えないレベルなのだけど、札には「常食」との表記が。ってことはつまり、まだ遭遇してないけど、「“非”常食」が存在するということである。普通に食事ができるだけで、人生丸儲けなのだ。

仕事でミスして上司に叱られても、恋人に浮気されても、生きてるだけで丸儲けである。だから女子大生・OL・人妻・ナースは、家元にセクハラされても丸も…







話を戻す。

外来受付を済ませ、診断。

「はい、間違いなくアキレス腱断裂です。手術の枠を木曜日に取りました。入院は通常手術の前日からでいいのですけど、祝日なので明日火曜日からになります。退院は早ければ土曜日です」とのこと。


もちろんそんなことは言わないけど、土曜日の当直ドクターの話しぶりからして、かなり無理して家元の枠をねじ込んでくれたのだろう。感謝。


この日はその後、手術準備のためレントゲン撮影、採血、採尿、心電図測定、呼吸器官測定(肺活量を計る)をし、入院の申し込みをして帰宅した。





教訓その4:上機嫌な患者になろう。

この病院で働いてる人たちは、総じて感じが良い。この規模の病院にしては、待たされる時間も短い。

病院の対応に文句を言ってる患者も見かけたけど、見苦しいよ。


「不健康な人と接していると、健康のありがたみがわかる。不健康な人に囲まれているからこそ、上機嫌でいることが死活的に重要なのだ」とわかるようになるのだろうか。

だとしたら、病院はすべからく感じの良いところであらねばならない。現実はそうでもないから、この病院のフィロソフィーがこの構えを創出しているのだろう。


だから家元は、「上機嫌な患者」になろうと思う。そうであることが、入院・手術・リハビリなどのストレスフルな事態を乗り切る上で死活的に重要な構えだと、“身体でわかる”からである。






とゆーわけで、家元はクリスマスイブを点滴とか身体から管出した状態で迎えることになりました。
「ヘイ、彼女! イブはオレと一緒にオペしない?」というナンパが成功したら、家元の実力もホンモノです。


家元のオペが強引にねじ込まれたせいで、イブにお父さんの帰宅が遅くなってしまう家族がいるはず。予約したレストランをキャンセルせざるを得なくなってしまったカッポーもいるかもしれない。

迷惑掛けてすまない。その分、早く治してみせるから許してね。



  1. 2009/12/23(水) 14:48:03|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アキレス日記(3) あなたはどっち派?

藤が丘の病院出てから、「じゃすみません、自宅まで送っていただけますか」とお願いし、つきみ野に向かったのだが、かなり進行押してたから今からSQ-CUBEに行けば「僚生vsケニー」に間に合うんじゃないか?と気付く。

どーせ迷惑掛けるんなら、今送ってもらっても試合会場からの帰りでもそう変わらないし。



会場にいる人に電話すると、「今からコートに入るところ!」とのこと。ファイナルゲームまでいけば、最後は観られるかなと方向転換したが、3ー1で勝ったために間に合わず。無念。。。。

でも日向子の本戦(快心のナイスゲーム)とか堪能できて、戻った甲斐あったっすよ。





松葉杖で会場ウロウロしてると、何人かから「大丈夫ですか?」とお声を掛けていただけるのだが、だいじょーぶじゃないでしょ、どー見ても!



ただ、その声の掛け方に2種類のタイプがあることに気付いた。
ひとつは、心配さが滲み出るタイプ。もうひとつは、なぜか興味深々で『はしゃいでる』(?)タイプ。。。。。




夕方から会場に観に来てた海咲なんかは典型的後者だから、ニコニコしながら近寄ってきて

「カノーさん、どーしちゃったんですかぁ?!」

と声が弾む弾む(^-^)




モチロン家元は『はしゃいでる派』なので、こっちの方が軽口叩けて心地よいのだけどね、帰り送ってもらうクルマの中で、




「カノーさんて、






すすきの





に住んでるでしたっけ?」







は、どーよ?!

風俗嬢かっつーの!



「つきみ野」と「つくし野」はよく間違えられるけど、「すすきの」とはまたエライ方向に行っちまったもんだにゃ★






教訓その3

『はしゃいでる派』と天然ボケには、気をつけろっ!




いや、家元は楽しんじゃってるから一緒に楽しんでもらえた方が嬉しいんだけど、自分が『悲劇のヒロイン』だと思ってる人には気に障るかも。




  1. 2009/12/23(水) 09:45:49|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキレス日記(2) 診断

タヤエースで向かった新羽の整形外科でまずレントゲン撮影。続いて診断。

「骨は折れてないですね。おそらくアキレス腱断裂でしょう。手術となると入院ですし、いずれにしても通院が必要なので、自宅近くの(=便利の良い)整形外科に、できれば今日中に行ってください。今日は手術の日程などは決められないでしょうが、その後の進め方だけでも医師に理解しておいてもらえると良いですよ」と言われ、足を簡易固定される。

松葉杖と足のカバーを渡される。これは治療が終わってから返せば良いとのこと。痛み止めと湿布を処方され、タヤエースでSQ-CUBEに戻る。




さて、交通の便が良い整形外科ということで、3年前大根田クンが左前十字靱帯断裂と左内側側副靱帯損傷の手術とリハビリをした(ここ参照)昭和医大藤が丘病院が思い浮かんだ。通勤の電車の窓から「ああ、ここね」と眺めてたのだ。



たまたまそこの整形外科にちょっとした知り合いもいたので、連絡を取ってもらった。その日は別のところに行ってるけど、ER当直の先生に話をつけてくれたという。
小林母さんの運転するクルマに乗せていただき、藤が丘へ向かった。




ERではまず以下のことを言われた

・アキレス腱断裂している。

・治療法としてはギプスで固めて自然治癒を待つ方法と、手術がある。

・どちらも治癒後(半年~1年後)は、身体の状態は変わらない。

・違いはギプスをしている期間の長さ。自然治癒ではだいたい6週間(切れ方や個人差あり)ギプス、手術だと約2週間。その後の装具装着やリハビリの期間は同じ。




ここでもう、家元の気持ちは決まっていた、「手術します」と。なぜならば、



これをネタにブログを書いて、モト取らなくちゃだわ♪



と企んだからである。

何が“モト”なのかは家元にもわからない。ただ、アキレス腱断裂の手術は今まで受けたことがないので、「どんなんだろ♪」と興味を引かれているのである。
なんという、ポジティブ☆☆☆





手術希望であることを伝えると、

・この日は麻酔科の先生の予定が調整できないので、月曜日にならないと手術日は決められない。

・当院の来週の予定はたてこんでいて、調整は難しいかもしれない。

・当院の先生が行っている近隣の病院を紹介し、そこで手術するという方法もある。


と告げられた。


「いずれにしても、月曜日に外来で来てください。そこで決めていきましょう」ということになった。




教訓その2

保険証は常に持ち歩こう。

この家元は2カ所と薬代合計で9千円ほど支払った。3割負担として、全額だと3万円弱か?

最近はクレジットカードが使える病院も増えてるけど、そうじゃない場合持ち合わせてなかったら後で送金とかになって、保険の手続きもメンドクサイことになってたのだろうか?

保険証がカードタイプになってから常にサイフに入れて持ち歩くようになったけど、以前はそうじゃなかった。怪我すると、けっこうお金掛かるのね…



  1. 2009/12/22(火) 19:26:52|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アキレス日記(1) 負傷

とゆーわけで、アキレス腱断裂となったわけですが、その経過などをしたためてみむとせむ。

家元は怪我や治療の専門家ではないので一般化はできないが、一例として参考になればと思う。





2009.12.19(土) HEAD CUP TWO in SQ-CUBE 冬 選手権予選1回戦(かな?)、家元のその大会最初の試合、1stゲームを取り、2ndゲームはリードされてた状況でことは起こった。
「このゲームは取られてもいいけど、3rdゲームの入りがちゃんとできるようギアを上げとこう」と考え、相手のドロップを拾いに行くためにフォア前へ走り出したとき、相手から足払いを食らったような強い衝撃を感じ、「痛ってぇー!」叫んで転んだ。


立ち上がったてみると、右足首が動かせなかった。一応相手に「ぶつかりました?」と尋ねたら「ぶつかってません」とのことだったので、即試合を途中棄権。

1番コートだったので、片足でケンケンで本部席脇に移動。田山、清水らスタッフが足首を冷やすべくバケツに氷水を入れて持ってきてくれた。




いつも行っている『しらね整骨院』(この日やその後数日の日記参照)を紹介してくれた瀧石が、「今から行ってもいいかどうか聞いてみますね」と電話してくれた。受付時間は過ぎていたが、まだ診療時間(土曜日は~13時)内だった。
瀧石から状況を聞いた院長が直接話したいとのことで、電話にでる

「加納さんて痛みに強いみたいで、肉離れとかだったらそのままプレー続けちゃうんです。その人がダメだと自分で判断したということは、かなりシリアスな状態だと思います。だからまずどこかでレントゲン撮ってください。結果を後で連絡もらえますか?」
とのことだった。




うーむ、電話で状況聞いただけでだいたいわかっちゃうとは、さすが。
過去何度か肉離れした状態で試合続けていたことがある。14年前、仙台でスカッシュ復帰し始めたときの練習中に右足首外側の靭帯部分断裂をやったのだが、そのときは翌日もスカッシュやろうとしてたもんね。
で、クルマに乗ってアクセル踏んでやっと「ん? これはただの捻挫じゃないな」と気付き、整形外科へ。そのまま3週間ギプスですわ。

今回のは足首全く動かせないので、「人の痛みに鈍感」な家元でもわかると。フンだ、どーせ空気読めませんですよーだ★




とゆーことで、教訓その1

①捻挫などによる普通じゃない痛みを感じたときは、まず動かさず安静にする。

②冷やす。アイスノンや氷を直接肌に当てると凍傷するので、調節する。

③患部を添え木などで固定する。

応急措置としてはこの3つですな。そーいえば、③はボーイスカウトで習ってた。
今回は①と②をした。



大会スタッフが新羽にまだ診察時間内の整形外科があることを調べてきてくれて、タヤエース(田山選手所有のハイエース)に乗せてもらいそこへと向かった。





  1. 2009/12/22(火) 14:13:01|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

業務連絡

セントラルの株主優待券(年内有効、2名で施設利用可)が1枚あるんですけど、



誰か使う人いますか?

29日まで営業してる溝の口に行こうと思ってたんだけど、さすがに使えないや★





条件は取りに来られること。

12月22日~(早くて)26日は藤が丘で入院してます。




  1. 2009/12/22(火) 01:05:58|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のアキレス腱

bt 加納 哲也(SQUASH BUMS) 5-11,8-2 RET









さて、会社には何と言おうか・・・・




A案:忘年会で演る『エアあやや』の練習中に。




B案:夫婦喧嘩で。




C案:「オマエどこ中だよっ!」とカラまれて。




D案:落とし穴に落ちて。




E案:バナナの皮で滑って転んで。






良い案が思いついた方は、家元までメールしよう!




  1. 2009/12/19(土) 23:59:22|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フォーム

うん、さすがいいこと書いてるなぁ☆



『フォームよりも、どうボールを捉えるかの方が重要だ』ってことです。

ボールに対してラケットが正しくインパクトをしていればボールは思った方向に思ったように飛びます。
ですから、形を整えるよりも、ラケットをどうやってボールに近づけてどこで(打点です)ラケットをぶつけてどの方向にラケットを持っていくかの方が重要だと考えているのです。
それを行いやすくするために、ラケットをどこに構えてフィニッシュはどこになるのかを考えていけばおのずとフォームは決まってきます。

大切なのは形ではなくて、ボールをラケットでどう捉えるかであって形をコピーするだけでなく、その形が持つ意味を理解することだと思っています。



KIMIZARUの道 「スイングの理論」より引用






スカッシュはバレエやフィギュアスケートではないのだから、フォームなんかどうだって「勝ちゃあ、いい」のだ。




「勝てない」→「ボールを上手く捉えられない」→「じゃ、フォームをこうすればいいんじゃね?」

と考えるのは正しいけど、『最初にフォームありき』ではないのだ。




  1. 2009/12/16(水) 20:55:42|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とんかつ やまいち@神田須田町

『勝漫』の揚げ手だった方が2年前に独立して開いたお店。

yamaichi1.jpg






特ロース定食を注文
yamaichi3.jpg







やはり揚げの技術が高い。この日はちょい温度高めだったみたいだけど。
yamaichi2.jpg

岩塩、おろしポン酢、ソースが用意されているので、それぞれ試してみてね。
家元はおろしポン酢が好み♪







とんかつ やまいち
東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F
03-3253-3335
[月~金]11:00~14:20(LO)/17:00~20:20(LO)
[土]11:00~14:00
日休


  1. 2009/12/15(火) 21:10:21|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物欲日記(3)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/14(月) 07:46:23|
  2. その他

伊豆はよいとこ♪

昨日、田園都市線あざみ野駅で伊豆の観光キャンペーンをやってた。





そーえいば、伊豆急は東急グループだね。



東急の職員らしき男性が代わる代わる一緒に写真撮ってた。
izu2.jpg








いやー、伊豆は良いとこですよ。
izu3.jpg


混浴温泉とか貸し切り温泉とか水着着用可の混浴温泉とか家族風呂とか♪








いや別に家元の好みがどうとかでわなく、伊豆はよいとこだとゆーことが言いたいだけなので、
izu4.jpg


みんな誤解しないよーに!






  1. 2009/12/13(日) 09:34:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物欲日記(2)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/13(日) 00:01:43|
  2. その他

物欲日記(1.5.1)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/12(土) 10:10:47|
  2. その他

作戦?

最近のクルマって、「ツリ目顔」のが多いと思いませんか?







生物には「怒った顔している者を感じ取り、警戒する」という本能があります。自分の身を守るために、できるだけ怒った顔しているものから遠ざかろうとする。


これを利用して、事故を減らすためにツリ目になっているのだそうです。







なるほど。

ってことは、シンノスケの顔も、そーゆー作戦か?!






なんちて。

tsurime2.jpg







  1. 2009/12/10(木) 22:12:32|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インカレに足りないもの

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/10(木) 08:00:05|
  2. スカッシュ

物欲日記(1.5)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/09(水) 00:27:30|
  2. スカッシュ

'09インカレ(3) 順大強さの秘訣

昨日紹介したインカレのベスト8選手入場/紹介を見ていて気付いた、




順大の選手に共通点があることを。









こいつらみんな、
junten2.jpg










コスプレしてる!
junten3.jpg









他校の選手はしてないでしょ。
junten4.jpg





「コスプレすれば、強くなる」というのはもちろんジョークである。だが、コスプレとスカッシュの強さには相関性がないこともない。


身体能力やスカッシュのセンスなど他の条件が同じだとして、「多くの人から注目されると、萎縮してしまう選手」と、注目されると「ヨーシ、いっちょカッコイイとこ見せたろかいっ!」と感じる選手とでは、明らかに後者の方が強い。


ミスショットをする、勝てるはずの相手に負けると「あー、恥ずかしい。みんなから笑われちゃう」と感じる選手は多い。でも普段から笑われるようなことをしていれば、それは苦痛ではなく、その後強くなるためのステップにしていける。



小林海咲は、多くの人から注目されることを自分のパワーにしていけるタイプのプレイヤーである。
現役時代の渡邊祥広は、全日本最終日などは近寄りがたいほどのピリピリした雰囲気を纏っていたが、普段はそんなことはなく、コスプレ大好きである。



「強くなりたいのなら、コスプレをしろ」とは言わない。
が、強くなる選手の条件として、「コスプレすることを楽しんじゃえるような人」になることを挙げるのは間違いではないと思う。ま、必要不可欠な条件ではないけど。

ミスショットしたとき、「笑われて、ナンボやでぇ」と思えるメンタリティは、ミスショットを恐れてプレーが消極的になることを防ぐ効果がある。「ミスを気にするな。ガンガンいけっ!」が勝つために必要な状況では、「笑われて、ナンボ」という普段の姿勢を身につけることが効果的である。




結局、強くなるために有用なアドバイスとして家元が言いたいのは、



「女性プレーヤーは、試合でできるだけ




エロいウェアを着るべし!








ですけど、何か?





  1. 2009/12/08(火) 08:14:48|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

'09インカレ(2) 選手への敬意

インカレ大会4日目の土曜日、昼過ぎに会場に着くと、この日に行われる準々決勝に出場する選手の入場・紹介セレモニーが行われているところだった。


その様子
一般/新人、男女各8名=32名が紹介された。





MCや選手宣誓、大会実行委員長のスピーチなど演出は素人っぽい(ハッキリ言って拙い)が、レッドカーペットが敷かれ、多くのカメラが入場してくる選手を追う
nyujou1.jpg


そこには、「ここまで素晴らしいパフォーマンスを観せてくれ、これからもっと凄いものを与えてくれるであろう選手たち」への敬意があった。

敬意以外にも、憧れ・羨望、そして「よーし、オレも来年はベスト8以上に入ってやる!」とモチベーションを上げさせるものが感じられた。


意義はそこにある。現状でも十分素晴らしいイベントだが、もっと良くしたいと考えるなら、「プロのイベント屋・MCを雇って、プロっぽいセレモニーに…」と努力しなくて良いと思う。「もっともっと、選手への敬意を表現するにはどうしたらいいのか」を、今の方向で考えればいい。野球の早慶戦はとても参考になるよ。






観る価値のある素晴らしいイベントだった☆
nyuujou2.jpg




  1. 2009/12/07(月) 08:15:08|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ううっ★

インカレやら物欲日記の続きやら書きたいネタがたーくさんあるのだが、メインパソコンの調子が悪い★

動画編集とかが重すぎるのか…?





とゆーわけで、モバイル用のちっちゃいパソコンからこれを書いてるのだけど、これも反応鈍いぞ。

ううむ、ストレス溜まりマクリスティ★★★




初期化しなきゃイカンかなぁ・・・・





「どーせ初期化するなら、自分の人生をw」


というツッコミは軽くスルーの方向で。







  1. 2009/12/07(月) 00:16:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

'09インカレ(1)  あきらめるな!

'09インカレ 準々決勝より








私だけかね…?
 まだ勝てると思っているのは………
 
 あきらめる?
 あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」



      by 安西監督@スラムダンク













家元なんか26年もスカッシュにかかわってるけど、あきらめが悪いからスカッシュから学ぶことがまだまだたーくさんあるのだ。

non12-05-2.jpg










あきらめるな!!
non12-05-3.jpg






  1. 2009/12/06(日) 00:47:22|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物欲日記(1)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2009/12/04(金) 00:06:43|
  2. その他

今夜も

月がキレイだな☆


tsuki2.jpg










ゴースト出まくりだから、レンズフード買わなくちゃだわ。。。。




  1. 2009/12/02(水) 21:28:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ついたー!

今日の夕方、Twitterに以下をつぶやきました



「表参道なう。ライトがついたーw」



omote2.jpg




今日17時から始まったイルミネーション。



減感作療法で月イチで表参道の耳鼻科に行ってるのだ。
たまたまスタートに立ち会えたのねん☆


















なんか、うれし♪

omote3.jpg




  1. 2009/12/01(火) 23:21:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盗撮?

サンセットブリーズ保田の隣(道の駅側)には別荘が建つらしく、現在基礎工事中。




全日本最終日は撮影禁止だったので、しゃーないから工事現場を隔てる柵の支柱をでも撮っておくかと、パチリ☆
kero2.jpg


Oasis Blue Cafeの看板やフットサルコートの照明機器が写っちゃってるので、これは盗撮か?!





全日本最終日が撮影禁止になったのは、「3決・決勝の個人協賛席が大量に売れ残っているのをできるだけ隠すため」とか、「3決はスポンサー席も空席が多かったことを隠すため」とか、「妃殿下がお帰りになられたら、“お代理様”も決勝を観ないでそそくさとお帰りになられたのを隠すため」とかは、家元流のジョークである。


「ねぇ、今夜はどうするの?」という言葉を、性的な誘いと取るか、「昨夜のようなバカな真似な止めてくれよ」という叱責と取るか、純粋な質問と取るのか。
正しく受け止めることがきないのは、コミュニケーション能力の不全によるものである。

ジョークをジョークとして受け取れないのは、発信側の配慮不足による部分もあるけど、多くは受け手側のリテラシーに問題があるのである。


だから、「“お代理様”にとって重要なのは、いかにつつがなく妃殿下をご接待申し上げるかであり、ナショナルチャンピオンが誰になるのかには関心がないのだな」という言葉をどう受け取るのかも、受け手側の問題なのだ。



じゃ、そーゆーことで(うふっ♪)


  1. 2009/12/01(火) 08:19:15|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0