FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

なつやすみえにっき2 「BBQ」

土曜日の夜は庭でバーベキュー。
飛騨牛や親戚の叔父さんが釣ってきた鮎が美味しいのは当然として、
鮎



実は焼きおにぎりがメインディッシュだったりして♪
焼きおにぎり

スポンサーサイト



  1. 2006/07/31(月) 11:43:05|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なつやすみえにっき1 「仲佐」

土曜日の午前は馬瀬の「美輝の湯」へ。この日は雨だったのでレポートはまた後日。お昼は下呂の「仲佐」で蕎麦。
仲佐

凛とした店内は“志の高い蕎麦”を食べさせてくれることを予感させる。メニューのうち蕎麦は「手挽きざる(1050円)」と「冷やしかけそば(1050円)」のみ。その他「蕎麦掻き」、焼き味噌などのつまみ系と「蕎麦会席」など蕎麦と料理を組み合わせたもの。

「蕎麦三昧(1900円)」を選択。まず「蕎麦豆腐」から
蕎麦豆腐

ごま豆腐みたいな食感。蕎麦の香りがかぐわしい。

次は「手挽きざる」
ざる

蕎麦には厳しい季節なのだが(新蕎麦は秋から)、しっかりとした蕎麦だ。
特筆すべきは、つゆ。甘めのつゆが香り高いそばと良く合う。普段はあまりつゆを付けないのだが、このつゆならたっぷり浸してもOKだ。
薬味は辛味だいこんのみ。ネギやワサビはなし。


そして、メインと言ってもいいだろう、「冷やしかけ蕎麦」(これは半盛り)
冷やしかけ

伊豆山の旅館「蓬莱」は、朝食に「水飯」を出すことがあるという。冷えたごはんに水を張り、お茶漬けのようにサラサラと食べる。ごはんと水によほど自信があるということだろう。

この冷やしかけ蕎麦は、その水飯を想像させる。つゆの清々しさ故だ。

新蕎麦の季節に、また訪れたい。



仲佐
岐阜県益田郡下呂町森918-47 
0576-25-2261 11:30~売切れしまい
水休(祝の場合営業)


  1. 2006/07/30(日) 18:14:18|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家元帰省中2 電波状態

これはまさに、美味しさのフルオーケストラやぁ! 私が家元のカノウである。

圏外かと危惧された家元の実家であるが、かろうじて繋がることが確認された。ひと安心である。

しかし、障害物の関係かはたまた風向きか、ふとした隙に圏 になるのでところど  で途切れて   うようだ。せっかくの家元の名文が     しまうのが残    い。読者は       て欲し 。そ        が                 る   

    と
                 ベッ

         上にな



                 
                  ったのだった。

おっと、ようやく電波状態が良くなったようだ。途中の文章が抜けてしまったが、家元のせいではないのでご容赦願いたい。抜けてしまった部分が、最高に面白い内容だったことは言うまでもない☆

  1. 2006/07/29(土) 21:04:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家元帰省中1 森林浴ドライブ

由緒正しい温泉の、檜の内風呂に入った時に感じる“木の香り”

高速道路を降りサイドウインドウを全開にすると、それと同質の濃密な木の香が車内に流れ込む。都会からの脱出が成功したことを瞬時に理解した。

生まれ育った家まで40分、森林浴ドライブを楽しんだ。
  1. 2006/07/29(土) 18:00:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー夏休み

ほら、もうこんなに夏休みになってるじゃないか♪いやーん☆ どーも、私が家元のカノウである。

明日(7/29)から家元は夏休み。とゆーことで、今日の夜から実家に帰省する。

家元の実家は岐阜の山奥、下呂温泉の近く。6~7年前、携帯電話パンフレットの「通話エリアは人口の98%をカバー!」という地図によれば、家元の実家は圏外だった。残り2%だったのね★


今回は携帯をウィルコムに変えて初めての帰省なのだ。ほぼ他社と同様の地域をカバーしてるウィルコムだが、ピンポイントで実家は圏外の可能性がある。いや、そうに違いない。

ダイヤルアップ接続しようにも、3月に落下させて液晶画面がイッてしまって以来、ラップトップは持っていないのだ。そして一番近ネットカフェまでは車で1時間程度掛かる。これは箱根駅伝でいえば日本橋を出発したあと各校エースが揃う“華の2区”を過ぎ、第三走者が平塚中継所を目指して激走しているところにネットカフェがあった、みたいなことなのである。往復したら、芦ノ湖まで往路ゴールしてしまう距離だ。


何が言いたいのか、それはつまり、


たまには

家元を休ませて

あげようよ☆



とゆーことなの♪



いや、休むといっても結構忙しいぞ。温泉入ったり、川や滝壷で泳いだり、カブトムシ捕まえたり、トウモロコシ食べたりと。

それに、もしかしたら、しばらく振りの「TEAM KANOランキング」や書きかけになったままのスカッシュ恋愛小説(ホントに小説)、うどん・二郎・その他食い物レポートなどをこの休み中にバァーっと書き上げちゃうかもしれないぢゃないか。まっ、GWもそんなこと思って手抜き更新しときながら書ききれなかったので、信用度はかなり低いケド★


とゆーことで、明日から8/9までは、“気が向いたときだけ更新週間”とする。そう言っておいて期待を裏切ることもよくある家元ではある。『更新しないことに我慢できない身体』になってるかも☆んもぉ、アナタのせいよ、うふっ♪

新人タヤマのおトボケレポートに、家元がツッコム、というスタイルが確立されそうなこのご時世、新たな挑戦者も大歓迎である。家元が喜びそうなネタがあればガシガシ投稿してくれたまへ。
そうやって家元に楽させてあげればいいんじゃないかな☆

圏外であっても、そうした投稿や家元への励ましなど、家元にとって都合の良いメールだけは届く仕組みになっているので、そーゆーことでよろしく☆
  1. 2006/07/28(金) 12:01:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世代的に




こーゆーのを発見するとウレシクなってしまうのだ♪




こずえちゃんなんか恐くないやいっ☆手抜き更新シリーズその1
  1. 2006/07/27(木) 12:33:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青春学園スカッシュ恋愛小説 「田園都市学園物語」

(登場人物紹介)

町田南
田園都市学園高校2年生。新体操部に所属しながらスカッシュ部のマネージャーも務める。頑張り屋さんの南ちゃんは、学園のアイドル。決めセリフは「大ちゃんなんか、何もわかってないんだからァ カンコロリ~ン」。

青葉大介
田園都市学園高校生徒会長で、スカッシュ部主将。南とは幼馴染み。「南は妹みたいなモンだから」だったはずが、何故か気になる存在に…

新町桜
南の親友。サザエさんの大ファン。

玉川ふた子
大介に想いを寄せる。「土日に急行が停まるようになったからって、調子に乗ってるんじゃないわよ!」と、南をライバル視している。

リンカーン・中央
田園都市学園理事長。父親はアメリカ人。行きつけのお店は「クラブ あざみ野夫人」。小田急学院理事長のリンカーン・東は彼の弟。

宮前・“スティーヴン”・タイラー
理事長の古い友人。元大物ロック歌手。行きつけの茶店は「三軒茶屋」。

ティナ・田奈
宮前タイラーの愛人。ティナも歌手だったらしい。

タマ、プラーザ
南が飼っている2匹の猫。

祖師ヶ谷大蔵(たいぞう)
小田急学院スカッシュ部キャプテン。大介のライバル。

船橋千歳
大蔵の彼女。女子高生モデルとしてcancanなどで活躍中。

石田愛子
手品好きの女子高生。手品アカデミーに通っている。











小説とか言いながら、もしかして





登場人物紹介だけ?!





フッ、家元の手口を見抜くとわ、貴様なかなかやるな。

今日はこのへんでカンベンしといたろかっ!







※「祖師ヶ谷大蔵(たいぞう)」と「船橋千歳」は20年程前のマイナーなマンガのキャラクターにいた。この二人の名前はパクリ。他は家元のオリジナルである。
  1. 2006/07/26(水) 12:19:20|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

緊急レポート! 「田山 けんぢ、ぶらりラーメン二郎汗びっしょり途中下車の旅(タカノリ編)」

最近ショックを受けたのは、仲間由紀恵withダウンローズの解散。どーも、私が家元のカノウである。まさか解散するとは、夢にも思わなかった。。。


昨日こずえちゃんより「た〇ま選手は本日、TEAM KANOランキング入りを目指してじろう(ラーメン屋)に初上陸したとですよ(☆o☆)」とのチクリ情報が寄せられた。そこで家元はTEAM KANO情報ネットワークを駆使し、タヤマ選手の二郎レポートを入手することに成功した。つまり、タカノリに「タヤマから報告するよう、言っといて!」とメールしたのである。

本日は青春学園スカッシュ恋愛小説 「田園都市学園物語」をお送りする予定であったが、急遽予定を変更し、タヤマレポート(完全ノーカット版)をお届けしよう。



差出人: kenji.xxxxx@docomo.ne.jp
宛先: stbymeあっとまーくwm.pdx.ne.jp
送信日時: 06/07/25 0:30
件名: こんばんわ(・_・|


てぃ~むワタナベの田山です。m(__)m
今日、てぃ~むメイトのタカノリと横浜関内店ラーメン二郎に行ってきました(・_・|
味は抜群に美味しかったです(`´)

自分はかなりのグルメで、ラーメンには必ず酢を入れて味を引き締めて食べる食通です。(・_・|二郎のスープを1口飲んだら、あら不思議・・・酢が最初から入っているような味でかなりヒットしました。僕のラーメン人生の中でランキング2位にランクインしました。

店内がかなり暑くて、しかも食べる前にスカッシュしてからいったので食べおわったあとのTシャツはタカノリと1ゲーム終わった後くらいビッショリになり、近くのお店で着替えました。パンツもビチャビチャでした。(-Q-)僕はゴハン食べるとかなり汗が出るのでクーラーがんがん効いている二郎で食べたかったです。

スープをすべて飲みたかったのですがあまりにも汗がボタボタたれてきて、まわりの目が気になって急いで店を出てしまいました。残念でした。


夕方から本日二度目の練習です。宏介とタカノリとゲーム練習しました・練習終了後、宏介に二郎に行ったことを伝えると、だからコートが臭かったんだー、と納得していました。なんでコートが臭いんだろうと思いながら練習してたみたいです。(・_・|
そりゃあ3人中2人がニンニク食べてたらコートは臭いはずです。(-_-メ)

ねぼけまなこでメール打っているので文章のおかしい所があると思いますが本当の僕は素敵な文章を奏でますのであしからず・・・

以上、田山 けんぢ、ぶらりラーメン二郎汗びっしょり途中下車の旅(タカノリ編)でした。
おやすみなさいm(__)m







うーむ、『どこまでがマジでどこからがギャグなのか判断できない』というTEAM KANOのツボを押えたテクニックをデビュー戦にして披露するとは、強力な新人が現れたものである。


「ぶらりラーメン二郎汗びっしょり途中下車の旅(タカノリ編)」と題しておきながら、冒頭一緒に行ったということしかタカノリには触れられていない。これは天然なのか、それとも狙ったボケなのか…?

「ラーメンに酢を入れる=食通」というのは、宇都宮、あるいは彼の出身地である岩手では一般常識なのか?

量に関してひと言も触れられていない。二郎初体験の場合、普通の人間は「食べても食べても麺が減らないんです!」や「あの肉の塊にやられました(byタカノリ)」、「食べるという行為に飽きてきました(by nono)」といったコメントを残すものである。味や店内の暑さの方が、彼にはインパクトがあったということなのだろうか?

「練習→二郎→練習」という行動パターンはギャグなのか?

二郎がラーメンランキング2位ということは、1位は? いったいどんな“ラーメン人生”を送ってきたというのか???



いずれにせよ、次回ランキング発表時には、かなり上位にランクインすることが有力視される。TEAM KANOランキング入りを目指す者は、タヤマレポートを参考にすると良いだろう。尚、女子選手がランクインを希望する場合、家元との個人面接がある♪

『夏の雲』に対し、「ええ~、これだけですかぁ?!」とのコメントを寄せたこずえちゃんは大幅にランキングを下げるのか? それとも「オイシイネタを振ってもらえた♪」と家元は芸人のような発想で逆にランキングを上げるのか? はたまた「ここはランキングを下げた方がこずえちゃん的にもオイシイ♪」と、こずえちゃんをイロモノ扱いするのかにも注目が集まっている。


それもこれも、ランキング発表があれば、の話。。。
  1. 2006/07/25(火) 11:33:09|
  2. 戦記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

関東→広東

先日の関東オープンに優勝したメリッサ・マーチン、翌週は香港に移動し『Crocodile Challenge Cup 2006』に参戦した。第6シードのメリッサは上位シード選手を倒して決勝に進出し、レベッカ・チュウに敗れている。



で、彼女の漢字表記が、「馬田」














「まーでん」?





広東語で発音すると、「まーてぃん」なのだろうか?



教えて、鬼尺高渝ちゃん!
  1. 2006/07/24(月) 12:20:15|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミロのノベルティカップ

持つところが「3」になってるのは、「ミロ」と掛けてあるのか?
ミロ


ミロやミルクを入れるラインが引いてあって親切♪
内側



でもコイツ(かいけつゾロリ)は、オヤヂ?
セリフ

  1. 2006/07/23(日) 09:35:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一風堂六本木店

トイレの壁の一面にあるオブジェ、というか壁。

一風堂




念のために言っておくと、「一風堂」はラーメン店です。福岡が本拠地の。
  1. 2006/07/22(土) 15:42:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cool

「自分達以上に周りの方々が受賞を喜んでいることで、その価値を実感しました。」


機関誌「SQUASH」夏号より(一部改訂)

名古屋市スポーツ奨励賞を妻の麻美と共に受賞した西尾竹英の言葉。「Coolさを保ちながら、仲間への感謝を(控えめに)表現した」、タケらしいコメントだ。


受賞の理由は言うまでもなく昨年の全日本に優勝したことなのだが、機関誌でも紹介されている通り、きっかけはひとりの思いつきから。名古屋市に優れたスポーツ選手を表彰する制度があることを知っていたたスプラッシュ山崎さんが、アベック優勝という話題性もあり、取り上げてもらえるのではないかと思いついた。

そこで名古屋市教育委員会スポーツ振興課に問い合わせてみると、「日本チャンピオンクラスならスポーツ奨励賞受賞があり得る(世界レベルだと「スポーツ功労賞」、浅田真央、安藤美姫らが受賞)。名古屋(愛知県)の協会支部から推薦があれば、検討する」との返答。

さっそく協会中部支部に働きかけ、推薦状を提出、受賞に至った。


普及施策はお金が掛かる割りになかな効果が出しにくい事業なのだが、この例のようにコストを掛けないで、間接的にではあるけど普及につなげることができる施策もある。選手のモチベーションアップという強化施策だともいえるだろう。

お金を掛けなければできないことが大部分だが、アイディアとそれほど負担のかからない労働力でできることもいくつかはある。この件も日本チャンピオンなのだから、本来はJSAが自治体に働きかけるべきことだろう。まともに機能していれば。今年以降そうなるはずなのだが…


それはさておき、山崎さんはじめ関係した方々、GJ!
タケ同様Coolだぜっ、ベイベー☆



最後に、推薦を受け付けた名古屋市教育委員会スポーツ振興課の担当の方の言葉を紹介しよう。何よりの称賛だ。


「皆さん、仲間思いの素敵な方ばかりですね。うらやましいです。」
  1. 2006/07/21(金) 12:21:24|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成分分析

「打ち首」の75%は、

















“ちくび”でできている。







今日お昼にUPしたネタ↓に対する、こずえちゃんのこのコメントはどーよ?!

>ええっ!?いつも楽しみに読んでるのに、
>今日はそれだけですか~(Θ_Θ)


とゆーわけで、急遽追加UPしたのが今回のネタである。

期待に応えているようで、裏切るところがいかにもTEAM KANOらしい☆

しかしそれにしても、もーちょっと


家元を大事に扱おうよ!
  1. 2006/07/20(木) 18:13:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の雲

夏の雲


家元休憩中。。。
  1. 2006/07/20(木) 12:24:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

関東オープンレポート12

ギャラリー風に紹介。
ほとんどがスタンドで観戦しながらチョチョイと撮った写真なので、構図に変化が乏しいのはご容赦を。

メリッサ

WISPAランク30位あたり、今回はその実力を出し切っていないが、このレベルなら10年後には追いつくことが出来る、そう感じられた。
まあ、“絵にかいた餅”なんだけど、絵を描けることはできるぞ、と。

ただ、従来通りでは追いつけない。8年前のバンコクアジア大会(スカッシュはパタヤビーチで行われた)で、渡辺祥広、木村祐子、小藤雅美が残した成績を、今年のドーハ大会の代表が大きく上回るとは思えない。女子のアジアレベルは当時よりも上がっていると思われるが、それを考慮に入れても、だ。


シンタvsメリッサ


新多が世界との差を埋めるには何が必要だろうか。私は“攻めのパターンを持つ”ことだと思う。

野球のピッチャー/キャッチャーは三振を取るために、「外角低めでカウントを稼ぎ、高めのボール球を見せ球にして、最後は得意のフォークで仕留める」といった攻めを組み立てる。同様のことがスカッシュでも必要だ。

新多の場合はボレーを多用してラリーを有利に展開していくことが有効ではないだろうか。いずれにせよ、『ただ、ラリーをしているだけ』では三振は取れないのだ。


大宮


「ハツカネズミのようにすばしっこく動く」大宮、今回はそれに力強さが加わったようだ。進化し続けていることに拍手を贈りたい。

道下は相変わらずの勝負強さを見せてくれた。「道下さんのように打つ/動く」はできなくとも、「道下さんのように“勝利に対する執念”をプレイに現す」はフレンドレベルのプレイヤーであってもできるはず。才能や環境は問題ではない。気持ちの持ちようなのだ。そういうところを、道下から学ぶと良いだろう。
  1. 2006/07/19(水) 08:14:49|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

関東オープンレポート11

多彩なタッチショットで楽しませてくれたブレット・マーチン。“イッツ・ショータイム!”ってな感じ。

ブレット


若くて才能ある選手だったら、あのショットを見て「自分でもできるんじゃないか」と思い、(レベルは違うが)実際にできるようになると思う。スポーツには脳みそへの刺激で上達する部分が結構あるから。


でもね、そういうテクニック系は、TVモニターを通じてでも理解することができる。ある程度は、ではあるけど。生でなければ伝わらないのは、スピード感とそのスピードから生じる迫力なんだよね。

今回ブレットは1ゲームに2、3回フルパワーのショットを打ってたけど、現役時代はああいうのをずっと打ちつづけて、タッチショットで決めるってなプレイだった。相手も普通の顔してブレットの強打をピックアップしていく。

そうゆう迫力は、感じさせてもらえなかった。前回ぼくが観た12年前を100とすると、今回のスピード感は20くらいかな。引退して10年近いから、仕方ないんだけど。


ちょっとだけPSAのトッププレイヤーを感じさせてもらえたのは、相手のドロップショットを拾いにいくときの『動き出しの早さ』と『ボールに追いつく速さ』だった。

ピックアップのミスや、最初からボールを追わないシーンはあったけど、拾いにいったときは必ず追いついていた。前に走って相手と絡んでレットを要求するシーンは一度もなかったんじゃないかな。動くのが速いから、レットにする必要ないんだね。

そうゆうとこ、生で観てると感じられて、楽しかった☆
  1. 2006/07/18(火) 22:16:27|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート10

メリッサ・マーチンbt新多祥子9-2,9-2,9-4

昨日のメリッサの写真を整理してて感じたのが、『フォームがブレない』こと。安定した体幹にバランスの取れた手脚の位置。肩、腰の入れ方など、どれも美しいフォームでフレームに収まっていある。

新多に対しても、ストロークの速さ/強さ、ショットの精度には明らかな差があった。この差を埋める“何か”が必要だ。同じように打ち合える身体を作るのか、ピックアップをしつこく続けフィットネス勝負に持ち込むのか…

課題を見極め、取り組んでいかないと、いつまでたってもこの差は埋まらない。
  1. 2006/07/17(月) 13:33:20|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4コマシンタ

「ウチはお腹いっぱいやけぇ、デザートは要りません。」
シンタ かき氷

もんじゃの後、そう言っていたシンタだが、



視線

家元のカキ氷(イチゴミルク)を見つめる目がアヤシイ…



あっ!
やっぱり




やっぱり食ってんじゃん!
食ってる!



(おわり)
  1. 2006/07/17(月) 09:29:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

関東オープンレポート9

2日目の夜はシンタらと月島のもんじゃ焼き屋「能登」へ。

これは1日目の昼に撮った開店前の画。
能登



ここは当たり! イカ焼きや、
イカ焼き



もんじゃが美味しい♪
シンタ



もんじゃの味の違いは、出汁によるものだろうか。イカの鮮度とかはそう飛び抜けて良いとは感じないんだけど、何故か美味しい☆どーしてなんだろ?

とにかく、ここは自信を持ってオススメします!


「能登」
東京都中央区月島3-13-12 03-3533-3059
16: 00~ 22: 00(平日)
12: 00~ 22: 30(日・休日)
不定休

  1. 2006/07/17(月) 06:48:10|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート8

今日のお昼は晴海トリトンスクエアにある「ぽっぽや晴海店」へ。
ぽっぽや



油そばニンニクヤサイ増し(750円)。
20060716170303


二郎インスパイア系とゆうことで、スープの系統と太くてゴワゴワの麺が二郎っぽい。量は普通のラーメン並み。「ニンニクいれますか?」ではなく、「無料トッピングはどうしますか?」と聞かれる。

二郎っぽいのだけど、何故かガツンッ!とは来ないので、二郎未経験者はここで身体を慣らしておくといいかも☆

  1. 2006/07/16(日) 17:03:09|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート7

ブレット・マーチン1回戦。
スラムダンクニックは1本だけ。タッチショットで楽しませてもらいました☆

ブレット

いかにもリストが強そうなフォームだよね。


2回戦は家元マーカーしてたので写真はなし。1回戦よりもスピードのあるショットを打ってた。

現役プレーヤーのメリッサと違い、客を楽しませるプレイをしてくれるブレット。楽しいよぉ~♪
  1. 2006/07/16(日) 14:39:19|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート6

メリッサ・マーチン1回戦。軽く流してたってとこですな。
メリッサvs小原



2回戦も危なげなく。
2回戦



バランスの良い、美しいフォームだなぁ☆

  1. 2006/07/16(日) 12:45:16|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

関東オープンレポート5

夜は何故か目黒「とんき」でとんかつ。

ロースかつ定食(1650円+串かつ1本350円)
とんき

お店のホスピタリティが素晴らしい♪


以上で関東オープン1日目のレポートは終了。レポート1の築地「江戸川」まぐろぶつ切りの写真をデジカメで撮ったものに差し替えたので、見て惚れるといいと思う☆
  1. 2006/07/16(日) 07:14:16|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート4 

やっとありつけた「ひさご家阿部」のレバーフライ 1本130円

ひさご家阿部



レバーっぽさを感じさせないから、苦手な人でもOKだと思う。ただ予約しないと買えないという状況なので、無理して食べなくとも良い。全て家元が食べてあげよう☆

レバーフライそのものはB級のツボを突いてるんだけど、こういうのは通り掛かった時におやつとして「おばちゃん、3本ね!」といただく類のもの。
予約しないと買えないのは、(お店のせいじゃないけど)B級らしくないなぁ。


お店の佇まいや、おじちゃん・おばちゃんの雰囲気は「佐とう」の方が好き。レバーフライ自体はどうだったっけ? こりゃ、今日もか?!
  1. 2006/07/16(日) 06:46:55|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート3

20060715153607
月島のもんじゃ屋は4軒くらい行ってるんだけど、どれも特にどうということもなく。月島以外で食べたもんじゃは美味しかったんだけど。

さとなおさんオススメの「能登」は平日~土曜日は夕方からの営業。とゆーわけでどっかで紹介されてた「つきしま小町」へ。

お店の一番人気は「明太もちチーズ(1200円)」だったけど、リスクヘッジで「そばもんじゃ(650円)」をオーダー。 うーむ、味の素をたっぷりふりかけると美味しいかも。
おねーさんは鉄板の火は気にしてくれたけど、コップの水が空になってるのは気にならないらしい。
  1. 2006/07/15(土) 15:36:10|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート2

20060715131527
月島、レバーフライの「ひさご家阿部」。
「佐とう」は何度か行ったことがあるけど、日・祝休みのここは初めて。

レバーフライは豚のレバーを薄く伸ばしてラードで揚げたもの。意外と臭みなく、美味しいんだよ♪冷めてもイケる。月島といえばもんじゃが有名だけど、レバーフライの方がB級のツボを突いていると思ふ☆

と思ってたら、

「午前の分は売り切れました。」

だとさ。11時オープンで12時前に行ったのに。。。電話予約しておかないとダメってことね。

とゆーわけで、17時に10枚予約しておきました。K林さん、その時間に月島を“たまたま”通り掛かったりしませぬこと?♪

「ひさご家阿部」
中央区佃3-4-13
  1. 2006/07/15(土) 13:15:30|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東オープンレポート1

20060715094510
「晴海に行く」ということは、家元にとって必然的に“土曜日の朝食は、築地☆”を意味する。

「江戸川」のまぐろぶつ切り(600円)
まぐろぶつ


ごはん(200円)、しじみの味噌汁(130円)を付けて至福の朝食♪
  1. 2006/07/15(土) 09:45:12|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「夜の○クニック」

電車内観察シリーズその2


前に立ってる女の子(女子大生風)が、台本らしき冊子を読んでいた。何とかタイトルを覗きこもうとしたけど、指で隠れてて一部が読めない。


「夜の○クニック」?


チラッと覗くと、こんな言葉が伺える

「でも、あの一夜の出来事は、紛れもない奇跡だった」

「あたしは一つの賭けを胸に秘め、当日を迎えた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労」

「この特別な夜なら、二人の関係を変えられる」

「お互いのことをわかり合える最後のチャンス」

「もっと強く手を握って!」



地味な感じのコなので、どーみてもAV女優ではなさそうだ。メイク、照明さんといったところだろうか。


そんなことを妄想してると、タイトルが見えた!










「夜のピクニック」

映画 小説


原作者は恩田陸。夜通し歩く「歩行祭」という高校の行事を舞台とした青春小説のようだ。

どうやらそのコは映画の配給会社あたりの関係者のようで、冊子には他の映画を宣伝してるページもあった。


ったく、人騒がせなっ!





でもさ、これスポーツ系でシリーズ化したらよくね?


「夜の千本ノック」

「夜のペナルティキック」

「夜のトライアスロン」




そして、スカッシュを題材にした









「夜のボーストxクロス♪」



「せ、センパイッ!その角度はキツ過ぎますぅぅ!」

「何を弱音を吐いているんだ、ひろみ!そんなことではライバルが先にイッてしまうぞっ!」

「ハイッ、私ガンバリますっ!もっと長いの、お願いしますっ!」

「よーし、よく言った!じゃあ次はもっと角度をつけて、バックだぁ!!!」




って、家元オヤヂですかああそうですか。

「ジダンはあの頭突き事件を、示談で済ますつもり」とか言ってるしねああそうですね。
  1. 2006/07/14(金) 06:40:15|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オープン2シーター

最近、「オレのオープンカーでドライブに行かないかいっ☆」と甘い言葉を囁く不良中年が暗躍しているらしい。今でこそ7人乗りのワゴンなどというファミリーカーに乗っている家元であるが、以前はオープン2シーターを所有していた。


そのクルマは脱着式のソフトトップ(幌)はあったが、運動性能を重視してほとんど外したまま。エアコンやラジオはもちろん、ドアさえもないというスパルタンな仕様だった。トレッドに対してホイールベースが長いため直進安定性に比べてコーナリング性能は劣り、ボディ剛性が低いのでコーナリングのたびにボディが軋むのが難点だった。

このクルマを操っているとすれ違う人々の注目度は高く、特に女性からはよく声を掛けられ、その対応には苦労した。何しろそのクルマを製造しているのはセレブ奥様垂涎ブランド、『アップリカ』だったからである…






って、それ











二人乗りのベビーカーじゃん!

アップリカ






ウチのカノウ姉妹(双子)はよく男の子に間違えられたので、対策として外出時はお揃いのピンクの服を着せたりしてた。それでも、このクルマに乗せて街を流していると、

「あらー、双子ちゃんね♪
こっちがお兄ちゃんかしら?」


と嬉々として声を掛けてくるオバハンがいた。これには慣れている家元、微笑みを絶やさず「いえ、お姉ちゃんなんですよ。」と優しく答えてあげた。するとオバハンは家元には見向きもせず、こう言った




「あらー、そうなの? 










じゃ、こっちが弟ちゃんね♪











見事な攻撃だ、オバハン。あんたにゃ負けたよ。
  1. 2006/07/13(木) 07:36:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ブックカバー

現在通勤の電車内。

目の前に立っているオッサンが本を読んでいるんだけど、そのブックカバーを和菓子の包装紙で作ってるのね。和紙っぽいの。

「福壽堂秀信」という大阪帝塚山にある和菓子屋さん。知らないけど、なんだか上品っぽい。


オッサンは新橋で酔っぱらってインタビューに答えているような、つまりハゲでメガネの冴えないルックスなのだが、ああ見えてかなりヤルのか?!

センスいいぞ、オッサン!♪
  1. 2006/07/12(水) 08:12:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ