FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

前向きに♪

大晦日ともなると今年一年を振り返ったりするらしい。家元の場合ならこんな具合だ↓


[7回]
横浜関内店

[4回]
相模大野店

[1回]
目黒店、環七新代田店、新宿歌舞伎町店、神田神保町店、上野毛店、新小金井街道店、ラーメン陸、梵天


しかし常に前向きなのがTEAM KANO、過去を振り返ったりはしない。決して「振り返るのがメンドクサイから」ではない( ̄▽ ̄;)

「昨日から帰省しててパソコンが使えないから」とか、「いや、パソコンは使えるのだがダイヤルアップ接続するのがメンドクサイから」ではなく、常に前向きだから携帯から更新しているのだという解釈も成り立つ。


「1月1日はTEAM KANO年間ランキングの発表!」が宣言通りに実行されかったり、「(つづく)」としてある東北オープン展望が続かなかったとしても、前向きに考えよう!
決して家元が「みたらし団子や五平餅を食べ過ぎて身動きとれなくなってるから」や「温泉に浸かり過ぎてのぼせてるから」などと後ろ向きな推測をしてしてはいけない。



女子大生・OL・人妻は「家元もお疲れなのね☆」と前向きに捉らえ、「混浴、ご一緒しましょo(^-^)o」とメールするといいよ♪
スポンサーサイト



  1. 2005/12/31(土) 14:03:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北オープン展望 その2

厚くカットしたタン焼きを出す店に「利久」がある。仙台市内に数店舗あるが店によって微妙に雰囲気が違う。フランチャイズチェーンなのだろうか。ここは牛タン以外の居酒屋メニューも豊富にあるので牛タンが苦手な人とでも行ける。

家元のお勧めは仙台駅東口側の「利久 東七番町店」。仙台駅ビル内の利久はイマイチだったから、少し時間があれば行ってみるといい。歩いて5分もかからないし。


利久 東七番町店
宮城野区榴岡2-3-22 022-296-3577 11:30~14:30(LO)/17~22:30(LO) 無休




さて、牛タンで差がでるのが「どの部位を使うか?」、そこで『トロ』の部分だけを使ってメニューにしている店がある。「べこ政宗」の名前もズバリ「トロたん」。それと「伊達の牛タン」の「芯タン」。実は家元、これ食べたことない。どーなんでしょ?ネットでは評判良いみたいなんだけど。誰かレポートよろしく。「トロたん」「芯タン」は早い時間に売切れることが多いみたいなのでそのつもりで。


べこ政宗 本店
青葉区国分町2-14-9あるびすビル1F 022-212-5188 11:30~14/17~24(日祝~22) 無休
べこ政宗 名掛店
青葉区中央1-8-32名掛センター街2F 022-217-1151 11:30~14/17~24(日祝~22) 無休

伊達の牛タン
仙台駅B1F 022-722-8356 10~22 無休



仙台名物ということで知られてるような、知られてないようなのがずんだ餅(「づんだ」という表記もある。どっちが正しい?)。ずんだとは枝豆をすり潰してペースト状にして砂糖を加えたもの。これをムニュっとしたお餅にかけて食べる。どちらかといえばデザートなんだけど、軽い食事としてもイケる。

ずんだ



お勧めは「村上屋餅店」。餅店と言うだけあって、ちゃんと餅の味(米の味?)がする。豆の味もする。当たり前なんだけど、工業製品はちゃんとした味がしないということが、こうした本物を食べるとよくわかる。
セントラル仙台から歩いて5分もかからないから、試合の合間にも行ける。日祝休だからチャンスは土曜日しかないけど、翌日くらいまでは何とかもつから、朝食用に買っておくのも良い。不定休との情報もあるので、電話で確認してからの方がいいかも。
テイクアウトだけでなくイートインもできる。レトロな店内でお茶をすすりながら食べるの、ほんわかした気分になれるよ。食べたことないけど,ずんだ餅以外の和菓子も美味しいらしい。


村上屋餅店
青葉区北目町2-38  022-222-6687
9~18:30(11~2月は~18) 日祝休(不定休?)

村上



「萩の月」で有名な菓匠三全が仙台駅ビル内で「ずんだ茶寮」というお店をやっている。ずんだ餅はスーパーで売っているものと大差ないが駅構内で無休、営業時間が長く「ずんだシェイク」や「抹茶ババロア」といったメニューもあるので利用しやすい。軽く体験してみたい人にはいいかも。でも本当のずんだ餅が食べたかったら「村上餅店」へどうぞ。


菓匠三全ずんだ茶寮
仙台市青葉区中央1-1-1(駅構内1F) 022-726-3061
9~21(テイクアウト8~)


(つづく)

  1. 2005/12/29(木) 23:02:56|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

代表選考会レポート(速報)

鬼沢こずえ選手のサイン↓

オニ








なんかカワイイ♪
  1. 2005/12/29(木) 15:35:37|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

急げっ!

先日の男子世界選手権(団体戦)、優勝したイングランドのメンバーは以下の通り

ピーター・ニコル      32才
リー・ビーチル       27才
ニック・マシュー      25才
ジェイムス・ウィルスロップ 22才



年齢もうまく分散しており、しばらくは安泰…と思われるかもしれない。しかし準優勝したエジプトのメンバーはこれだ

シャバナ     26才
エルヒンディ   24才
ダーウィシュ   24才
アバス      23才



そしてコバヤシパパさん指摘の通り、年明け早々に開催されるブリティッシュジュニアではU19、U17、U15、U13の各クラスで8位シードまでの4割をエジプトの選手が占めている、32人中13人だ。イングランドは3人、パキスタンは12人。しばらく続くのは『エジプトの時代』もしくは『パキスタンの時代』なのかもしれない。




'98年頃からネットでPSAの試合結果やランキングをチェックするようになってから、トップ選手の年齢と結果にはパターンがあることに気付いた。


5~10才   スカッシュを始める
  ↓
12~18才   年齢別世界大会で上位に入る
  ↓
19~20才   PSAのツアーに参加し始める
  ↓
22才前後    PSAランク10~20位に入る
  ↓
24~25才   ランク1位を獲得
  ↓
30才前後まで トップ5~10位以内をキープ
  ↓
30才前後以降 なかなか勝てなくなりランク下降
  ↓
34才前後    PSAツアーから引退


18才でブリティッシュオープンに優勝したジャンギール・カーン(その前年は準優勝)や30才近くになってNo.1ランクになったジョン・ホワイトのような例外はあるものの、男子の世界トップ選手はたいていこのパターン。世界のトップを狙うなら、この流れに乗ることが、必須ではないが目安となるだろう。
23才のアズランは2年後くらいに世界一になる可能性がある。25才のベンヒーは流れに乗り遅れてしまった感がする。



10年後の日本はどうなっているのか?現時点で私が知っている範囲では以下の顔ぶれが上位にいることが想像される。


石渡康則 34才
松本 淳 33才
清水孝典 33才
前川宏介 32才

岡田 賢 29才
福井裕太 27才
机伸之介 26才
宮川 将 25才

郡司 颯 22才
小林僚生 21才
机龍之介 18才


10年後に日本が世界のトップになるためには、主力となる福井・机の年代の選手が今現在ジュニアの年代別世界大会で上位(ベスト8くらい)に入っておくのが望ましい。福井・机であれば今後急成長する可能性を秘めているものの、『黄金パターン』に対しては遅れ気味だ。これからかなりの飛躍を遂げなければならない。


目標が「10年後の世界選手権団体で10位以内」であれば、その可能性は充分あると思う。しかし「メダルを獲得する」が目標なら、10年後はもう間に合わないのかもしれない。すなわち、『遅すぎる、そのタイミングは逸した』のだ。

メダルを狙うなら、ターゲットにすべきは15年後ではないだろうか。現在10才前後の才能ある少年に注力し、5~8年後のジュニア世界大会上位入賞を当面の目標とする。



とすると、現時点でこの構想をバックアップできる体制が整っていなければならない。急ごう、強くなるにはお金が要るのだ。今自分にできることを実行し、自分が出せる範囲の金を出す。そうしないと15年後にも間に合わななくなってしまうぞ。
  1. 2005/12/28(水) 22:49:57|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大予言

巷では倖田來未の「エロカッコイイ」がキテいる。


一方、雑誌「LEON」がパンツェッタ・ジローラモをイメージキャラクターに起用して提唱した「チョイ不良(ワル)オヤジ」も話題となった。



とゆーことで、来年「クる」と家元が予想するのはこれを融合させた…













「エロオヤジ♪」






イメージキャラはモチロン家元だ!







「シラタキ、アイガードが壊れたからって悲しむことはない。
そんなものはいくらでも取り替えがきくからね。

取り替えのきかないキミの身体が無事だったことが、
神様がくれたボクへのクリスマスプレゼントさっ♪」








「エローーーーい!





ローライズジーンズ穿いた女の子がしゃがんだ時に後ろから見えるパンツくらいエロいよ、おざぁーさん!」





そこ、「甘ーい!」でもいいのでわ…?
  1. 2005/12/27(火) 22:54:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

雪が降る町

クリスマスが終わった12月26日から大晦日までの6日間を何て呼ぶの?




「年末」はもう少し前からって感じがするし、「晦日」は30日のことかな?


呼び方はともかく、この6日間て好きなんだ。ほっとするような、しんみりするような、ワクワクするような…



そんな気分にぴったりの曲がユニコーンの「雪が降る町」
クリスマスが終わるまではラジオでもあまりかからないけど、この時期だけはガンガンOn Airされる。この時期を描いた歌って少ないもんね、「もーいーくつねぇるとぉ♪」くらいしか他には思いつかない。


この時期が好きだから、この曲が好き☆
じつは「TEAM KANO戦記」、全体を通してユニコーンを意識してる。気付いてた?


ラブソング(「Maby Blue」など)、じんわりと響く曲(「素晴らしい日々」や「自転車泥棒」など)があるかと思えば、単身赴任の悲哀を歌った「大迷惑」や、「人生は上々だ」みたくちょいヤバなのもあったりして。



「常に期待を裏切り続ける存在」でありたい。


その方が楽しいと思わない?♪
  1. 2005/12/26(月) 21:16:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

てへっ

「クリスマスは大切な人と家で過ごす」なんて言っておきながら、昨日はコバヤシパパさんに焼肉連れてってもらっちゃいましたぁぁぁ



だって24日は子供達に用事があって、家でケーキ食べたりするのは23日にしちゃったからさ…







すみません





連れてっていただいた「ひゃら亭」、コバヤシパパお勧めの「熟成タン」は売切れだったものの「幻のタン」、いやーヤラレました。あれだけ素材の差を見せ付けられると仙台の牛タン屋は太刀打ちできないですなぁ。上ミノやテールの質からして支店を出さないというのも頷ける。あのレベルの質をキープして仕入れをするのはかなりの努力を要するはずだ。






ん? 反省の色がみられない?



そんなー、反省てますってばぁ↓

クマ




とかなんとか言いながら、今日も中華街行っちゃったりして♪



おまけにこれも付けるから許してちょ♪

キス

  1. 2005/12/25(日) 08:04:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

クリスマスギャラリー スイーツ編

つくし野にある「ママン・ラトゥーナ」というパン屋さんのパン
みっつ

雪ダルマ








美味しいか?と聞かれるとそんなことはないのだが、クリスマス気分はやっぱりアイスのケーキだね♪

スヌーピー1

ウッドストック

まゆ







メリークリスマス!

ツリー

  1. 2005/12/25(日) 05:23:57|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大切な人と…

去年のクリスマスソング、「チキンライス」を覚えているだろうか。
ダウンタウンの松本人志作詞、槙原敬之作曲のこの曲、家族で過ごすクリスマスを描いた歌詞だ。

フランス料理について書いた時に触れたけど、クリスマスには外食しないで大切な人と家で過ごしてる。ずっと以前からそうしてる。
http://teamkano.blog18.fc2.com/blog-entry-22.html




そんなカノウ家のクリスマスギャラリーをどうぞ☆

ツリー1

ツリー2


ツリー



サンタさんに宛てた手紙
手紙1


手紙2


手紙3



お手製のくつした
くつした

  1. 2005/12/24(土) 07:30:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東北オープン展望 その1

一般男子はなかなか興味深い対戦が観られそうな東北オープン、TEAM KANOの野望はもちろん優勝!なのだが当然それだけには留まらない。実は'95~'98の3年間仙台に住んでいたという『プチ・ジモティ』である家元の出し惜しみしない仙台&東北案内、いってみよー!



さて仙台といえば牛タン。歴史はそんなに長くはない(戦後から?)けど、しっかり仙台のソウルフードになっている。川島なお美が仙台に住んでだら「私の舌は牛タンで出来ているの♪」と発言したことだろう。多くの仙台っ子は"I'm Made of GYU-TAN!"なのだ。 といっても「メイド牛タン屋」があるわけではない(^_-)-☆


お店に牛タンを卸してるのはかなりの確率(9割以上?)でカメイという商社。カメイは元々油を扱う商社で、ガソリンスタンドや自動車ディーラーなども経営してるのだが、食品や飲食店もやってる。

どのお店も牛タンの仕入元が同じなので、素材の差はほとんどない。店によって違うのは「どの部位を使うか?」「カットのしかた」「焼き方」「味付け」だ。これが意外に違いが出るんだな。ジモティにお勧めの牛タン屋を尋ねるといろんな店が挙がるはず。ソウルフードなのでそれぞれが「お気に入りの店」を持っているのだ。みんなも自分の好みのお店を見つけよう。



というわけで家元のオキニは「閣 ブランドーム店」なのだが、なんと今年3月から休業してる??(゜Q。)?? どうやらBSE関連規制の影響で思うような牛タンが仕入れられないから、ということらしい。

実はこの「東北オープン展望」2週間前に書き始めたのだが、この事実を知ったショックで書く気力を無くしていたのだ。それで仕方なく(?)スカッシュネタや映画ネタでお茶を濁した。しかし食べることに関しては不屈の好奇心を発揮する家元、アメリカ牛輸入再開のニュースにも勇気付けられこうして立ち上がったわけだ。

BSEごときに恐れをなす家元ではない、ウマイもん喰って死ぬなら本望なのだ。元々脳みそスポンジみたいなモンだしね。来年1月7日時点で「閣 ブランドーム店」が営業再開してるという前提で話を進める。



牛タン店の元祖とされるのが「太助」。タレを付けて焼いた牛タン+麦飯+テールスープ+ししとうの味噌漬けというスタイルを確立したとされる。素晴らしい組み合わせだ。ただしここの「焼き」はカットが薄い。「真助」や「喜助(ホントは「七」が三つの「き)」」など店名に「助」が付くところの「焼き」はカットが薄く平らだ。

これを家元は「助平の法則」と名付けた。店名に「助」が付くからといってチェーン店とか店主が兄弟というわけではないみたいだが、何故だかそうなのだ。



「閣」の「牛タン焼き」は厚い。「太助」の倍くらいあるのではなかろうか。家元の好みはこうした噛み応えのある、厚い「焼き」なのだ、モグモグ。薄いのなら焼肉屋のタン焼きとたいして変わらないもんね、クチャクチャ。こう抵抗してくるところを無理矢理噛み切ったりしながら征服していくのも快感なわけですよ、ゴックン。

しかし家元が「閣」はに行くのは「焼き」を求めてではない。「牛タンのたたき」こそがお目当てなの♪ 「牛タンの刺身」もメニューにあるけど、これは焼肉屋のタン刺と比べて大差ない。しかし牛タンのたたきはそもそもメニューにある店が少ない、ってかぼくは「閣」以外には知らない。「たたきにするとこんな美味しさが出てくるんたぁ~☆」となること、保証するよ。



そしてもうひとつのお目当ては、アルコール類を注文すると付きだしとして提供されるタンの煮込み。メニューにも「牛タン煮込み」があるが、これはデミグラスソースで煮込んだタンシチュー。付きだしのは塩で味付けしてあるだけのでタンの旨味がストレートに味わうことができる。メニューに載ってたら追加注文したいくらい美味しい。たくさん作れないからメニューに載せてないのだろう。

ただしこの付きだし、600円である。会計時に「ん?なんか高くないかい?」と感じて確認すると、ひとりあたり600円が加算されている。ぼくはこの煮込みなら600円払う価値が充分あると思うが、何の説明もなく加算されるのは商売の在り方としてどーかと思うゾ。アルコール類のメニューの下に「付きだしとして600円いただきます」と書いておく、あるいはビールの注文を受けたら説明するだけで済むことなんだから。


たたき、刺身、付きだしはランチタイムには提供されない。これらが目当てなら夜に行こう。トマトサラダも美味しいよ♪これは昼もある。


閣 ブランドーム店
青葉区一番町3-8-14 鈴木陶器店ビルB1 022-261-2756
11:30~14/17:30~22(土日~21)不定休



藤崎の近くには「閣 南町店」がある。ぼくは行ったことない。暖簾分けだろうか?メニューはほぼ同じのようだ。12月中旬現在、夜のみ営業している。「たたきは現在提供していません」とのこと。たたきで提供できるタンが入手できないからだそうだ。ぼくがブランドーム店で食べてたレベルのタン焼きが食べられるのなら、行く価値ありだ。保証はしないけど。


閣 南町店
仙台市青葉区一番町2-6-17 内ヶ崎ビルB1 022-268-0715
11:30~13:30/17:30~22(LO21:30) 日休(3連休の日曜は営業)




(つづく)
  1. 2005/12/23(金) 11:11:18|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もち

ログにあるように昨日は静岡出張。
行きのタクシー乗ってる時にあれを見つけたので、帰りにタクシー待たせて買いに行ったですよ。あのスクープ(「コータコート移転!?」)により、「家元の調査能力と行動力はnono☆さんを上回っている」ことが証明されたねo(^-^)v (←挑発行為♪)



静岡と言えばラーメン二郎…はない。だが二郎町田店の店主だった人が地元の富士に帰って開店した「大山(たいざん)」というラーメン店がある。静岡には支店、相模原に暖簾分けした店もある。静岡で新幹線から在来線に乗り換えるから、目指すは「大山 静岡店」なのだが…火曜・第三水曜定休(;´・`)
あぁぁ、1ヵ月前の静岡出張も第三水曜だったのよぉぉぉ~



しかしこのくらいではへこたれない、「入船鮨 ターミナル店」でランチの「特ダネにぎり(1575円)」を食べる。実は家元、高級鮨店には自腹では行ったことがない。「すきやばし次郎」、「弁天山美弥古寿司」、「しみず」などは「よく知ってる、行ったことないけど」なのね。だから基準は梅ヶ丘に本店のある「美登里寿司」。そーゆーレベルだとゆう前提で読んで欲しい。

んでここのは新鮮ネタ系鮨ですな。あまり『仕事』はしてない。たしかに美味しいけど、量はちと足らないなぁ。廻らない美味しいお鮨を、少し食べるには向いてるんじゃないでしょうか。




きなこ



というわけで続けて安倍川餅の「きなこ」へ。お土産の安倍川餅を買うためだが、ここはイートインもできる。んで、「からみもち(550円)」をパクリ♪ なかなかお餅がね、モチモチしてるの☆んでお土産の安倍川餅(1430円)を買う。ここのは餅が美味いと思う。と言ってもそんなにたくさんの安倍川餅を食べたわけじゃないのだけど。

からみ




お勧めのお店ある静岡ジモティ、出し惜しみしないで家元に教えてあげてね♪

安倍川

  1. 2005/12/22(木) 21:36:00|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コータコート移転!?

徒然なるままに綴った「小梅日記」風家元日記、とくとお聞きくだされぃ!




♪チャンチャカチャンチャン、チャチャンカチャンチャン♪
♪チャンチャカチャンチャン、チャチャンカチャンチャン♪



♪「コータコート移転」の噂を聞いて藤枝に行ってみたぁらぁ~♪



20051221224329.jpg








♪コータコートという名前のパン屋さんでしたぁ♪

20051221224347.jpg



20051221221532.jpg






チックショー!











♪チャンチャカチャンチャン、チャチャンカチャンチャン♪
♪チャンチャカチャンチャン、チャチャンカチャンチャン♪




♪チャップリンに会えるというので熱海に行ってみたぁらぁ~♪


20051221221653.jpg








♪「茶・プリン」という名前のプリンに会えましたぁ~♪

20051221221639.jpg





チックショー!









焼きそばパンと
20051221221550.jpg




カレーパンは普通だったけど、
20051221221609.jpg




クリームパンは美味しかったよo(^-^)v
20051221221622.jpg

クリームがプリンっぽいの♪




「茶・プリン」の抹茶ソースはかなりビミョー(@_@)



それにしても、




静岡恐るべし!

  1. 2005/12/21(水) 22:22:52|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ストレス

腰痛で整骨院に通い始めた。腰痛とはもう10年くらいの付き合いになる。骨盤と背骨の歪みが腰痛の原因らしい。

性格が歪んでいるせいではない。先生いわく、「じっとしてるストレスに弱いようです。仕事はデスクワークが多いですね?30分くらいパソコンと向き合ったら、姿勢を変えるとか歩くとか肩を回すなどして下さい」



じっとしてるストレスに弱い…





そぉかぁ、やっぱあちこち手を出しまくらないとイケナイってことなのね♪






(ノ゜O゜)ノ (゜o゜)\(-_-)
  1. 2005/12/20(火) 23:07:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

裏技

北朝鮮はマラソンや女子柔道などで意外にメダルを獲得してる。おそらくメダルが獲れそうな選手/競技に集中してお金を注ぎ込んでいるのだろう。



「メダルを獲るには国の援助が必要⇔メダルが獲れそうな種目・選手に国は援助する」




どちらが先か?などと考えても埒が開かない。国からの援助が欲しいのなら、まずはどうにかしてメダルが獲れる選手を作るしかない。スカッシュ界はどーする?




そこで[裏技]



アミール・カーン(パキスタン 15才、一説には17才?)を日本に帰化させる。血統(ジャンシールの甥)は申し分ない。ダルビッシュ有みたく日本の高校に通わせれば、心情的にも日本人と世間は見てくれる。日本名は「網留 完」☆



どーすか?女性たち! 国際結婚に興味はありませんか?ちょいと誘惑してみればいいじゃ…  (゜o゜)\(-_-)




んじゃあ、ジェイムス・ウィルスロップでどーだ?長身でなかなかのイケメンだよ♪ 独身かどーかは知らんけど( ̄▽ ̄;)




フザけてるように書いてはいるが、武器(≒お金)を持たない者が大国と戦うにはゲリラ戦法しかないのだ。ベトコン、タリバン、パールハーバー… 「自爆テロでも何でも仕掛けるべきだ」と、これはこれでマジで考えてるのだ。
  1. 2005/12/19(月) 23:05:58|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ガメツイ?

アジア選手権の代表選考会、有料イベントにしてしまうってのもアリだったのではないだろうか?


福井vs石渡は注目の一戦。代表に入る/入らないを決める試合、あるいは内定選手に辞退者が出れば、3番手争いになる可能性が高い。

全日本で結果を残せず、「昨年の優勝は棚ボタ」との厳しい評価も受けた石渡にとっては、意地でも負けたくない試合のはず。これに負けたらその評価を認めることになってしまうからだ。
一方福井も選考会に出るからには、不完全燃焼だった全日本の借りを返さないわけにはいかないだろう。


ある意味、タイトルを賭けた試合よりもガチンコの真剣勝負が期待できる。観戦料を払ってでも観たい、とボクは思う。

今回は12月29日なので仕事納めで観に行けない人も多いようだ。次の機会には週末に設定し、観戦料は募金の意味を込めて「3千円以上いくらでも」でどうだろう。選考試合以外に内定選手、今回なら清水vs松本のエキシビションマッチや公開練習会なんて企画を設ける。
「トップ選手達がどんなパターン練習をしてるのか?」意外と観る機会はないから、興味を持つ人はいるんじゃないかな? そして観たら結構オモシロイと思う。YOKOHAMA OPENでWISPA選手が1番コートでやってたパターン練習を観て、「ほほぉー!」と思ったもんね。


松井千夏vs井之上哲哉のエキシビションや「佐野公彦のフィットネストレーニング教室」なんてのもオモシロイかも♪ ジュニアや学生をシゴくのね(笑)



ガメツイ?

いやいや、このくらい『お金に意地汚く』ならなきゃいけない状況だと思うんだ。チャリティイベントも選考会と一緒に実施するべきだったのかもよ? 「有料にしたら観客集まらなかった」なんてことになるかもしれないけど、それもトライアンドエラー。強化にはお金が必要なのだ。それを正しく認識しアピールして資金集めに繋げる活動を地道にしていかくては。
  1. 2005/12/18(日) 20:18:00|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トライ アンド エラー

1月28日(土)コータコートで開催されるチャリティーイベント大会(団体戦)、 募集期限なのに申込が少ないのだとか。



ゴメンよぉ、申込殺到するだろうと思って遠慮しちゃったんだよぉぉぉ( ̄▽ ̄;)再募集かかるみたいだから、申込むぞー♪

募集要項 http://www.squash-japan.com/04ag/apply/2005_13_chari_yoko.pdf

参加申込書 http://www.squash-japan.com/04ag/apply/2005_13_chari_en.pdf




いろいろ課題の多いスカッシュ界だが、究極は「お金がない」に尽きる。お金があればたいていのことは解決できるのだ。

だから今回の企画を評価する。なあに、失敗だったとしてもいいじゃないか。お金を集める策がそうホイホイ成功するわけがない。トライ アンド エラーでいいのだ。例えば今回ペアで申し込んだ場合、「代表選手の誰がチームに入ってくれるのかわからないから…」という意見がある。じゃあ次回は「チームに入って欲しい選手を第三希望まで書いて申し込み→競合したら抽選」にするとか、次回に活かせる。


余談ながら、このような案を出すと「人気のない選手がかわいそうだから…」という意見を言う人がいる。仲良しサークルならばそうした配慮も必要だろう。だがこの対象はプロ、もしくは将来プロになることが期待される選手である。「正当に評価される」ことに耐えられないようなヤワな神経の持ち主は、代表(及びその候補)には要らない。人気が得られる結果や内容を示すのがプロなのだ。




話を戻そう。お金がないのは仕方ない。しかしお金を集める工夫・努力をしないのは怠慢。実現した工夫・努力には最大限協力するのが、正しいファンの在り方だ。「何も行動しないで文句ばっかり言ってる奴」にならないよう、自戒しなくちゃ。
  1. 2005/12/17(土) 12:15:40|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

生産技術

1台3億円の自動車があるとする。バックヤードで手作りされる限定品だ。さすがに3億円するだけあって、使用している部材は一級品ばかり。それを職人技で組み立ててあり仕上げも素晴らしい。当然ながら1台150万円の大衆車とは比べ物にならないほどの性能を誇る。



「こんな凄い車が作れるなんて、このメーカーの技術は素晴らしいなぁー! 150万円の車を大量生産してるメーカーとは比べものにならないや。」




本当にそうなのか?


自動車は約3万個のパーツからできている。これを年間5万台生産するためには15億個のパーツが必要。この膨大な数のパーツを全てそれぞれに規定された誤差の範囲に収め、納期通りに調達しアッセンブル(組み立て)するには高度な技術が必要だ。コストをいくらでも掛けて良いのであれば難しくない。しかし150万円で売るのはボヤっとしていては達成できない。生産だけでなくマーケティングの技術も必要だ。多数の英知と努力を結集させなければ150万円の車を年間5万台生産・販売することはできない。


一方、3億円の車を年間5台作って売るのは、極端に言えば「一人の優秀な設計者と、一人の優秀な職人」がいればできてしまう。パーツを吟味して選び、「うーん、もうチョイかな」とヤスリでゴリゴリ削って「うん、これでヨシ!」となったものだけで組み上げていけば良いのだ。年間5台ならクチコミで売れるからマーケティングも必要ない。


「自動車メーカーの技術を、1台の自動車の出来で判断するのは間違いである。」

そう自動車評論家の福野礼一郎は言う。

ここまでが前フリ。

福野




「日本はスカッシュが盛んな国だ」という意見がある。関東であれば毎週のように何かしらの大会が開催され、自由に参加できる。閉鎖される施設・コートもあるが、現存するコートの稼動は悪くない。ヨーロッパなどスカッシュ先進国だとなんとなく思っている国々に比べても、「市民レベル」では日本は盛況だというのだ。私は海外の事情はよく知らないので判断できないが、そう言われればそうかも知れない。

マスの土台は(他国に比べて)できている。オリンピックで金メダルを獲る選手のような『限定品』を日本が作るのは、そう難しいことではないのかもしれない。


サッカーのワールドカップで勝つためには、トップ30人くらいのレベルを上げなければならない。これには底辺の拡大が必須だ。一方スカッシュなら底辺はそれほど拡げる必要はない。ニコル・デービッドのような才能を2~4人発掘し、彼女のように環境の整ったところに送り込んでしまえばいいのだ。
勿論才能を発掘するには底辺は広い方が望ましい。しかし思っているほどそこに注力する必要はない、目的が「世界一になる選手を作る」であれば。



超高級な高性能品を少量生産するには、「一人の優秀な設計者と、数人の優れた技能を持つ者と、それを支える数十人の顧客」を揃えれば良い。



意外と簡単、と言ってしまうと失礼かもしれないが、思い込んでるほど困難なことでもない、マスプロダクトに比べれば。


日本人には苦手な分野か?
そんなことはない。目的が明確になれば、それに向けて工夫・努力する能力は優れているはずだ。戦艦大和は目的の設定が間違っていた(大型戦艦が有用だったのは日露戦争まで)だけだ。目的や規格を正しく設定するのは、少々難しい。将来を正しく見通すセンスが要る。


「それを支える数十人の顧客」、これを見つけるのが一番の難関。でも、広く求める必要はない。限定された物に価値を見出だす、極く限られた層を探せばいいのだ。



まとめよう。

①スカッシュを広く普及させるのは難しい。

「学校にコートを作る」などハード面はそうたやすくは実現できない。それでも日本スカッシュは市民レベルに於いては盛況。①の事情ありながら盛況なのは、民間スポーツクラブやスカッシュ用具販売・コーチ派遣会社の力によるところが大きいと思う。


②世界のトップ選手を作るのは、それぼど難しいことではない

お金・時間といったコストはそれなりに掛けなければならないが、広く普及させることに比べれば遥かに安く実現できる。



普及とトップの強化は発展の両輪であり、両方伸ばしていくのが望ましい。しかし現在のスカッシュ界の状況は、『選択と集中』が必要だと思う。何を選択すべきか? 私の答えは明確だ、後者に決まっている。

  1. 2005/12/15(木) 23:20:59|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ステーションワゴン体験

各地で初雪を記録した12月最初の土曜日、深夜3時過ぎ。コバヤシパパさんのロータスエリーゼ340Rに乗せてもらう。痛烈に楽しい体験だった。良いスポーツカーの条件は、「小さく、軽く、重心低く、Z軸回りの慣性モーメントが低い」であることが体感できる。

580kgという重量はカローラ1.8L(2WD)1,100kgの半分に近い。つまりカローラに3倍強力なエンジン積み、4倍強い足回り・ボディ、5倍良く効くブレーキを与えたようなものだから、そりゃー速いわけだ。エリーゼを基本にしてるから横置きしたエンジンはバランスとしては高い位置に積んであるけど、絶対的には低いし、屋根がないのだから重心も低い。搭載位置が高い分、エンジンなど重量物がボディの中央部に集められる。

まあそんな理屈抜きで、乗ってて楽しいのはフロントウインドウが小さくて立ってるから。オープン気分を味わうためには最も重要視すべきポイントだ。フロントフィンドウの傾斜が強い(寝ている)オープンカーは、乗ってる感じは見た目ほど"オープンではない"のだ。フィアット バルケッタがスポーツカーとしてはダメダメパッケージなのに乗ってて楽しいのは、トアノブやインパネのデザインと共に「小さく立っているフロントウンドウ」のおかげだ。



コバヤシパパさんがオープンカーに乗るのは、子供のときに親に乗せてもらった体験が忘れられないからだと言う。素敵な体験だ。ぼくがステーションワゴンに乗るのも同じ理由。3~6才のころ、父親は「税金が安いから」という理由でパブリカのバン(4ナンバー)を所有していた。今でいうとファンカーゴとかワゴンRみたいなクルマ(当時は5ナンバーのワゴンは日本には存在しない)。父親はぼくが幼稚園に入るころカローラのセダンに乗り換えるのだが、パブリカバンの荷台でマンガを読んだり、寝たり、外を眺めたりする楽しい体験が強く印象に残っている。

それから10年ほど後の高校時代、片岡義男の小説で「男の子にはステーションワゴン体験が必要」というセリフに出会う。アメリカを舞台にした小説だったのだが、「うん、必要!」と共感し、男の子ができて物心つく年齢になったらステーションワゴンに乗ろうと決めた。


西部劇の映画を観てると、駅に着いた列車から降りた人と荷物を街中まで運ぶ馬車が登場する。"ステーションワゴン"は元々この馬車のこと。やがて馬車は自動車へと変わってもその役割は同じ、列車での旅行が少なくなるまで続いた。

だからステーションワゴンとは「人と荷物をたっぷり積んで、ガンガン使い倒す」クルマ。その観点から四角くて室内が広い、頑丈なクルマを選んだ。父親の思惑通り、子供達は荷室を基地にして遊んでいる(もちろん走行中はシートに座らせる)。その想像力や好奇心を持ち続けたまま成長して欲しいと願う。

トランク





このクルマを選んだのにはもうひとつ理由がある。それがこれ↓

サードシート





後ろ向きのサードシート付き♪いかにもステーションワゴンて感じでしょ?
ウチは5人家族なのでサードシートを使うのは実家に帰省したときや親戚が遊びに来たときくらいなんだけど、ここを双子が座ってると信号待ちで止まった際、後ろのクルマのドライバーやナビとフレンドリーなコミュニケーションが成立したりする♪



そして車で30分くらいのところに住んでる義弟にも双子の女の子ができた。

ツインズ




双子x2=4人でこのサードシートに乗ってるの、想像しただけで楽しそうでしょ♪ 楽しい想い出をいっぱい積んで欲しい。


  1. 2005/12/14(水) 23:46:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

レビュー その4 「海猿」

チビノリダー(伊藤淳史)が写った瞬間、


あっ、これは「愛と青春の旅立ち」だ!


とわかっちゃった。「海猿」はつまりそうゆう映画ですな。いや、オモシロかったですよ、青春物として。ちゃんとしたドラマになっている。

ただ「映画館で観たかったなぁ」とは思えなかった。アクションや特撮物じゃないから不利ではあるのだけど、それでも大林宣彦の尾道三部作は映画館で観たくなるもんね。「サトラレ」や黒澤明の「天国と地獄」なんかもそう。どこが違う?と聞かれてもうまく説明できない。



「小さく良くまとまったドラマ」って感じです、この映画。そんなストーリーとかよりも、ぼくにとっては「懐かしい映画」だった。安芸灘の海や島々、呉れんが通りのアーケードなど「広島にいたころ」を思い出させてくれる。そして藤竜也が準主役で出てる!

藤さんはぼくが学生時代バイトしてたスポーツクラブの会員だった。当時の藤さんは撮影がない日はほぼ毎日やってきて、10kmラン+1.5kmスイム+筋トレ+スカッシュをこなし、クラブでは「坂本聖二か、藤竜也」と言われるくらいトレーニング量の多い会員さん。ぼくはよく藤さんのヒッティングパートナーを務めてた。この映画ではアクションシーンはなかったけど、今でも六本木のスポーツクラブに通ってるらしいのできっとイイ身体してるはず♪



そんなこんなで「あの頃」を思い出させてくれる映画です。そういえば、「愛と青春の旅立ち」を観たのもスカッシュ始めてすぐのころだったなぁ。男二人で観たんだけど(;_;)
  1. 2005/12/13(火) 21:21:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

レビュー その3 「華氏911」

10日(土)の朝、最寄りのレンタルビデオショップに行くとレジに40人くらい並んでる!? この日は月に一度の「半額の日」だったのね(>_<)


「こりゃ少なくとも30分は待たされるなぁ~」と諦め、夜にまた訪れると2・3人待ちo(^-^)v でも「ハウルの動く城」や「オペラ座の怪人」は予想通りレンタル中。「ネバーランド」「パッチギ」「ターミナル」もダメ。んで結局「華氏911」「海猿」それと「ミルモでポン!」に。あっ、最後はついてきたカノウ姉妹のセレクトね。一緒に「ミル、ミル、ミルモでポンッ!」なんて叫んでないからねー!( ̄▽ ̄;)



では「華氏911」から。

思いっきり「揚げ足取り」な視点で描かれているわけで、ジョージ・ブッシュ個人に関しては「他の政治家も似たようなもんだろ?」感がする。

でも「イラク戦争とは何なのか?」については、「ブッシュの、ブッシュによる、ブッシュのための戦争」ということを分かりやすく説明してあり、納得させられる。そういえば湾岸戦争はブッシュの父ちゃんが大統領の時で、パウエルがチャートを使って戦況説明をしてたもんなぁ。


「一応実力主義であるプロ野球において、二世選手がどれだけ活躍してるか」を考えれば、二世議員なんかを安易に誕生させてはいけないのは明白だ。ケン・グリフィーJr.のような例外もあるから絶対ダメというわけではないが、「政治家の息子だから政治の能力がある」としてはいけない、あくまでもその人の実力で判断すべきなのだ。これはアメリカよりもどっかの国の方が…


ホワイトハウスの前で議員を捕まえて「戦争に賛成ならあなたのご子息をイラクに行かせて下さい!」と訴えるあたりが、いかにもマイケル・ムーア。「進め!電波少年」復活させてくれないかな☆
  1. 2005/12/12(月) 18:03:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レビュー その2 「スターウォーズ エピソードⅢ シスの復習」

次に観たのが「スターウォーズエピソードⅢシスの復習」


実を言うとスターウォーズのストーリー、イマイチついていけてないのだヽ( ̄ー ̄ )ノ 宮崎アニメ(特に「もののけ姫」あたり)も展開理解できない部分あるのだけど、なんとなく解ってる気になっている。でもスターウォーズは観終わってスッキリしない。

そんなぼくでもエピソードⅢはエピソードⅣにつながるストーリーだから解りやすい、安心して観ていられる。でも安心して観ていられるのが良いのかってえと、そうでもないから。ぼくの好みは「レザボア・ドックス」や「パルプフィクション」みたくどう展開してくのか予想もつかないストーリーの映画なので、これは「あー、オモシロかったあー♪」てな気持ちにはなれない。


でも映像はステキ☆楽しいよ。 今回はR2D2がカッコイイ!頭脳派だと思ってたけど、アクションもイケるんだね♪R2を主役にアナザーストーリー作ってもらいたいくらいだったよ☆ 
  1. 2005/12/11(日) 22:05:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レビュー その1 「電車男」

肉離れで安静が必要とのこと、こうゆう時は普段できないことをしてみよー!と、DVD借りてきて映画を観る。我ながら地味だなぁー、世界征服でもすればいいのに(┬┬_┬┬)



最初に観たのは映画版「電車男」。

キャスティングに関しては、TV版を観たほとんどの人が感じるであろうことなので言及するまでもない。エルメスも伊東美咲くらい「ありえない」方が、逆に現実味あるかも。原作→映画→TVという順番だったら違和感小さかったのだろうか?

でもやはり「ヲタ臭」が漂ってこないのだ、キャスティングに限らず。「サンボマスターじゃなくて、オレンジレンジ」そう、全体を通してそんなセンス。映画業界はTV業界よりもずっとオシャレな世界なのかもしれない。



以前も書いたけど、この話のキモは「ネットの住人と電車男の繋がり」。電車男はネットの住人たちに導かれ、勇気付けられて成長してゆく。ネットの住人は電車男を通じてリアルタイムで擬似恋愛を体験する。その盛り上がり感を、映画を観ている自分にもっと分け与えて欲しかった。

リアルで擬似恋愛を分け与えてくれないかなー♪ 期待してるよ、n○n○さん!(←伏せ字)日記に「めしどこかたのむ」と書きさえすればいいのだ、TEAM KANOの全力を結集してネタにして遊ぶ サポートするからさっ☆



まあ、恋愛ドラマとしてはまずまずなんじゃないでしょうか。ラストシーン(エンディングテーマ前)は、「本当に自分の身の回りであんなことが起こりそうな予感」を持たせてくれる。



木村多江の横顔モエ~♪な1時間40分でした。
  1. 2005/12/10(土) 00:00:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

違うの?

姉歯元一級建築士の偽装、ボクはすぐ見破ったよo(^-^)v









ええっ、頭髪じゃないの???!
  1. 2005/12/09(金) 12:57:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

インカレ  その2

今年1月の東北オープン、家元は予選の2回戦で日体大の4年生と対戦した。 1ゲーム目が終わり、熱心に観ててくれたイヌヤマさんにアドバイスをもらいに行こうとしたら、何と相手の学生にアドバイスしてる!




「そーか、イヌヤマさんは日体大のOBだった!(スカッシュクラブのOBではないけど)」


と苦笑いして納得した。普段一緒に練習してるキズナよりも、そっちが優先なのね♪いや、よくわかる。それがOBなのだ。




とゆーわけで、新人女子の決勝に後輩が出たので現役に混じって一緒に応援した。 楽しいのだよ、これが。 勝てばもっと盛り上がっただろうけど、負けでも充分堪能させてもらいました。 ごちそうさまでした。
  1. 2005/12/08(木) 19:48:09|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インカレ  その1

先週の日曜日はコータコートへインカレ(学生選手権)を観に行った。永江-金子の準決勝を観ての感想は、「緩い!」


球の速さ/コースの厳しさが「遅い」/「甘い」というよりも、「緩い」と感じられた。 「長くラリーを続けて相手の体力切れを待つ」というのはある意味とても“学生らしい”のだが、やはり若い選手には伸之介のような「荒削りな勢い」を求めてしまうなぁ。 むしろ新人戦に「荒々しさ」・「若武者ぶり」が感じられた。冷静に判断すれば単に荒いだけなんだけど、観ていて楽しいのはこっちだったりして。




永江、金子のようなプレイスタイルでは大成しないのか?というと、そんなことはない。ピーター・ニコルがいる。

ボクがニコルを初めて観たのは'94年の「Super Squash in Japan」。完成したばかりのコータコートで開催された世界トップ選手が集まった試合だ。当時21才のニコルは1年ほど前からシニアのツアーに参戦し、みるみるトップ10入りを果たした注目株。

というわけで注目して観たんだけど、1、2回戦のニコルは「どこが強いのかなー?」という感じ。ニコル自身のプレイに派手さが無いため、ブレッド・マーチン、ピーター・マーシャル、サイモン・パークあたりに較べると印象は薄かった。

でもそれは相手が弱いからだったのだ。準々決勝のジャンシール・カーン戦、これはボクが今まで生で観た試合のベスト1。マジになったジャンシールの顔の怖いことといったら、「ひぇー、お許しくだせぇご主人さまぁー」とメイドになって許しを乞いたくなってしまうくらい。ビシバシ厳しいショットを繰り出してくる。 なのにニコルは「わしゃ、カンケーないもんねー」てな涼しい顔でピックアップしてく。

こんなフザケた表現してるけど実際はものすごい緊迫感なんだよ。ピリピリした空気がコートに充満してて、触れたらビリッって感電しそうなくらいだった。この試合はジャンシールが3-1で勝ち、大会も優勝するのだがニコルの"凄み"が印象に残った。相手の球がどんなに速くても、何事もなかったかのように自分のプレーをしていくニコル。「普通の選手ならファインプレーになるナイスチャッチが、守備の名手にかかると平凡なゴロを処理してるようにみえてしまう」、そんな感じだ。




永江、金子が打球のスピードを上げるというは、あまり望めないだろう。あれば、彼らが優勝するためには、岡田賢に対しても準決勝でしたようなプレーをするしかない。そう思って観てた岡田-永江の決勝、3ゲーム目からスピードを上げた岡田に永江はついていけなかった。永江は普段岡田レベルのスピードを持つ相手と練習する機会がほとんどないのだろう。ついていけないのも当然だ。


永江、金子がこれ以上強くなりたいのなら、松本淳のようなスピードを持つ選手と普段から練習できる環境に身を置く必要がある。努力や才能だけではどうしようもない部分も、確実にあるのだ。 厳しいけど、それが現実。
  1. 2005/12/07(水) 21:39:22|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おっと、 ろ、 えー?!

先週の土曜日 5ヵ月ぶりに試合出る。


1試合目の途中、左脚ふくらはぎが攣る。Best of 3 Games Matchの3ゲーム目だったのでそのまますぐ続ける。

その日もう1試合(これもフルゲーム)をこなし、東京に出掛ける。



日曜日 コータコートでインカレ観て、1時間半軽いパターン練習をする。



月曜日 「筋肉痛にしては攣ったところが痛いなぁー(-.-;)」と感じながらも普通に会社に行く。

昼過ぎてから普通に歩けないくらい痛くなる。



火曜日 「これは…」と思い、整形外科に行く。


肉離れですね。2週間くらい安静にしとけば治りますよ。歩くのも出来るだけ控えた方がいいです。」







筋肉痛みたく、齢取ると肉離れも2日後に来たりするのかー!(´Д`)







介護希望の女子大生・OL・人妻はミニスカナースのコスを用意してメールミィィィー!
  1. 2005/12/06(火) 13:10:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

あったらいいな♪

こんな自己紹介欄、あったらいいな☆




・好きな次長課長 河本のモノマネネタ

⇒水木しげるのマンガに出てくる真面目なサラリーマン




・好きな「意味ないじゃーん!」

⇒ズボンと一緒に脱がされた勝負パンツ
「明石家マンション物語」より




・好きな「トリビアの泉」のワンシーン

⇒ガセビアの沼で緒川たまきが言う「うそつきっ♪」




・泣けた映画「サトラレ」のセリフ

⇒「ごめんよ、ばあちゃん」


※「サトラレ」はTVドラマで観たよって人もいるかと思う。ゼヒ、映画版を観よ!全然違うから。




・「へぇ~」と思った映画「恋人達の午後」のシーン

⇒ベースボール観戦中のスタンドで「女房が浮気してるんだ」と深刻な離婚話をしながらウエーブが来るとそれに乗って立ち上がるビリー・クリスタルとブルーノ・キービー。




・観終わったらもう一度観るべき映画「波の数だけ抱きしめて」のオープニングシーン

⇒バージンロードを歩く中山美穂に××××××(ネタバラシになるので自主規制)




・気持ちの良いイントロの曲

⇒BEN FALLS FIVEの「Philosophy」 ソロになってからの「Any Wait」も、いいキモチ♪




・好きな声

⇒J-WAVE「Groove Line」ナビゲーター秀島史香のセクシーボイス♪







ホイチョイのマンガでこんな↓ネタがあったのさ。

新入社員同士がお互いお気に入りのAVを交換し、「なるほど、アイツの趣味・嗜好はこうなんだ!」と相互理解を深め、結束が強くなる…


あるよね、これ。 これにインスパイアされて自己紹介を考えてみました。みんなも自己紹介するとき使うといいよ!
  1. 2005/12/05(月) 21:39:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

12/1付 TEAM KANOランキング

ふに~、私が家元のカノウである。


「家元、また魂抜けてます。」

うん、11月はいろいろあったからね。「休日出勤6連続」みたいな感ある。最後にどどーんと超ド級の衝撃も来ちゃったし。

「でも家元は前向きですね。3/31(金)~4/2(日)コータをダダで使わせろ!なんて火事場泥棒のような発想です。」

だってさー、いいじゃんそんくらい。閉鎖するんだもん。
ちなみに超ド級の「ド」は「ドレッドノート」という名の大型戦艦のこと。船の大きさを表すのに「ド級」は「ドレッドノートくらいの大きさ」、「超ド級」はそれ以上の大きさの船という意味。「超イ級(家元を越えたトンデモナイないこと)」の発想・ドンデン返しが起きないかなーと願いつつ、無いものねだりはしないで現実を見据えた施策もしてかないとね。


「『スカッシュ出会い系』はいかにも家元らしい発想ですね。真面目なんだかエロなのかよくわからない…」

『出会い系』なんて言うとイメージ良くないから、「スカッシュコミュニティ(どっかで聞いたよーな?)」とか「スカッシュしたい人、この指止まれ!」などそれらしい名前にすると良い。

んで「教えます!」の方に掲示したり「教えてください!」にレスできるのは協会(もしくは管理人)の認可を受けた普及ボランティアに限定すれば、危険なことも起こらないはず。あっ、普及ボランティアの身に危険が及ぶことも有り得るか。まあ、多少のリスクを侵さないと出会いはなかなかみつからないしね☆


「やっぱりエロじゃないですかー!」

んもぉー、ヤダなぁ番頭さんまで。あくまでも『スカッシュの出会い』なんだからさっ♪

「怪しいもんです。」


とにかく、多くの人がスカッシュに出会えるような状況を作りたいのだよ。なお、このアイディアはKT FINALSよりも実現は容易。だから勝手にパクっちゃダメよ!パクる時は家元にラーメン二郎を奢ってからにしてね♪




「さて家元、12/1付けTEAM KANOランキングなんですけど、発表の日を遅らせた上に今日もここまで話を引っ張るってことは…」

さすが番頭さん、家元がランキングのネタ思い付いてないこと見透かしてるね。感心感心☆


「たぁー、感心してる場合じゃないです!鬼澤さんとかランクアップを楽しみにしてるんですから!田山さんも参戦を表明してるんですよ。」

あー、タヤマね。彼はいいのよ、家元のシモベみたいなモンだから。家元が優勝した'98年東北選手権、新人戦で優勝したのがタヤマ君なのだ。

「家元がスカッシュ教えたんですね☆」

いや、一度も一緒にコートに入ったことはない。「タオルを頭に巻いた、やたら球速くて威勢のいいニイちゃんがいるなー」って見てただけ。


「じゃ、ゼンゼン関係ないじゃないですかぁー!」

何をおっしゃる番頭さん。新人クラスのプレイヤーにとって一般で優勝した家元は神様も同然。ルックスも含めてタヤマの現在があるのは全て家元のおかげだと言っても過言ではあるまい。

「その超ポジティブとゆーか、ノーテンキさはさすが家元です。見習いたくても見習えないですけど。」

ふふっ、番頭さんも謙虚だねぇ☆
それはそうと番頭さん、コバヤシパパやnonoさんたちと二郎に行った翌週の日曜日、また二郎に行きその後気分が悪くなって横浜駅あたりを徘徊してたそうじゃないか♪

「ゲッ、何で知ってるんですか?!結局吐いてやっとスッキリしました。しばらく二郎には近付きたくないです(>_<)」

ヨシヨシo(^-^)vそうカンタンにクリアされる二郎でわないのだ! 家元を楽しませてくれたから、ランキングを[番頭代理]にしてア・ゲ・ル♪




「降格してるじゃないですかぁー!(:_;)」



それもまたTEAM KANOランキングである。
なお、タカノリは[師範代]から[師範]へと変更しておくが、おめでとうはまだ言わない。


次回ランキングはもう来年。年間ランキング特集号なので、期待しておくと良い。しかし、家元は実家に帰省してる可能性があるので1月1日に更新できるとは限らない。期待しつつも暖かく家元を見守ってあげる寛容さが必要である。
  1. 2005/12/04(日) 04:15:22|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカッシュ出会い系?!

「やってみたいスポーツ」アンケートでスカッシュは上位にランクインしたりする。「やったことないけど、やってみたい」という人はかなりいるのだ。この層にスカッシュを体験してもらえると愛好者が増える。


「やってみたいけど、やったことない」のは何故か? ひとつはハードの問題。これについては今更いうまでもない。あちこちで指摘されてはいるけど、具体的な解決策が提示されることは皆無。結局はお金だからだ。そうゆう家元も具体的解決策を持たないので、ハードの問題には触れない。




ソフト面はというと、「どこでできるのかわからない」 「一緒にする相手、教えてくれる人がいない」。




じゃー、スカッシュできる場所を教え、一緒にやってあげる人を紹介・斡旋してあげればいいじゃん!



とゆーわけで、「スカッシュやってみたい! けど…」って人と、「うん、一緒にやろうよ!最初から教えてあげるし、プロのコーチも紹介するよ☆」って人を繋ぐ手助けをするサイトを立ち上げる。んで、こんなカキコするわけだ♪



HN:家元
性別:男性
年齢:40代前半
住所:神奈川県
職業:会社員
ホームコート:コータコート
スカッシュ歴:22年
練習タイム:土日、平日夜

はじめまして。
一緒に楽しくスカッシュしましょう! セントラル・ティップネス・コナミ・メガロスなら法人会員として利用できます。毎週月曜日の夜コータコートで初~中級者レベルの練習会をやってるから、気軽に参加してもらえるとウレシイなっ!
食べ歩きが趣味だからアフタースカッシュもバッチリだよ☆芸能人では椎名桔平に似てると言われます。たくさんのメール、お待ちしてま~す♪

に









いや、別に下心があるわけではない。純粋にスカッシュの普及のため、自分のプライベートな時間を提供しようというボランティア精神なのだ。コラ、タキイシ、家元をそーゆー目で見るのはやめなさいっと言っておるだろうが(+_+)



真面目な話、最初に一緒にやってあげる人を紹介・斡旋するのはスカッシュ愛好者を増やすために必要なこと。内部ではそんなつもりなくても外部からは近寄り難いと思われてるスカッシュサークルの新メンバー募集や、大学スカッシュサークル立ち上げのサポートも出来るんじゃないかな☆



協会に登録したスカッシュ普及ボランティアとして紹介すれば身元も確かだから安心できるはず。
「社団法人だから、そんな出会い系サイトまがいのことに協会がかかわることは出来ん!」なんて、まさか言わないよね?! ねっ!

  1. 2005/12/03(土) 14:45:04|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KT FINALS リターンズ

「完」とか書いておきながら、まだ続いちゃいました( ̄▽ ̄;) さらに「レボリューション」なんかがあったりして。 コメントに書いたことと重複する部分あるけど、まとめの意味で。



お金の算段はしてないのだが、基本は下記だと思っている。

収入―支出(経費)=選手への賞金

赤字になったら笑いトバして逃げる。




大会期間中近所のコンビニや飲食店の売上は確実にUPするはず。ここからも協賛を得るべく活動するといったセコい発想、行動をしてみたい。エキシビションで選手関連品のオークションするとか。出品品目を事前に告知して煽るのは宣伝・広報担当の仕事なのでヨロシク(^-^)/



広報・チケット販売・ポスター/パンフレットに相当するものは「ネットのみ」と書いた。こうすると「ネット環境にない人はどうする?」という意見が必ず出る。答えは明快、「切り捨てる」。

対象にしてるのは、(残念ながら)マスではなくコアなスカッシュファンなのだ。ネットカフェに行くなどの労力を惜しむ人達まではケアしない。その必要がない。その分をコスト削減にまわす。




経費には選手の交通費(実費)、宿泊費(6千円/日くらいを上限)、食費(3千円/日程度)を計上する。もちろんリザーブ選手も含む。
試合中の怪我に対する保険は、治療費だけでなくプレイ(レッスン含む)できない期間の生活の保証も含んだものを大会経費で掛けておく。

これらは「選手をプロとして扱う」ということ。額の大小は問題ではない、「こうゆう考え方をしている」と選手や観客に理解してもらうことに意義があるのだ。

エントリー後の不参加は違約金(1万円くらい?)を支払わせる。これもプロとして扱うことのひとつ。怪我や病気の場合は…うーん、どーしよう?本人の自己管理の問題だからやはり払わせたいが、充分でない状態で試合に出られるのも困るなぁ。




本来であればかなりの高額になるはずのスタッフの人件費は、ボランティアで賄う。これは現状ではしかたない。将来はちゃんと経費に計上できるようにしたい。

ただし出来るだけ学生・ジュニアを活用する。彼らは働く代わりに無料で入場でき、交代で試合を観る。社会人は主要メンバーだけに絞り、「お金を払う側」にまわってもらう。大会当日以外は働いて欲しいけど。ムシが良すぎる?



できることならシリーズ化して各地を転戦したいけど、関東以外だと観戦者集まらないだろうか?一度くらいはトライしてみたいものだ。





というわけでこの企画、パクルのは大いに結構である。



てゆうか、是非パクって実現させてくれ☆それでスカッシュ界が活性化されるのなら本望である。「出し惜しみはしない」というTEAM KANOの理念が具現化されるのは素晴らしいことだ。





でもアイディア料としてラーメン二郎1杯くらいはおごってね♪
  1. 2005/12/02(金) 21:19:40|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ