FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

攻め、守り その③

「守り」とは相手のドロップをピックアップしたり、強打されたのをなんとかボーストで返すことなど。 とりあえずラリーを続けることを目的とするプレイ。



「球を追うんじゃない、『球筋』を追うんだ


これも以前書いたワタナベコーチの言葉。良い言葉なので何度でもパクる♪
相手にクロスの深い球打たれると、壁に(ボールに)近付き過ぎてしまい返せない-新人/フレンドでよくある光景。 これ、球筋でなく球を追ってるから。

どうしたら球でなく球筋を追えるようになるのか?

これ、たくさん練習して身体で覚えるしかない。
自転車が補助輪なしで乗れるようになる
鉄棒のさかあがりができるようになる
クロールの息継ぎができるようになる

振り返ると「何でこれが出来なかったんだろー?」と不思議なんだけど、出来ないうちは出来ないんだどーしても。 「球筋を追う」を意識しながらたくさん練習するしかない。できるだけ自分より強い人とコートに入ると早く身につく、シンドイけど。


「あっ、出来た!」

って瞬間、ウレシイ・タノシイ・ダイスキな気分になれる。そんな気分になれるチャンスを持ってるなんて、幸せなことなんだぞ。

スポンサーサイト



  1. 2005/10/31(月) 00:01:25|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

攻め、守り その②

「攻め」のポイント、以前書いたのと同じになってしまったが、これでいいのだ。新人/フレンドレベルなんて出来ることはそう多くはない。 安心して以下に専念すれば良い。



①サーブで攻める

サーブだけが唯一自由に攻めることができる。何度でも言う、「練習の時、意識して攻めのサーブをしているか?」 いい加減にサーブをしてないか? サクライユミは練習の時もサーブで攻めてるぞ。時間かけ過ぎるとこは良くないけど、サーブだけに関してはサクライは松井千夏にも負けてない。 新人/フレンドレベルでもサーブは誰でもあれくらいできる、ちゃんと意識して練習すれば。 出来ないのは意識して練習してないからなんだよ。



②自分の得意ショットを打つ
③相手の苦手なところを徹底的に攻める


自分の苦手なところを相手が攻めてきたら、それに対処することができますか?

新人/フレンドレベルでは「わかっちゃいるけど対処なんてできないよぉ~(T_T)」のはず。 だから、ミエミエでも構わない、自分の得意ショットを打ちまくり、相手の苦手なところを徹底して攻める。

「ドロップで決める」が得意ショットなら隙あらばドロップで決めにいく。「速さ・強さ」が特徴ならば、それでガンガン押しまくる。たまーに、「ドロップを活かすために」長い球も打っておく。「速さ・強さをより効果的にするために」、たまーにドロップやボーストも打っておく。そうゆうこと。

相手が自分の得意ショットを打って良い攻めをしてきたラリーは、失点しても気にしない。切り替えて次のラリーで自分の得意ショットで攻めれば良い。 新人/フレンドでは「お互いの良さを出し合う試合」をすれば良い。一般レベルになると「相手の良さを消す」なんてことも考えなくちゃいけないのだけど。



(つづく)
  1. 2005/10/30(日) 10:03:24|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

攻め、守り その①

スカッシュの話です。ホントは先週UPするつもりだったんだけど、二郎ネタに差し替えられちゃったので。


以前Bumsメンバーに渡した内容だけど、おさらいしよう。テーマはこれ↓



『攻めは頭で考える、守りは身体で覚える』



野球のピッチャー/キャッチャーはバッターを三振させるために投球の組み立て(配球)を考える。「外角低めでカウントを整え、内角高目ボール球でのけ反らせといて、最後はフォークボールで空振りさせる」といった具合に、だ。
また、「このバッターは当たるとデカイけど高目のボール球に手を出してくれるから…」や「内野ゴロを打たせてダブルプレーを取りたいから…」といったように相手や状況によって組み立てを変える。


スカッシュも一般レベルで勝つためには組み立て=配球を考える必要がある。家元の場合は「ポレードロップで決める」が得意ショットなので、決めのボレードロップが打てるように組み立てを考える。ストレート/クロスのコース・速さで押し、相手にチャンスボールを出させてボレーで決める、そうゆう展開になるよう組み立てるのだ。
また、「今はガマンしてつないでいけば相手が自滅してくれる」や「ここは多少のリスクは覚悟してでも攻めにいくべきだ」などもゲーム中にも考え、臨機応変にプレーしている(つもり)。


タカノリがスカッシュ始めたのは01年1月(高3)。翌02年4月初、ランキング戦というマイナーな大会で家元が対戦したタカノリは楽な相手だった。特にゲームプランを考える必要のない、つまり『何もしなくても』勝てる試合だった。ところがGW後半になると、1ゲーム取られるようになった。「あれれ、何でだ?」と思ってたら5月末からは勝ったり負けたりになり、7月になると歯が立たなくなってしまった。若いコって伸びるの早いのね(゜▽゜)

「勝ったり負けたり」の時期に家元が立てたゲームプランは「タカノリをカッカさせる」。ヘンなところからドロップ打ったり、ドロップ打ったらわざと邪魔な位置にいたり…。これに家元のラッキーショットやタカノリのミスが加わると、頭に血が上って更にガッシャーン!自滅してくれる。タカノリを自滅させるようなことをあれこれ考えてプレーしてた。 まっ、こうゆう小手先のゴマカシが通用しないレベルにすぐ行っちゃったんだけど。

この年の九州オープン(5月24~25日)の2日目、タカノリは「予選決勝でカタオカに負け→ラッキールーザーを引き当てる→本選一回戦でカタオカに勝ち→二回戦でアサノさん(加トちゃん)に勝ち(Best8入り)→翌日の準々決勝でアキラに負け」を記録している。 ちなみにアサノさんの本選一回戦の相手は家元でファイナル9-7。家元のおかげでタカノリがベスト8に入れたのは明白だ。




話を戻そう。
攻めは頭で考える。いつ攻める、どこをどう攻める、などを意識してプレーする。攻めに関しては『何となく』ではいけない。とはいえ、新人/フレンドレベルではなかなか「組み立てを考える」のは難しい。なので以下を実践しよう。

①サーブで攻める

②自分の得意なショットを打つ

③相手の苦手なところを突く



以前書いたことと同じになっちゃった(^^ゞ
続きは明日
  1. 2005/10/29(土) 09:04:58|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観た?

昨日の「博士と助手・細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権 Episode 6」!

最後の「アタック25最終問題で状況をまとめるがだんだん投げやりになる児玉清」

ヨイッ!

次長課長河本の「水木しげるの漫画に出てくる真面目なサラリーマン」以来のストライク!

来週も続くんだよぉ~♪ 河本はジャッキー・チェンネタ以外の、やって欲すぃなぁ☆
  1. 2005/10/28(金) 07:30:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンジージャンプ~TEAM KANO三回戦 その④

TV番組「Qさま」の「いきなりチキンレース」をご存じだろうか? 10mの高飛込み台にお笑い芸人を連れていき、飛び込むまでのタイムを競うアレだ。

この企画、マジに早さを競っているわけではない。芸人がビビってオロオロする姿を見て楽しもうという趣向である。ビビり度合いが大きく、時間がかかればかかる程「何だよ、情けねぇなあ~(笑)」と楽しめるのだ。「苦手なジェットコースターに仕事だからと無理矢理乗せられてワーキャー叫び鼻水を垂らす女子アナ」も同様。

喜々として飛び込んだり、ジェットコースターを楽しんでたら番組プロデューサーやディレクターはどう思う?




「こいつ、次はないな」





熱湯風呂に頭から落ち、悶絶するのがリアクション芸人の真骨頂。熱湯に落ちる機会を与えてくれたプロデューサー・ディレクターに「オイシイ場面をありがとう!」と感謝し、力一杯苦しんでみせるべきなのだ。



それなのにコイツらときたらどーた?

nono:「大ダブルニラキムチ味つけ玉子ヤサイマシマシニンニク」をスープまで完飲


この男はいろんな意味で規格外なのでまあ良いとしても、

コマツ(ひ):「ヤサイマシマシにすれば良かったわね☆」


ハァ?


タキイシ:「ライスくださーい!って言いそうになりました♪」


キミはスープ完飲したのでわ…


イケダ:「汁なし、黒胡椒が効いててサイコーでした!」


番頭さんまで…




キミ達、二郎に単独初挑戦したときのタカハシ&キタザワを思い出せっ!


並ぶこと1時間。期待を胸に勝負したのですが…
昌子は完食できず。自分もヘルプに回ったのですが、麺を食べるだけで精一杯。
二人ともどよぉ~ん(Θ_Θ)として、今帰ってます。




家元が欲しかったのは、こーゆーコメントなのだよ。これでこそバンジージャンプの意義があろうというもの。迷える子羊ちゃん、やんちゃな子猫ちゃんだからカワイイの。それなのに、あぁそれなのに…



この日22:15、タキイシからはこんなメールが

今日は「小・ニンニク少し野菜」
感想:スープも完飲。
番頭さん、お局様とジェラートをいただいて、今おうちで焼き鳥を食べてます
次回は野菜増し増しにしてご飯があれば完璧。ご飯はないようなので大ラーメン・野菜で





>感想:スープも完飲。

それが感想かよっ!と悔し紛れに挙げ足取りなツッコミをしたいところだか、それが狙いかもしれないので控えておく。




TEAM KANO三回戦、今回は家元の完敗だ。家元もスープ完飲したけど。




オマイラ、そして二郎横浜関内店、










 GJ!


       /j^i
      ./  ;!
     /  /__,,..
    /  `(_t_,__〕
    /    '(_t_,__〕  GoodJob!!!
   /    {_i_,__〕
  /    ノ  {_i__〉
/      _,..-'"
      /





バンジージャンプ~TEAM KANO三回戦 完
  1. 2005/10/27(木) 21:37:12|
  2. 戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンジージャンプ~TEAM KANO三回戦 その③

サクライ2



5人でパターン練習、3/4、ゲームなどをこなし、コバヤシパパの球出しを冷やかしてたら、「ぼくも二郎行こうかな?」とパパ。





パパレッスン



コータに練習に来てた[お局様]コマツ(ひ)も飛び入り参戦を表明、総勢9名(男:4、女:5)で二郎に向かうことになった。 これもひとえに二郎 nono氏の魅力であろう。二郎 nono氏、恐るべし!


家元の計算では「16:30コータ出発→道混んでるだろうから17:20頃二郎横浜関内店着=1stまたは2ndロットで食べる」だった。何やかんやで出発は16:45に。
バイクのサクライが17:15に到着、まだ誰も並んでなかった。少し遅れて横浜新道ルートを取ったコバヤシパパが続く。ここから列が出来始め、家元が到着した17:35にはすでに13人が並んでいた。

二郎



並んでる時間を利用して食券の買い方、コールのしかたなどを家元からレクチャーされたメンバー達、「えー、『女性盛り』? 減らさるなんてヤダー(+_+)大にしちゃおうかな?」などと命知らずな発言をノーテンキにブチかますメンバーを横目に独り静かに闘志を燃やす男がいた。

食券


この男、フィギュア8の連続記録380回(ボレー)でマツモト・ジュンの288回を抜き、先日のYOKOHAMA OPENでは全選手からサインをもらい、JSAが発行している機関紙は1号と3号以外は全て収集しているというバカなのか尊敬すべきかよくわからない人物である。1号か3号をお持ちで「差し上げてもいいよ」という方、持ってそうな人を知っている方、是非彼にコンタクトされたい。お礼にケロロ軍曹かマチルダさんのフィギュアを用意してるのではないかと家元は推測する。責任は持たん。

買う



今回はタカノリがクリアした「大ダブルヤサイニンニク」にターゲットをロック・オン!したようだ。彼が買った食券は大ダブル、ニラキムチ、味付き玉子。そしてコールはヤサイマシマシ、ニンニク。。。 クリアすればタカノリに対しニラキムチ・味付き玉子・ヤサイマシのアドバンテージを得ることになる。

「ファーストゲーム、ラブオール!」

大ダブル



1、2ゲームは快調に飛ばしてnonoがゲット。やはり横浜関内は旨いのだ、順調に箸が進む。しかし3ゲーム目、味付き玉子を食べたあたりから明らかにペースが落ちてきた。nonoは闘いの後で「最初はウマくて絶好調だったんですが、3ゲーム目から食べるという『作業』に飽きてきました」と自己分析している。3、4ゲーム目は二郎が奪い返しファイナルに突入した。



ここで最初に食べ始めたコバヤシパバがフィニッシュ!サクライもこれに続く。表情には余裕すら伺われる。家元の胸に違和感が芽生え始める。 そしてパパ・サクライと同一ロットのミヤザキ、イマハシ、タキイシ、コマツ(ひ)といった「小ちょっとニンニクヤサイ」組が次々とフィニッシュ! やはり何かがおかしい。タキイシはスープも完飲だ。こんなはずでは…?



タカノリに張り合おうとした無謀なこの男なら…




何と!トウガラシの逐次投入で味に変化をつけるという作戦が的中し、ファイナルゲームはnonoがリードしてるではないかっ!

「8-6 マッチボール!」

まさか





まっ、まさかこれはっ?!

そんな



(つづく)

  1. 2005/10/26(水) 23:31:34|
  2. 戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バンジージャンプ TEAM KANO三回戦 その②

そう、TEAM KANOであるためには受けていなければならない洗礼、それがラーメン二郎だ。 しかし、ここで二郎に行ってしまうと“B級グルメフードファイト団体”とのイメージが更に強調されてしまう。それはマズイ、何としても避けなければならない…





「でも家元、他の二郎でグルエースにヤラレてスープ完飲できなかったから、横浜関内でもそうなのか試してみたいんでしょ?」

あれ、番頭さんだ。22日夜は都合悪いんじゃなかったっけ???」

「二郎だからってわけじゃないですけど、TEAM KANO企画参戦OKになりました♪」

ホントに? そっかあ、じゃあ仕方ない。汁なし未体験の番頭さんのためにも、二郎にするかぁー!


「サクライさんには連絡しました? 噂によると参戦意欲マンマンだとか☆」


あっ、いけね。 忘れてた。 サクライはと…


うーむ、風邪引いたらしく“「大奥」に出演してる時の小池栄子”みたいな顔してるゾ。 それでも練習会&二郎参加する?


「するするー! ってか、オレを忘れんなっつーの!」








「イエモトォー! ワタシも二郎体験してないですー!」


あれっつ?[デッドボール・シラタキ]ことタキイシ、やはり22日夜は都合悪かったんじゃあ…?

「バンジージャンプと聞いて飛ばないワケにはイカンです。」


二郎というだけでこのノリの良さはどーゆーこと? やはりTEAM KANOは…









「B級グルメフードファイト団体ですっ!!!」



それは意地でも認めない。 けど三回戦は二郎横浜関内店にケテーイ! そうと決まればチャッチャと練習会済ませちまおうゼ!

センター



とゆーわけで練習会は家元、nono、ミヤザキ、イマハシ、サクライで始まった。 オープニングは家元 vs nonoから。 某日記風にお伝えしてみよう。


今日はコータコートにO森さんが来てたので相手してもらいましたぁ。O森さんはスカッシュの掲示板を運営するなどして『その道』では有名な人なんですよー☆はるばる千葉から来てたんです(笑)

最初はオールコートで打ったんですが、この人球速いです!! それに前の落とし合いとかも上手い!さすが一般レベルに出てる人です☆ そこでゲームすることにしましたぁ。1ゲーム目は7-2でリードしたんですけどぼくのミスが続いて8-8、そこからO森さんがミスして10-8で勝っちゃいました(笑)

少し休憩を挟んで更に3ゲームしたんですが、ぼくの3-0でした。O森さん、またコータ来てくださいね☆いつでも続きOKですよ(笑)





どんなもんでしょ? 似てる? ここの「ぼく」は家元のことなんですよ(笑)←ウザイ!

nono




(つづく)
  1. 2005/10/25(火) 21:30:29|
  2. 戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バンジージャンプ ~TEAM KANO三回戦 その①

「TEAM KANO三回戦はフレンチ、イタリアンなどでハニカミデート!」



家元が高らかに宣言してからかれこれ2ヵ月が経過した10月22日(土)の夕刻、4台の車と1台のバイクに分乗してコータコートを出発した我々が向かったのは二郎横浜関内店だった。 「TEAM KANOはB級グルメフードファイト団体ではない! それも好きだけど、ソフィスティケートされた食の世界も極める、そしてデートの鉄人となる☆」はずだったのに何故二郎に向かっているのか?






話は二週間前に遡る。
ホームコートのセントラルポートタワーがアスベスト検査のため閉鎖になりスカッシュ難民生活を強いられた“スカッシュ界の四次元ポケット”ことnono氏に、救済の手を差し延べたのは家元だ。 YOKOHAMA OPEN、マスターズカーニバルと週末の横浜度が高まっていたnono氏、意外にもコータコートは試合だけで練習はしたことがないと言うではないか。 「魔物が潜む」と噂されるセンターコートがキミを呼んでいる、練習会の日程は10/22(土)と決まった。


「じゃあ今度飲みに行きましょうよ!(^-^)/」
「ええ、ぜひともご一緒させてください!p(^^)q」

ていうこの会話、ハァ?
実態は以下の通りなのだ

「オマエとなんか飲みに行きたくねぇんだよっ!(-_-メ)」
「オウ、オマエと一緒なんて願いさげだぁ!o(><)o」


本音を隠して嘘をついているわけではない。ただ、「また今度」という約束、実現されることが非常に少ないという現実に於いて、上の会話をしてるのと同じことなのだ。

だから本気でこの人と飲みに行きたい、一緒にスカッシュがしたいと思うなら、多少強引にでも日程を決めてしまいなさい。その予定は早ければ早い程良い。 「今度ウチのクラブにも来てください」は「来なくていいよ」と同じ。 誘うなら、本気で誘う気があるのなら、「ウチのクラブに来てください、○月○日はいかがですか?」と具体的日程の提案までするべきなのだ。



てな考えの下に決定したこの企画 and 日程、アフタースカッシュはTEAM KANO三回戦「ドキドキデート、フォー!」しか有り得ない。
ノリの良さでは誰にも負けない家元が企画と日程を決め、TEAM KANOメンバーに召集をかければ、同じくノリの良い子羊ちゃんはたちどころに集まる、タカノリは韓国行きを断念し、シンタもキューバから緊急帰国する… はずだった。。。





なのにWHY?


「22日は都合悪いです」
「練習会は参加しますけど、早く帰ります」







3日前の時点で参戦が確定したのは家元、nono、ミヤザキ、イマハシの4名。家元以外は初参加だ。 家元以外はすべて初参加???


(ここは「世界の車窓から」の石丸謙二郎の声でお読みください)

バンジージャンプは元々バヌアツ共和国で行われていた『大人になるための通過儀礼』。ある年齢に達した男は勇者であることを示すために細い木のつるで出来たロープを足首に巻き付け、高い樹から飛び降りてみせる。これを経験しないと大人とは認められない。今年もまたパンジージャンプの季節がやってきた…






パンジージャンプ=通過儀礼…




TEAM KANOのバンジージャンプといえば…










ラーメン二郎!




(つづく)


注)最近のログ、その①~と続きものが多い。これは“出し惜しみ”をしているわけではない。家元がこれを書くのは主に通勤の電車内なので、書ける量はこのくらいが限界なのだ。ネタはいくらでもある、足りないのは時間なのよ。だからコバヤシパパ、仕事中には書いてませんてば!

  1. 2005/10/24(月) 20:01:37|
  2. 戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「二郎について家元が知っている2、3のこと」 その③

④食べる


カウンター上段に自分の二郎が置かれたら、こぼさないよう注意して闘いの場に降ろす。闘いが始まったらおしゃべりなどしないで食べることに集中しよう。

某カリスマラーメン店主の店のように「私語を謹め!オレのラーメンに集中しろっ!」と怒鳴り付けられるようなことはない。現在これだけの勢力を持つに至った二郎、実際三田本店店主のことを『総帥』や『カリスマ』と呼ぶ者はいる。しかしあのオヤジ、「オレがカリスマだってよ、イーヒッヒッヒッ!」と喜んでんだか否定してんだかわからない下品な笑いを発するに違いない。 そーゆーオヤジの店から増殖していった二郎だから、『ラーメン道』といった雰囲気からは掛け離れている。 おしゃべりしてはいけないのは、早く片付けないと食べるのがキツくなるからだ。

何故そんなキツくなるようなものをわざわざ行く食べに行くのか? 冒険家ヒラリー卿は言う、「そこに二郎があるからだ」と。


食べ終わったら丼とコップをカウンター上段に上げ、ふきんで自分の戦場をきれいに拭き「ごちそうさま!」と元気に言い店をでよう。まだ食べ終わっていない戦友は戦場に置き去りにするのが二郎のマナーである。
食券販売機導入前の三田ではカウンター上段に前の客が置いていったお金がそのまま残されていた。自分の代金をそこに加え、お釣りが必要な場合は自分で計算し、そこからもらっていた。 客を信用してた、という面は確かにあるが、「計算するのが面倒臭いから」説を家元は支持する。 店内は当然禁煙だがこれも灰皿を用意・片付けるのが面倒臭いからだと推測される。



⑤味


「あの店の近くには二度と近寄りたくない」か、「二郎無しでは生きられない中毒症状」に陥るかのどちらか、それが二郎の味だと言われる。万人向けではない。「中毒症状の原因はカネシ醤油」との研究報告がある。グルエース(化学調味料)もどっちゃり入っている。 「二郎はウマイ!」と薦めると「あのお方、味覚障害ざぁーましょ?!」との烙印を押される危険性がある。「一度話のネタに行ったみたら?」と薦めるのが平穏な社会生活を営み続けるコツである。

以前も紹介したが、完食できなかった[町娘。]キタザワの言葉で最後は締めよう。


「二郎食べた日は半年くらい近寄りたくなかったんですけど、次の日になったらまた食べたくなってきちゃいました♪」

タカハシ&キタザワ






こんな二郎なのである、これを読んでるアナタ、










ニンニク入れますか?



20051023220551.jpg

↑大ダブル味付け玉子ニラキムチヤサイマシマシニンニク
 これを注文したのは…?
  1. 2005/10/23(日) 19:57:48|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「二郎について家元が知っている2、3のこと」 その②

ここからは以前触れた点がいくつかあるので、できるだけ簡潔に。 特に表記のない場合は横浜関内店のことと理解されたい。


③価格・量・発注方法

食券販売機にあるのは以下のボタン。

小ラーメン:600円、小豚:700円、小豚ダブル:800円
大ラーメン:650円、大豚:750円、大豚ダブル:850円
味つけ玉子:80円、ニラキムチ:80円、汁なし:80円

店内入り口右手の券売機で上2段の中からひとつ選び、下1段からトッピングを選ぶ(無し、複数も可)。
一般的お店におけるラーメン1杯の麺重量は130g前後。二郎の「小」は300~350g、「大」で500~600gとされる。 汁なしを選択すると自動的に卵黄(生)とフライドオニオンがトッピングされる。 デフォで豚2枚、「豚」5枚、豚ダブルで8枚。「チャーシュー」ではなく、まさに「豚」と呼ぶにふさわしい肉の塊である。

某所では「大ダブル全部マシ」とか「男盛り(漢盛り)」などと騒がれているが、よく考えてみたまえ、あのタカノリが大ダブルヤサイニンニクを「強敵でした(@_@)」と評しているのだ。食べ物に対するリスペクトを忘れてはいけない。神聖な闘いの場にふざけた気持ちで臨むと痛烈なしっぺ返しをくらう。いくつかの有名ジログを閉鎖に追い込んだ「マルジ、フォー事件」はジロリアンの記憶に新しい。大食いに自信がある者を除き、初めて二郎に挑む者は「小」または「小豚」を選択すべき。 ニラキムチは味にアクセントを付けてくれるので、食べ進める手助けとなる。これは初心者にもお勧めのトッピングだ。


席が空いたら冷水機からコップに水を注ぎ、自分の席の前のカウンターに置く。
このとき「麺硬め」、「麺少なめ」、「麺マシ」など麺に関するリクエストをコール(お店の人に伝えること)する。



心を落ち着けて静かに待つ。麺が茹で上がり丼に準備が整うと、お店の方から声がかかる


「はい、(そこの)小豚の方、ニンニク入れますか?」




ここで発注のヤマ場、無料トッピングのコールだ



「ちょっとニンニク、ヤサイ」



「カラメ」はカネシ醤油を1杯追加、「カラカラ」で2杯追加だ。「アブラ」は背脂追加、「アブラマシマシ」で倍追加。「ニンニクマシマシ」、「ヤサイマシマシ」も同様だ。 「全部マシ」だと「ニンニクヤサイカラメアブラ」となる。 初心者には「ちょっとニンニク、ヤサイ」をお勧めする。


(さらにつづく)
  1. 2005/10/22(土) 09:04:42|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

緊急特番!  「二郎について家元が知っている2、3のこと」 その①

某所でラーメン二郎の話題がマニアックな盛り上がりを提している。これを受け本日から急遽予定を変更し緊急特番「二郎について家元が知っている2、3のこと」をお届けする。尚、本日配信予定だったスカッシュ講座「攻めは頭で考え、守りは身体で覚える」は日を改めて配信するので、楽しみにしていた読者は心待ちにすると良い。




はじめに

「二郎はラーメンに非ず、二郎という食べ物なり」

ラーメン界ではそれなりに知られた格言である。ラーメンという尺度では計ることのできないラーメン、それが二郎なのだ。



①歴史

「二郎のオヤジ」ことラーメン二郎三田本店の店主、山田拓美さんがお店を始めたのは1970年代。当時あった「ラーメン太郎」というインスタントラーメンにあやかって店名を「ラーメン次郎」とした。
看板を発注したところ業者が間違えて「二郎」にしてしまった。色もあんなドギツイ黄色にするつもりはなかった…  とオヤジは語っているのだが、家元の推測では原因は「オヤジがいいかげんな発注をした」せい。そーゆーオヤジなのである。二郎を語る上で欠かせない要素である「ブレ」は全店中三田本店が最も大きいという研究報告がある。ブレは二郎の特徴というよりも、三田のオヤジの特徴とすべきだと家元は考察する。 オヤジの言うことが正しければ、業者が間違えた「二郎」という店名を「まっ、いっか」とそのまま使用しているのだ。 二郎を楽しむ上でこの「まっ、いっか」はとても重要な精神である。ジロリアンになりたければ、ゼヒ身に付けておくことをオススメする。


家元が三田に通い出した(「二郎に」ではない。あくまでも「学校に」である)1984年当時、デフォルトの価格は230円だった(卒業時は250円)。一般的なラーメンは450~500円くらいだったと記憶している。店内にはこんな貼り紙があった

「ただのラーメン 230円」
「大ラーメン 260円」
「豚入りラーメン 280円」
「玉子入りラーメン 250円」

大は+30円、豚は+50円だったことが伺われる。当時は玉子が三田本店のトッピングメニューにあった。デフォルトが「ただラー」とコールされていたのはこの貼り紙のため。食券が普及した現在では消滅したこの「ただラー」コールを懐かしむオールドファンも多い。


※上記の価格等は家元の記憶によるものである。正しい情報をお持ちの方いらっしゃったらメールでこっそり「違ってますよ」と教えてくれてもいいじゃないか!



②支店

都内を中心に現在では25店ほどある二郎、これらはチェーン店ではなく暖簾分けである。二郎で助手として働いていた人が独立して店主となっている。だから「支店」とは呼べないくらい各店に特徴がある。 つけ麺、汁なし、ふりふりカレー、鰹節などメニュー/トッピングのバリエーションや量、価格、味なども店によって違いがある。

吉祥寺の「生郎」、赤羽の「マルジ」など元二郎だったが後に店名を変えた例がある。世田谷の「陸」のように上野毛店の暖簾分けでありながら最初から二郎を名乗らない店もある。このあたりは“大人の事情”によるらしい。家元もよくわからない。
「二郎 吉祥寺店」が「生郎」になったのは誰かが悪戯で看板の「二」に横線を一本加え「三郎」とし、その後縦線とチョンを加えて「生郎」となったとする説、いや、最初に縦線を加えて「土郎」にしたのが正しい、いやいや最初は「工郎」だ! など諸説がある。都市伝説のひとつとして楽しむと良い。

目黒店は「めぐ二郎」、武蔵小杉店は「武蔵小二郎」と略される。 相模大野店は店主が元力士だったこともあり「相撲二郎」、あるいは「スモ二郎」と呼ばれる。呼び方も諸説あり、これらだけではない。略し方・呼び方で遊ぶのも二郎の楽しみ方のひとつである。

某所でじんさんが勧めていた「めじろ台法政大学前店」、「八王子野猿街道店」、「新小金井街道店」はヤサイトッピングをコールすると店主が悪ノリしてこれでもかっ!と積み上げるので、まとめて「多摩バカ盛り三兄弟」と呼ばれ尊敬されている

 ↓めじろ台法政大学前店の「小ダブル全部マシヤサイマシマシ」
ヤサイマシマシ



「ぽっぽ屋」、「梵天」など二郎の暖簾分けでないが二郎っぽいラーメンを出す店がある。これらをまとめて「二郎インスパイア系」と名付けたのはall aboutのラーメンガイド大崎裕司さんである。
http://allabout.co.jp/gourmet/ramen/
http://ramenlove.livedoor.biz/

目黒店から100m程中目黒方向に向かったところにある「あいうえお」という塩ラーメン専門店は、目黒店が定休の水曜日のみ「三郎ラーメン」という二郎っぽい塩ラーメンを出すことがある。裏メニューなのでいつもあるとは限らない。二郎に対するリスペクトで作ったラーメンらしい。「四郎ラーメン」、「一郎ラーメン」などを試作しているとの情報もある。家元は未体験。


(つづく)

  1. 2005/10/21(金) 12:05:14|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

どーしても続く

「はぁー、喰った喰ったぁ♪」







ばっ番頭はん、いつの間に二郎の大ダブルを…?!


「しばらく休憩するから、テキトーに進めといてくれぃ!」

はい。

「(-_-)zzz」




番頭さんが寝落ちしたのでここからは家元ひとりで進めよう。

「未来予想Ⅱ」は書き始めから終わりまで10日ぐらいかかった。といってもずっと書いてたわけではなく、デジカメのことなどを書きながら少しずつ書いていた。「普段の自分のキャラじゃないから」に加え、いろいろ設定を考えながらだったからなかなか進まなくて苦労したですよ。途中阪神タイガースの話題が浮上してきたので加えた。

舞台を2016年としたのは、来年からいろいろな改革がスタートして10年後ということで。成果が実るのには10年を要すると考えている。 東京オリンピックの話を入れたのは「たまたま」。 この年じゃん!って気付いて後から加えた。


登場する選手は「ベテランvs若手」の構図にしたかった。ユウタの28才はベテランと呼ぶには若すぎるんだけど、若手が目標とする選手ということで。 リョウセイやリュウノスケが身長185cmに!なんて想像するといかにも時代が変わった感じがするでしょ。

でも書き出すと「シンノスケはどうなの? ジュンやタカノリはもう引退か?? 女子はどうなってるんだ???」と真面目に考えれば考える程進まなくなるんよ、これが。だからツッコミどころは満載でしょうが、そこはご容赦願いたく。
コバヤシパパの構想によれば「リョウセイが20才で全日本獲ってるようじゃあ遅い! ただし日本チャンプと世界の差が急激に縮まっているのなら、それもある」とのこと。 つまり「ベンヒーvsアズラン、ゴーサル、アミール・カーン=ユウタvsリョウセイ、リュウノスケ」 世界ランキングもそのくらいになるってことですな。

これですよ、これ! 家元が書きたかったのはこうゆうことなんです!(←かなりアヤシイ) とにかく、こうした輝かしい未来を楽観的に想像し、悲観的に計画を立て、楽天的に実行していこうではないか、マイフレンド。








「家元ぉー、ただいまっ!」



あれ? 番頭さんたち???

「二人でオーストラリア旅行してたんですよ。ハイ、お土産♪」

おっ、ありがと。 するってぇと、ここで寝てるのは…?



「チッ、バレちゃあしょうがねぇ」






バリバリ(特殊マスクを剥がす音)





あー、シンタ!


どーりでここ数日番頭さんみょーにマッチョだわ、「彼らの神」読んでるわ、二郎の大ダブル食べるわでヘンだと思ってたんだ。よく考えれば「餃子食べに行った日にヤスは世界選手権不参加を知らされた」なんて番頭さんには話してなかったもん。


「フッ、一度番頭さんやってみたかったのさっ♪ でわ、さらばじゃ!全日本でまた会おう! バイバイキーン☆」




うーむ、ここまで引っ張ってきたこのネタがこんな終わり方するとは誰が想像しただろう…


「こうゆうのもTEAM KANOらしくて良いです☆ さあ、たまにはスカッシュもしましょう!」


は~い。




      「未来予想図Ⅱ」完
  1. 2005/10/20(木) 12:25:56|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらに続く

「あの小説は2016年の全日本が舞台です。11年後の日本のスカッシュは本当にあんなふうになりそうですか?」

タイトルは「未来予想図Ⅱ」なんだけど、正しくは「未来理想図」だね。だから家元はあんなにカッコイイ(笑)
今、アジアのスカッシュをリードしてるのはマレーシア。今年のブリティッシュオープンはニコル・デービッドが優勝したね! 家元が現役(学生)だった18年前のマレーシアは日本よりも弱かった。10~15年前は家元ほとんどスカッシュしてない時期だからよく知らないけど、たぶんそのころから強化を始めたんだと思う。

『マレーシアにできたことが、日本にできないわけがないっ!』って家元普段から言ってます。」


少なくとも日本が世界で勝てない理由を体格や伝統の無さに求めることができないのはマレーシアの成功が証明してる。 国からの援助などが違うんだろうけど、それは経済大国である日本にとって工夫次第で克服できる違いのはず。

国や体協、大手スポンサーに対する活動(支援要請)は社団法人である日本スカッシュ協会に頑張ってもらうとして、経済大国日本の一員として自分達にもできることはあるだろうと思ってるんだ。

「でもみんながみんな、代表のためにお金を出してもいいと考えてるわけじゃないですよ。」

「自分が楽しくスカッシュできればいい。代表が勝とうが負けようが自分には関係ない」という考えはあってもいい。それもスカッシュの楽しみ方の一つ。でもそう考えるのなら代表の成績には無関心でいるべきだ。こうゆう人はスカッシュに限らず、オリンピックでの日本のメダル数やジャイアンツやタイガースの勝ち負けにも一喜一憂しない人なのだろう。

「『彼らの神』で金子達仁がそんなこと書いてました。」

そーです、パクリですよーだ!
協会が世界選手権に代表を派遣しないことを決めても別に何とも思わない、それがどのような経緯、考え、状況下でなされた決断なのかに関心を持たない人は、代表のためにお金を出さなくても良いと思う。
家元はこのニュースを聞いたときは『情けない』と感じた。協会が、ではない。 『強くなろうとこんなに努力してる選手がいるのに、世界選手権に出させてやれなかった日本人の一人として』自分が情けなかったし、悔しかった。この決断をした協会の人たちも同じ気持ちだったろう。

「家元、シンタさんと餃子食べに行った日、イシワタさんはこのことを知らされたんでした。」

そう、だから余計悔しさが刻み込まれちゃって。 とはいえ何百万、何千万をポンと出す…って力は家元にはない。自分に出来るのは5千円/月=6万円/年出すくらいかなーと思って。そして「お金を出したことに対して(主に精神的な)満足感が得られる策」を付けて提唱し、共感してくれる人を何とか30人集めたいなと。

「でもまずは『自分にできることをする』、でいいんですよね?」

うん。 コンビニはファミリーマートを愛用する、ケーキじゃなくてクレープハウスユニのクレープを食べる、家は相鉄不動産で買う…











「ラーメン食べるなら二郎の大ダブル!♪」





ばっ、番頭はん…?!



(どーしても続く)
  1. 2005/10/19(水) 12:01:26|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

まだまだ続く

イテテ…




えーとですね、「モデルは誰」という具体的イメージは提示したくないのだよ。
文字という記号で表現された文章(デジタル的記録)は、絵や写真(アナログ的記録)を見せて「ほら、こんな感じの人です」と伝えるのに比べ、作者の表現方法の自由度が大きいんだ。また受け手側がその文章からどんな人物をイメージするかの範囲も拡がりやすい。

「デジカメのやプリンターの画像エンジン性能やセンスが大事」と言ったのはこうゆうこと。絵の場合、表現者とそれを見て複製を作る人が同じ絵の具を使えばほぼ同じ色が再現できるのに対し、文章だと「初恋のように淡く甘いイエロー」のように表現方法やそこからイメージされる色の範囲が広いんだ。記録された文字情報の伝達は劣化させることなくできるんだけど。
だから「あの女性のモデルは番頭さん」と限定するよりも、受け手それぞれのイメージに任せる方がいいと思ったわけ。


「はいはい、わかりましたよーだ。どーせ私達はザ・リッツ・カールトンのクラブフロアに勤務してるよーな感じじゃないですから。」


でもリッツ大阪のクラブフロア、女性スタッフは和服だから体型ゴマカシやすいし…


「1年くらい前から和服じゃなくなりました!」


あっ、そうなんだ。家元のイメージではアイス「和ごころ」のCMの木村多江(京都弁萌ェ~♪)だったけど、「プライド」で滝沢沙織が演じたアイスホッケー部のマネージャー(スーツ姿萌ェ~♪)に変更しとこっと♪

多江

滝澤




「具体的イメージ言ってるじゃないですかー! しかも写真入りでっ!!」


かるくヤバイ?


「もういいです! ところで家元、バレーパーキングって何ですか?」


ホテルなどのエントランスに車を停めて降車すると、係の人が車を駐車場まで運んでくれるサービスだよ。チェックアウト時もフロントから連絡が入ってエントランスまで車を移動させといてくれる。ホテルの駐車場って地下でコンクリートムキ出しだったりするから誘拐されちゃいそうな雰囲気あるでしょ(笑)せっかくのホテル気分を害さないためにも利用したいサービスだね。フォーシーズンズ椿山荘では有料(1000円?)だけどディズニーシーのミラコスタは無料らしい。フォーシーズンズ椿山荘は駐車場代が無料(宿泊者)だから結局同じくらいになるはず。

フォーシーズンズ椿山荘といえば、今年クラブフロアを廃止しちゃった。クラブラウンジは小ぢんまりしてるから雰囲気はかなり客層に依存しちゃうんだけど、アフタヌーンティーがいただけるのが良かったのに。収支が合わなかったのかな? ザ・ストリングスホテルはクラブフロアあるけどクラブラウンジはなくて、冷蔵庫の飲み物がフリーになってる。ザ・リッツ・カールトン東京はクラブフロア作るのかしらん? インターコンチネンタル東京ベイはクラブフロア存続させて欲しいと切に願うぞ。ウェスティン東京は今年エグゼクティブフロアとして拡充したから行ってみたいな☆


「オーナーズクラブのステイタス感を出すための小道具なんですね。 ラストの『ハビネスなんて…』は山際淳司さんの…」


そう、「スローカーブをもう一球」に納められてる「ジムナジウムのスーパーマン」から。
山際淳司はスカッシュを取り上げた恋愛小説も書いてるんだよ。「湾岸ホテル」という短編集の中の「ダブルイエロー」がそれ。主人公(男性)はオーストラリアのリゾートホテルで初体験したスカッシュにハマり、日本に帰ってからも続ける。スポーツクラブで知り合った女性にスカッシュを教えるうちに… てなストーリー。恋愛小説としてはハッキリ言ってイマイチ。読者は登場人物に恋する、それが恋愛小説だからね。美人だ、ナイスバディだとは書かないで、いかに魅力的にみせるかが恋愛小説のカギなんだ、男性にとっては。

やはり山際淳司はノンフィクション作家、スカッシュシーンの描写はさすが。最後の一文は天国の山際さんに捧げるオマージュだよ。


「家元得意のパクリですね☆」









パクリ言うなー!




(さらに続く)
湾岸ホテル

  1. 2005/10/18(火) 12:03:33|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かるく?

(昨日の続き)


♪ぱっぱ、ぱぱらぱ、ぱっぱっぱ、ぱぱらぱ♪






かるくヤバイ?












「軽くじゃないー!(怒)」







ドカッ!バキッ! ぐはっ









(パンパン)

「も一回だけ聞きますよ。オーナーズラウンジコンシェルジュのモデルって、だ・れ・で・す・か?」







そ、それは…






♪ぱっぱ、ぱぱらぱ、ぱっぱっぱ、ぱぱら… ♪
  1. 2005/10/17(月) 12:01:43|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふぅ、

あー、疲れた(;@_@)ノ


普段書き慣れない文章は書くもんじゃないねぇ。 いつも書いてるログの5倍くらい時間が掛かったよぉ(*_*) 普段の自分にないキャラを作るのってあんなにシンドイものだったとは…へ(×_×;)へ

「昨日のブログ、全部家元のフィクションなんですか?」

一部ホントのこともあったりするんだよ、いつものよーに。
防衛庁跡地に建設中の東京ミッドタウンは2007年開業。ホテルのザ・リッツ・カールトンや新サントリー美術館が入り、家元の勤務先もそこに移転するんだ、メインビルじゃないけど。六本木ヒルズがもういっこできるみたいな感じだね。昨日のだと家元は経営者みたいな印象だけど、ただの従業員です(笑)そのへんはフィクションてことでf^_^;


「阪神タイガースの件はどうなんですか? 家元が書いたようになるんですかね?」

“多くのタイガースファンがタイガースの株主になる”というのは正しい方向だと思う。 ただしホリエモンが言ってた「どこの馬の骨ともわからない奴に株主になって欲しくないのなら、上場などすべきではない」というのはまさにその通り。上場するとその危険性はある。でもタイガースはあれだけ人気のあるチームだから、そうならないようにファンが株主となって阻止するはずだと思うんだ。 「タイガースは好きだけど、タイガースが強くなるためのお金は出したくない…」というファンばかりならそれだけのこと、潰れちまえばいいのさ。

ここにそんなことが書いてあるよ。
 ↓
http://allabout.co.jp/finance/moneyplan/closeup/CU20051006B/index.htm?NLV=AL000002-302



「スカッシュの日本代表に関して、家元は『ソシオを組織したい』と言ってましたよね。」

うん、オーナーズクラブとしたのは日本代表のためにお金を出すことで、競馬の馬主のようなステイタスを持てるようになるといいなと思ったんだ。 今協会はアクションプランの募金に対して募金者の名前と金額をHPや機関紙で発表するってことしてるんだけど、出す方からすると『それだけ?』って感じはしちゃうね。
先日のマスターズカーニバルでは対象選手が募金を集めたり、パーティーでオークションしてた。とても良いことだと思う。ああゆう募金を集める工夫をどんどん実施していくべき。

「ソシオやオーナーズクラブもその工夫のひとつですね。」

その通り。『オレ達の日本代表』にしたいんだ。そのためには世界選手権のエントリーフィーと交通費ぐらいは負担しないとね。今年の男子世界選手権の場合エントリーフィー(宿泊費込み)が約40万円、交通費が約80万円、その他諸経費で計140万円てとこらしい。隔年開催で男女あるから年間140万円だね。アジア選手権やアジア大会、ジュニアの大会もあるから、集められるお金は多ければ多いほどいいんだけど、まずはこのあたりを目標にしたい。

イスラムの国々ではザカートと呼ばれる制度が法律で定めされている。ある規準以上の収入がある人は、年収の2.5%を貧しい人々のために寄附するんだ。「喜捨」や「救貧税」と訳される。 これからして、というわけじゃないんだけど、「年収の1%をスカッシュの日本代表のために使ってもいい」と考える人がいてもいいんじゃないか、と。 日本のサラリーマンの平均年収は500万円弱。スカッシュしてる人は平均よりもやや上として、5千円/月出して6万円/年。30人集まれば180万円/年。代表選手による特別レッスンなどオーナーのステイタスを高める策や諸経費に40万円かかるとして140万円が捻出できる。どうかな、この案?

「うーん、どうでしょうか。2千円、5千円1万円と段階を設けるとかいろいろ検討してみたいですね。」

そうだね。今年のブリティッシュジュニアで海咲ちゃんがベスト8に入ったでしょ。オーストラリアやエジプトの選手の中で日本人が勝ち上がってくの、スッゲェワクワクしながら結果見てたんだ♪「こうゆう気持ちを味わうためにお金を出してもいい」と考える人がどのくらいいるか、ってことだね。 先日のYOKOHAMA OPENを観るために3千円~5万円出してもいいと判断し実行した人が100人くらいいたわけなので、まあ、どうかなっと。ああゆう舞台で『オレの選手』が活躍するんだ、こりゃーワクワクドキドキだぜっ!

「実現させたいですね。 ところで家元、あれに出てきたオーナーズラウンジコンシェルジュ、モデルは私達番頭ですよね?」

















…えっ?!



(つづく)
  1. 2005/10/16(日) 21:01:23|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来予想図Ⅱ

「家元オーナー様お待ちしてました。こちらにどうぞ。」


エントランスで馴染みのドアマンにバレーパーキングを依頼し、会場に足を踏み入れるといつものオーナーズラウンジコンシェルジュが迎えてくれた。彼女の笑顔はいつも緊張し昂ぶった神経を癒してくれる。「あの笑顔を見るだけでもオーナーになった価値がある」と何人ものオーナーが言う、とびきりの笑顔だ。

「皆様もうお揃いです。そのジャケット、素敵ですね。よくお似合いです。」

今年の全日本に向けてTEAM RYOSEIのスタッフ・オーナーでツイードのジャケットを新調した。デザインはオーソドックスでシンプルだが、素材は上質のハリスツイードを驕っている。普段はここ東京ミッドタウン内にあるザ・リッツ・カールトンのクラブラウンジに勤務する彼女ならきっとこの素材の良さを見抜くはず、そう思い奮発して正解だった。

狙いが的中したことに気を良くし、彼女から受け取ったシャンパンを片手にオーナーズラウンジに進むと既にほとんどのオーナー達が顔を揃えていた。まもなく選手が顔を見せる時間だ、ラウンジ内はリラックスしながらも高揚感を隠し切れないオーナー達の熱気が充満していた。



全盛期のジャンギル・カーンを彷彿させる長い手足を持つ、細身だが逞しさを感じさせる青年が姿を現した。現チャンピオンのリョウセイだ。

昨年ユウタから初めて全日本のタイトルを奪ったリョウセイだが、今年のブリティッシュオープンのRound16では112分の激闘の末ユウタに敗れている。28才となり引退も噂されたユウタだが、PSAフル参戦プレイヤーの先輩としての意地を見せつけた試合だった。

思えば、我々オーナーズクラブの出資によるフルサポートを受けたPSAプレイヤー第一号がユウタなのだ。彼にはまだまだ輝き続けてもらわなければならない。




「今年の全日本も両雄の激突が観られる」誰もがそう期待していた。しかし決勝でリョウセイが対戦するのは意外にも弱冠19才のリュウノスケとなった。

リュウノスケもまた我々オーナーズクラブのサポートによるPSAプレイヤーだ。しかし彼はこの4月からツアーをまわり始めたばかり。こんなに短期間でこれほど力を付けたのかと誰もが驚く急成長だ。以前ここに防衛庁があったことなど記憶にない世代同士の対戦となった。



家元がオフィスをここに移してから間もなく10年になる。これと時を同じくして『スカッシュ日本代表オーナーズクラブ』が設立された。オーナーの出資によって日本代表の活動をサポートするこの組織、設立当初は世界選手権のエントリーフィーと交通費を負担する程度だったが、代表選手達の活躍によりいくつかの有力企業もオーナーとして参加するようになり、今では5人のPSAプレイヤーと3人のWISPAプレイヤーのフル参戦をサポートする力を持つに至った。

「出資」といっても、これに対する金銭的な「配当」があるわけではない。「代表選手が世界で良い成績を納めること」、これこそがオーナーへの配当なのだ。出資によりオーナーが手に入れるのは「オレ達が日本代表を支えている」という名誉だ。オーナーズクラブのスペルが「OWNERS' CLUB」ではなく「HONOR'S CLUB」なのは、オーナーの自尊心の表明である。

ただし、その「名誉を形に現す策」は即実行されている。オーナーはピンバッヂ(出資額に応じて金・銀・ブルーに分けられる)、全日本選手権でのオーナーズシート、代表選手による特別レッスンなどが特典として得られたのだ。

そして-これが最も重要なのだが-代表選考や、どの大会に選手を派遣するかに対して「意見を言う権利」を手に入れた。 もちろん、最終決定は協会の強化委員が行うのだが。

この関係を競馬に例えると、オーナー=馬主、強化委員・コーチ=調教師・騎手、代表選手=競走馬ということになるだろうか。育成方法やどの馬をどのレースに出走させるかなどを決めるのは調教師の仕事だが、馬主はその仕事ぶりや競走馬の成績に口出しをすることができる。 ただの競馬ファンにはない権利だ。


オーナーズクラブ結成の前年には、それまでは“阪神電鉄の所有物”だったタイガースが株式上場により多くのタイガースファンが株主となり、名実共に“オレ達(タイガースファン)のタイガース”となった。 阪神電鉄の所有物でなくなったため、松下電産や阪急グループなど関西に地盤をおく有力企業からのサポートも得られるようになり、多くの個人株主からの出資と併せ財政的基盤が安定したタイガースは積極的な選手補強や球場・練習施設の整備を行い、相変わらず読売グループの所有物だったジャイアンツに替わり常勝チームとなった。

「勝った負けたに口出ししたいのなら、金を出せ」という常識を築き上げたタイガースの変革は他の多くのスポーツにも影響を与え、この夏の東京オリンピックで日本は112個というアメリカを上回るメダル獲得数を挙げるに至ったのは記憶に新しい。この数字には東京ミッドタウンのイーストタワーにあるナショナルスカッシュセンターで開催されたスカッシュの3コも含まれている。






「今年の決勝はフレッシュな対戦になりましたね、楽しみです。」


珍しくはしゃいだ彼女の声に現実に引き戻されると、既に両選手の挨拶は終わっていた。大事な事前情報を聞き逃してしまった。 少し思い出に浸り過ぎてたらしい。 歳を取った証拠だ。


「そんなことありません。 家元オーナーはおいくつになられても少年のような目をしてらっしゃいますもの。」

彼女が微笑んで言う。
どうして私の考えていることがわかったのだろう? 顔に書いてあるのか?

「ええ、そうはっきり書いてありました。」





いけない、大事な決勝を前に酔ってしまったようだ。 頭を冷やして観戦しなくては。

「そうですよ、いつものように冷静に分析してくださいね。家元オーナーの観戦レポートはみなさん楽しみにしてらっしゃるんですから。 さあ、オーナーズシートに移動しましょう。」



きまぐれなスカッシュの神様はイタズラ好きでもあるらしい。
「ハピネスなんて、こんなものだろ?」と舌を出して笑っている神様を思い浮かべながら、オーナーズシートへと向かった。
  1. 2005/10/15(土) 00:00:24|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

えーと、

看護婦→看護師で、保母→保育士。

スチュワーデス→客室乗務員だから…


























妊婦→妊師?






※「師」or「士」についてはここ↓

http://www.shinchosha.co.jp/shoushin/kanji_ichiran/kanji0206.html 



 や、ここ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%87%E7%94%A8%E3%81%AE%E5%88%86%E9%87%8E%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%94%B7%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%9D%87%E7%AD%89%E3%81%AA%E6%A9%9F%E4%BC%9A%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%BE%85%E9%81%87%E3%81%AE%E7%A2%BA%E4%BF%9D%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

 を参照されたい。 ややこしいにゃぁ…
  1. 2005/10/14(金) 12:01:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガクガクプルプル(((;゚Д゚)))

昨年の7月かぁ、そーいえばこんなリコール記事あったよーな気がする。今の部署は営業部門じゃなく、デジカメとはかなり無縁だからさっぱり気にしてなかったよぉ。家元、こんなとこで書いて立場上マズくはないのだろーか?

いや、こうゆう時の対応が良く「かえってファンになりました!☆」なんてこともある。臭いものにフタをしてはいけないのだ、捨て身のレポートを敢行してみよう。


不具合内容の説明はこれ

FinePix F401で撮影した画像の色が、紫色または虹色状になるなどの異常が発生します。
撮影前でも液晶モニターで見ると、異常な色になっていることが確認いただけます。



家元のは「明らかにオカシイ」ではなく「こんなモンだったっけ?」というレベルなので、ここで触れられている現象とは違う可能性もある。故障や異常ではなく、「実力がこんなもん」てことだ。


不具合原因は

CCD配線接合部の一部が、高温多湿環境下で劣化が進み、電気的な接続不良が発生するためです。
そのためCCDから正常な信号が出力されず、異常な画像になります。
不具合が発生するのはCCD製造ロットの一部に限られます。



ということなので、該当する部品の材質の選択を誤ったのだろう。

「欧州車は電気系統が弱い」と言われることがある。これ、設計や生産の技術が低いからではなく、日本仕様になってないからなのだ。錆は高音多湿という状況下で発生し、進行する。日本の夏がまさにこれだ。ヨーロッパは夏は乾燥し、冬に湿度が高くなるため錆は発生しにくいのだ。ヨーロッパの気候を規準に設計をし素材を選択すると、日本の気候では接触部分が錆びて腐食し、電気系統のトラブルとなる。
10数年前からヨーロッパのメーカーも真夏の首都高でテストドライブをするようになり、日本の気候に合わせた設計をするようになったので、それ以降に設計・生産された欧州車は電気系統のトラブルが激減した。

それでも故障・不具合がゼロにはならない。F401の場合も昔の欧州車のような設計(素材、アッセンブル方法の選択)をしてしまったのだろう。当然、日本の高温多湿下での使用を想定しなければならない。

100%故障しない機械なんて作れない。開き直るわけではないが、ある程度の故障があることを前提としなければならない。それへの対応でメーカーの真価が問われるとも言える。



さて、メーカーのサイトから「修理Webお申し込み」をしてみる。宅配業者が自宅/勤務先など指定した場所に引き取りに来て、修理したデジカメをまた届けてくれる。当然、修理代・送料はメーカー負担だ。15時までの申込なら翌日以降、15時以降だと翌々日以降に引き取り日・時間を指定し、送信ボタンを押す。

すると10分くらいでメールが返信されて来た



[件名]
FinePix F401 修理のお申込み承りました。

[本文]
平素より弊社製品をご利用頂きありがとうございます。
お客様からの修理お申し込みを以下の内容で承りました。

■お名前

お名前 家元 様
フリガナ イエモト 様

■カメラ管理情報

機種名 FinePix F401
ボディ番号 23******
実施内容 修理お申し込み
購入日 2005年 10月

■引き取り希望日

引取希望日 2005年10月**日
希望時間帯 15:00 ~ 18:00


=====================================
     FinePix F401 特別お問い合わせ窓口
      富士写真フイルム株式会社
=====================================




夜11時過ぎだから自動返信だろう。10分でレスポンスがあるというのはまず好印象だ。ボディ番号も認識されてるから、前オーナーは修理に出していなかったと思われる。

さて、どのくらいの期間で修理され戻ってくるのか?、画像エンジンの性能は向上するのか? 追ってレポートしていこう。



こんなこと書いてホントに家元の立場はマズイことにならないのか? まっ、オモシロそーだからマズイとしてもやるに決まってるんだけど( ̄▽ ̄;)
  1. 2005/10/13(木) 12:04:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どーなんでしょ?

F401は3年前のモデル。ハニカム210万画像(記録画素400万)、光学3倍ズーム、記録メディアはスマートメディア(128MBまで)、1.5インチ液晶モニター、充電式リチウムイオンバッテリーで最大撮影可能枚数約5000枚というスペック。


メインの用途はネットにUPする画像の撮影用、たまにLサイズにプリントするという使い方なので画素数は問題なし。 トリミングすればいいのでズームなんてなくてもいい。むしろ家元にとっては3倍ズームはオーバースペック。ズーム部故障のリスクを考えたら『ない方が良かった』くらい。 スマメは「既に何枚か持っている」、「手持ちのUSBカードリーダーも使える」以外は利点なし。 液晶モニターは「大きい方がいい」けど小さくてもまあ問題なし。 バッテリーの持ちは合格レベル。



ということで、スペック的には「良くはないが悪くもない」といったところ。問題のレンズと画像エンジンの性能・センスはどうだろうか? F401を買った日の夜、はまごろう家のカレーパーティーにムリヤリ押しかけた ご招待されてたのでさっそくチェキラッチョ!


メニューはエビカレー、ほうれん草カレー、キーマカレーの3つ。これにナンとイタリア米だっけ?長くてパサパサした米で炊いたご飯が付く。
エビカレー

 ↑エビカレー

ほうれんそうカレー

 ↑ほうれんそうカレー

キーマカレー

 ↑キーマカレー


お味は…




スパイスゴリゴリしてるにゃ!o(^-^)v



あざみ野の「あまからや」でカレーラーメン食べたことある人、あれと同じです☆スパイスからちゃんと作ったことがわかる味、つまりウマー!♪ 家庭風カレーが好みではない家元にとって、どストライクっすよ、先輩!o(^-^)o 付け合わせに自家製ピクルスが出てきそうな本格派。

6人で鍋3つたいらげました☆ 家元はこの日のお昼に二郎食べてるにもかかわらず、1/6以上は確実に食べてるゾ♪ つまり、鍋1杯弱 ( ^o^)ρ (^0^ )



しかしお皿はこれ↓
ラスカル

Not本格派(+_+)




見上げればそこはスヌーピーの壁…
スヌーピー


デビルマン(原作のマンガ)にこんなシーン、あったよーな…




そしてトイレは「新・緑園都市水族館」だった、みなぞう君は死んじゃっていなかったけど。
カメ

 ↑向かって左

ペンギン

 ↑向かって右

ペンギン2

 ↑そして真ん中…




 








♪「幸せ」って言葉の意味を、教えてくれたのはあなたでぇしたぁ~♪






そんなこんなで、F401はどーなんでしょ?

レンズはこのクラスのデジカメとしてはまずまず。飛び切り良い!というわけではないが、携帯カメラのレンズに比べれば数段上。あたりまえだけど。『携帯じゃなく、わざわざデジカメを使う意味』があるレンズ。



画像エンジンは…

ショボイ(*_*) F10を規準にすると、『携帯と大差ない』と思えるくらいにショボイ。
「3年前の画像エンジンってこんなにショボかったっけ?」と思い、メーカーのサイトを探ってたら…


>本製品をご購入のお客様への重要なお知らせ


ん?

http://fujifilm.jp/important/20040716/index.html






対象ロットだった。。。


家元、

虎の尾を踏んだ?!
  1. 2005/10/12(水) 12:01:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

どーなの?

昨日の話をおさらいしよう。

我々が目にする光や色は、波長というアナログ情報である。
フイルムカメラでは『フイルム上に絵(アナログ情報)を描く』ことで記録し、伝達する。
一方、デジカメは『言葉(文字)という記号』を用いて(実際は「0,1」で表される記号を用いて)記録する。アナログ情報を記号化(デジタル化)して記録・伝達するのである。

フイルムカメラの世界では絵を描くセンス・技術と、それを精緻に複写する(印画紙にプリントや印刷物にする)センス・技術が必要。 デジカメの世界では『言葉を選び、文章を創る』センス・技術が必要である。また、モニター・プリンターにはその文章から絵を創るというモンタージュ写真作成のようなセンス・技術が要る。


デジカメ選びの際にに指標とされる画素数は『文字数制限』にあたる。多くの文字を使えば細かいところまで描写できる。しかし必ずしも長文=名文ではない。L~ハガキサイズにプリントするのであれば、300百万画素あれば充分。ネットにUPする場合は30万画素くらいのファイルサイズにする。デジカメ選びのポイントは画素数やズーム比というスペックで表されるものよりも、レンズの性能や『言葉選びのセンス』が大事なのである、特殊な用途・目的がある場合は別だが。



以上の観点からF10は良いデジカメ。んでもってF11はスカッシュしてるところを撮るという特殊な用途向きの機能(シャッタースピード優先AE、シャッタータイムラグ短いなど)が追加されていて、まるで家元を狙い打ちしてきたようなデジカメなのさっ!ニクイねぇ~、コノヤロッ (-_-メ)

F11の実販価格は49,800円あたり。安く手に入れるルートを駆使しても512MBのXDピクチャーカード込みだと5万円は越えるだろう。USBカードリーダーはなくてもいいんだけど、用途を考えたら持っておきたいところ。

ううむ、悩むなぁぁぁ(?_?)修理代4~5万かかると言われて修理しないままになってる手巻き式時計もあるし、どーするべ? と考えながら二郎からコータコートへ向かう途中、何故かハードオフ(ブックオフ系列のリサイクルショップ)にフラフラと入っちまっただよ。
そこで見つけたのがFinePix F401(2002.6月発売) 5,250円!

んで↓
401

コータ8番コート前のトレーニング器具が置いてあるところ奥の鏡に向かって撮影し、ミラー反転した画像













どーなのよ、これ?

  1. 2005/10/11(火) 11:51:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どーする?

5~7年前、家元の仕事はデシカメの営業業務だった。担当が変わってからも業務用デジタルプリンターなどを扱ってたから何かとデジカメを操作する機会が多かった。

そんな経験からしてFinePix F10は良いカメラだと思ってたわけです。他社のデジカメは最近はほとんど触ったことないので「他社デジカメを含めた中での相対評価」ではなく、「絶対評価」として、なんだけど。
「フラッシュを使わずに撮影して、ちゃんとした絵を創ることができる」という点で優れてる。


「フイルムカメラで撮影する」というのは、例えば人物を撮影する場合、「色鉛筆や絵の具を使って似顔絵を書いて記録する」ということ。リバーサルフイルム(ポジフイルム)を想像するとわかりやすい。これに対しデジカメでの撮影は「目は一重、顔は細長く髪の毛は茶色ががってて肩までの長さで…」と言葉で記録するこような行為。文字情報なのでコピーしても劣化しない、「茶色」の部分を「赤」に書き換えるなど加工がしやすい、などがデジタル記録の利点。

一方、「秋晴れの空のように抜けるようなブルー」という文字情報から再生される色は人によって結構ブレがある、といったあたりがデジタル記録の難しいところ。リバーサルフイルムならフイルムに色が記録されているのでそれを見ながらそれに近づけるように色を再現すればいいのだけど、文字情報だからなかなかビシッとは来ないんだね。また、どのような言葉・表現を用いるかに表現者=デジカメ自身が持っているセンスが問われる。同じ赤を見ても「太陽のように燃える赤」ととらえる人もいれば、「絨毯のような赤」と表現する人もいるわけだ。デジカメが「どう表現するか」を司る部分は“画像エンジン”や“フォトエンジン”などと呼ばれる。

太陽光下やフラッシュを使っての撮影の場合はほぼ同じ光が当たっているので、どのデジカメでも大体同じ表現になる。このケースでは“レンズ=目”の良し悪しが画質に大きく作用する。 室内や夜にフラッシュを使わないで撮影する場合、“画像エンジンがどのような表現方法を用いるか”は、実はデジカメによってかなり差が出ているのだ。 このような場面でFinPix F10は良いセンスを発揮する。「どう良いセンスをしているのか」はスペックで表すことができない。実際に撮影してセンスが良いと感じるということ。上にも書いた通り他社機と比較して、ではなく絶対評価としてなんだけど。



5年前のデジカメが故障したまま修理してなく“デジカメ難民生活”を携帯電話のカメラでしのいでいた家元は、このF10に目を付けていたですよ。この秋に後継機種が出るとの予測を立て、価格が下がったところで買おうとしてた。

んで、9/28に発表された後継機種はF11。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf11/index.html


F10との違いは

シャッタースピード/絞り優先AE ほぉ。

新アルゴリズムAE ほほぉ。

0.01秒のシャッタータイムラグ ほぉほぉ。

被写体に素早くピントを合わせるクイックショトモード ほほほぉ。。。















欲すぃ~!v(≧∇≦)v






どーする? ( ̄~ ̄;)??
  1. 2005/10/10(月) 17:42:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

来ちゃった ( ̄▽ ̄;)

「悪玉コレステロールでD判定→再検査→食事療法の指導を受ける」のパターンは過去二年とまったく同じなのだ。指導の内容もわかってる。「肉・魚卵は極力控える。全体に食べる量を減らす…」


ここで名演技ですよ、「あれもダメこれもダメと食べることを制限されたら、そのストレスで病気になっちまいます…」 チワワのくぅーちゃんみたくつぶらな瞳をウルウルさせて訴える。演技とはいえ、心の叫びでもあるので気持ちは伝わりますわなぁ、これで落ちないオンナ(女医さんなのだ)などいるばずもないo(^-^)v

「しかたないですねぇ。では食べるのは自由にしていいですから、きちんと運動して下さいよ。それと、肉を食べる時は一緒に野菜も食べてください。野菜はコレステロールを運び出してくれるので、必ずですよ。たくさん野菜を食べて下さいね。」


野菜を必ずたくさん…






ヤサイマシマシ?












そうだ、二郎に行こう!





とゆーわけで、番頭さんにはナイショで来ちゃいました、ラーメン二郎横浜関内店o(^-^)o 今日も10:20で一番乗り(二番手は10:27着)。開店時間の11時には30人ぐらいの列になっていたようだ(列の後ろの方はよくわからん)。
シャッター二郎




裏メニューだった「汁なし(油そば)」が8月から正式メニューになったので、これはタコ…いや、イカねばなるまいと思いつつ2ヵ月が経過してしまった。土日いつでも車で行けるだけに、ついつい他の二郎に浮気しちゃってたよ、ゴメンネ。今、会いにきました。
営業時間





二郎のうち何店かではつけ麺を出している。家元も相模大野店と上野毛店でつけ麺食べたんだけど、やっぱり普通のラーメンの方が好きかなぁ。だから横浜関内店の汁なしにも期待と不安が半分づつだったわけですよ。 オーダーは「小豚汁なしニラキムチヤサイちょっとニンニク (小600円+豚100円+汁なし80円+ニラキムチ80円=860円)」
汁なし

ねっ、野菜たっぷりでしょ?



汁なしにすると生卵の卵黄とフライドオニオンが自動的にトッピングされる。グチャグチャに掻き混ぜ、麺を強引に引きずり出し食べてみると…











汁なし、フォー!




ラーメンフリークの世界では一時期「ラーメンの命はスープである」とのスープ原理主義が幅を効かせ、麺は添え物程度の位置に追いやられていた。しかし、やっぱり麺は大事!ちゃんとそれを認識させてくれる二郎の麺、そしてビバ汁なし! フライドオニオンや黒胡椒もいい仕事をしている、略してGJ!

家元は化学調味料容認派なんだけど、他の二郎では「いくらなんでも入れ過ぎなんでねーの?」ってことがあった。関内では気にならない。汁なし、フォー!というよりも横浜関内、フォー!なのかもしれない。つまり、










汁も好き♪



これ↑がやりたかったの?(*゜∇゜)

  1. 2005/10/09(日) 23:15:46|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

D判定!

「凄いメンバーが続々参戦ですね、家元☆」

うむ。これもひとえに家元の人望によるものと、番頭さんも感謝すると良い。

「でも噂によるとnonoさんが裏で手引きしたとか…」

「(アドレスを教えたわけでもないのに)何で知ってるんですかっ?」て人、いたではないか。元々はメンバーにメールで配信していた開催通知や結果報告を、いちいちメールするのがメンドクサイのでブログにしたのがTEAM KANO戦記の始まりだからな。あと、Bumsメンバーに渡していた練習ポイントとかもブログ見てもらった方が早いと。 だから一部の人にメールで教えた以外、他のサイトにコメントやトラックバックする『営業活動』はしてないかったんだ。
ところがnonoさんときたらスタート三日目にもう発見してみんなに紹介してたんだよ、最近判明したんだが。

「三日目というと二郎報告して8/1付けランキング発表の頃ですね。どうやって見つけたんでしょう?」

家元が想像するに『スカッシュ』という単語を含むサイトがUPされたら報告するプログラムを組んでいるんだな。いかにもあのヲタのやりそうなことだ(苦笑)

「家元、この(苦笑)の仕返しがしたかったんですね(苦笑)」

バレた?(苦笑)

「いかにも家元がやりそうなことですもん(苦笑)
ところで家元、野望には近付いたものの、鬼澤さんや海咲ちゃんの写メやコメントからしてやっぱりTEAM KANOはB級グルメフードファイト団体と思われてるんじゃあ…?」

それなんだよ、番頭さん。YOKOHAMA OPEN会場でA.C.さんにも言われちゃってさあ…

「早く三回戦を開催しなくちゃいけませんねっ!」

そう思って10/5(水)、会社ズル休みしてフレンチレストランでランチしてきたのさ♪ レポートするねっ☆





郊外の北島亭?!「レストランSakamoto」


Sakamoto


オークシティという郊外型ショッピングモールや大和市役所の近くに「レストランSakamoto」はある。郊外のフレンチレストランというと「横濱うかい亭」や「ラ・ビュット・ボワゼ」のような一軒家を想像するかもしれないが、やや古びたビルの1階がそのお店だ。右隣にチラッと見える黄色い看板はラーメン屋のもの。店の外装は悪くないがロケーションからは美味しいもにありつけそうな予感はしない。


黒板


ランチメニューはエントランス脇の黒板に書いてある。840円のメイン+コーヒー、1155円のメイン+デザート・コーヒー、2625円の前菜(またはスープ)+メイン(肉or魚)+デザート盛り合わせ・コーヒーの3つのコースがある。これをよく覚えておかなければならない。


店内


店内はシンプルで落ち着いている。サービスはマダム…というよりおばちゃんと言った方がしっくり来る女性が担当だ。普通ならここでメニューと食前酒のリストが渡されるのだが、グラスに入った水を持ってきたおばちゃんはいきなり「どれになさいますか?」と尋ねる。

ん?メニューは…?

「表の黒板に書いてある3つのコースがございますが、どれになさいますか?」


うーむ、メニューを眺めながらあれこれ考えるのはフレンチに限らず食事の楽しみのひとつなんだけど…

スープとメインのコースを選び、ワインは?と聞くと、

「赤と白がありますが…」というお答え(-.-;)

家元はお酒弱いのでワインの銘柄とか言われてもわからないんだけど、ねぇ。
一般的に飲食店は飲み物で利益を上げる方針を取る。マクドナルドが100円バーガーをやるのはハンバーグでは大して儲からなくとも、これにより集客してドリンクやポテトなどのサイドオーダーで利益を上げる戦略だ。フレンチレストランでもワインは重要な利益源のはずなんだけど、商売っ気がないのだろうか。 白ワインをグラスで注文する。家元は車だから飲まないよ。


まずパンとバターが運ばれてくる。パンはトーストしてあり香ばしくて美味しい。バターも上質だ。840円のランチにもパンとバターは提供されるようだ。安価なランチを出すお店ではバターは付いてなかったり有料だったりすることが多い(高田馬場「ラミティエ」はランチ時のみ+210円)が、ここは良心的。パンはおかわりも持ってきてくれる。


かぼちゃのスープ


カボチャのスープはチーズのいい香りがしてピントがビシッと来ている。スープって手間がかかるわりに注文する人が少ないからコースメニューにも入れないお店が多いんだけど。 料理に自信があるのだろう。


牛ロースのグリエ


メインは牛ロースのグリエを選択。ロースステーキなどは自宅でも料理できるので、外食するときはウサギやジビエなど家庭ではまず使わない素材を使った料理を選ぶようにしてるんだけど、これと舌平目のポピエットしか選択肢がないのだからしかたない。
でもね、これが大正解☆焼き加減は注文通りのミディアムレア、ちゃんと『肉の味がする』♪ 付け合わせのトランペット茸も美味しいんだ☆


デザート盛り合わせ


デザート盛り合わせのアプリコットとマスカルポーネのケーキは素朴でほっとする味。ここに来たのはこの二年間で5~6度目なんだけど、おばちゃんは連れに「紅茶でしたよね?」と聞いてくれた。基本的にぶっきらぼうな接客なんだけど、だからこそこのように覚えててもらえたというのが嬉しく感じられる(笑)

会計を済ませると厨房からTシャツ姿のシェフが挨拶にでてくる。一瞬隣のラーメン屋のおやじかと思ってしまうような風貌だ。厨房はシェフ一人でやってるみたい。「ル・マンジュ・トゥー」のレシピ本が谷シェフのサイン入りで置いてあるので、師弟関係、あるいは友人関係にあるのかもしれない。



「最初はとっつきにくいけど、付き合ってみれば素朴で真面目ないいやつ」、そんなお店だ。飲食店の原材料費は売価の3割が一般的といわれる。ここは5割くらいが原材料費に掛かっているんじゃないだろうか。ワインを勧めないところからもあまり儲けようとしていないと想像される。 良いとは決して言えない立地だから家賃もそう多くはかからないだろうし、人件費もシェフとマダムの分だけだからそんなには必要ないはず。原材料費に多くをつぎ込める要素は揃っている。

料理はオーソドックスだが素材の良さを活かす基本の技術がしっかりしている。もしこの店が都心にあり、料理のポーション(量)がもっとあれば「北島亭」並に評価されるのではないだろうか。立地、接客は決してハレの日には向かないが、それを補って余りある料理のレベルとコストパフォーマンスの高さが共通しているからだ。

ハンタータイプ(新しい店を開拓するのが好き)の家元がリピーターになってることでもご理解いただけるだろう。


レストランSakamoto
神奈川県大和市深見西7-3-22  0462-64-8570
11:00~14:00/18:00~21:00 火休 となってる資料があるんだけど、どーも営業時間は違うような…? 確認してみてね☆




「んもぉ、家元ったらスカッシュあまりしてないしTEAM KANO三回戦もしないでフレンチ行くなんてズルイですよー!」

まーそう言わないで(O_O)仕事忙しかったのはホントだし、仕事のストレスは食べることで発散するタイプなんだからさっf^_^;

「でも気をつけて下さいよ。ほらっ」

健康診断


「この健康診断の結果、LDL(悪玉)コレステロールの数値が標準値を大きく越えてD判定(要再検査)くらってるじゃないですか!」


ほーい、野菜も食べますぅ! じゃ、ラーメン二郎行く? 。('-'。)(。'-')。










「ダメです!」

  1. 2005/10/08(土) 22:34:14|
  2. おいしいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

E +20%?

10/6(木) 会社に着いた家元がメールチェックすると、コバヤシパパからこんなメールが…



Title:海咲も参戦したいそうです!

家元殿

昨晩、TEAM KANOのサクライZ姉さんとたまプラーザの和楽というフレンチ居酒屋で食事しました。ここの名物「和楽納豆」を頬張る図です。
海咲


普通は韓国海苔に巻いて食べるのですが、海咲は裏メニューの白ご飯をオーダーし、納豆を豪快にカキコミます。この納豆には、マグロ、山芋、沢庵、キュウリ、その他が刻んで入っていてかなり美味です。

海咲はWISPAでは初戦負けしましたが、最終日に千夏、アン、エリス・ウン、井之上さん、僚生、私と目黒とんきにとんかつを食べに行き、他のWISPA選手を完全ノックアウトする食べっぷりで千夏ちゃんを驚かせていました。

海咲は、今は日本で携帯が無いので、僚生の携帯で撮った写真を家元に送信してと頼まれました。





これまた有力選手の参戦表明!
参加選手:石渡、清水、井之上、鬼沢、新多、小林(海) こいつらを全員男子ということにしちゃって、

ジャパンランクトップ 5 :3人
         トップ10 :1人
         トップ20 :2人
全日本ベスト8      :4人

とする。

これに「主催:クラブ、参加人数:67人」の条件でTEAM KANO三回戦を開催すると、家元の試算によれば大会グレードはE+20%となる。従ってこの6人+家元、そして家元よりも弱そうなヤツ60人を集めて大会を実施(大会グレードに寄与せず、家元より強そうなヤツは「抽選漏れ」とか何とかテキトーに理由をデッチ上げて拒否る)すれば、家元はベスト8の48ポイントを稼ぐことができるのじゃぁぁぁ!








また一歩野望に近づいた( ̄个 ̄)


  1. 2005/10/07(金) 09:26:41|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

未来予想図

ジャパンランキングが毎月1日に発表されるようになる。「前月15日までに終了した大会をランキングの対象とする」という規定が同時に設けられる。TEAM KANOランキング発表方式の採用であり、協会から莫大なアイディア料を得るはずの家元は「結構です、スカッシュ界の発展に協力できるのであればアイディア料なんて。キラリッ☆」と爽やかに辞退し、美談として後世に語り継がれる…




nonoさんのアンオフィシャルランキングが迅速に発表できるのは、nonoさんが大会終了時まで会場にいて試合結果をチェックできた場合。信頼できる協力者からの結果報告を受けてランキングを作成することもできるが、結果の間違いなどのリスクが増える。「20位まで」であれば迅速に発表できるだろうが、全てのランクとなると間違いのチェックに時間を要するだろう。


「nonoさんができるんだから協会もできるはずだ!」という意見を言う人は、「試合結果をすぐ処理できる形(Excelファイルなど)で、全ての大会からどう迅速に収集するか?」に対する考察が浅い。
「当日中に結果報告することを大会主催者に義務付ける」というが、これを実現するためには『nonoさんレベルの人間が全ての大会運営スタッフにいる』必要がある。しかもほぼ専任で、だ。 先日のYOKOHAMA OPENや神奈川オープンの運営に携わった方なら理解できるであろう、自分の持ち場をこなしながら結果のチェックを間違ることなくするなんて無理だと。nonoさんレベルの人を専任で全ての会場に配置することがどれだけ困難であるかを。こうゆう“使える人材”はそう多くいないし、いたとすれば当日は審判など他の使い道を優先させたくなっちゃうからだ。



実は家元、現在協会のランキング作成を担当している方を知っている。この方、「ランキング表からエントリーしている選手を拾い上げてドローを自動で作成するプログラムを作る」などかなりのヲタなのである。データさえ入手できればランキング作成はすぐできる。早くランキングを発表するためのキーポイントは、やはりデータ(試合結果)の収集なのだ。


「nonoさんができるのだから…」と言う人はデータ収集(すぐ処理できる形で)も大会運営スタッフもしたことない人であろう。経験がないから想像力が欠如しているのだ。



だから大会⇒ランキング発表には日数かかってもいい。だけど「発表は毎月1日に」とか「大会後○日以内に」など決まりを設けて欲しいなぁ。 そーゆー決まり、すでに存在する?
  1. 2005/10/06(木) 12:03:44|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキャンダル!

「あれ、ホントにシンタさんが書いてるんじゃないんですか?!」


横浜オープンの会場で家元を発見した芸能レポーターどもが家元を取り囲みマイクを突き付け、質問を浴びせ掛けた。TEAM KANO戦記の9/21~22、シンタが書いたことになっている記事は、実は家元が書いたのではないかという自作自演疑惑が発覚したのだ。

「正体を隠すためスクール水着で変装したのに、何でバレたんだろー?」と戸惑う家元にフラッシュが浴びせ掛けられ、場内は一時騒然となった。
スキャンダラスなゴシップ記事で読者を獲得しているW誌のNレポーターなどは「あそこに寄せられるコメントも家元の自作自演なんですか?!」「TEAM KANO戦記を書く権利をYAHOO!オークションに出品するのはどうなってるんですか?!どのくらいの値が付くか毎日チェックしてるんですよ!」と矢継ぎ早に質問してきた。

この事態を収拾すべく、会場では緊急記者会見が開かれた…






えー、賢明なTEAM KANO読者ならもうお分かりであろう。「会場でそーゆー質問を受けた」は事実で、それ以外は家元のフィクションである。スクール水着も着てないよ!家元をそーゆー目で見るのはヤ・メ・テ (((((っ-_-)っ



ただしフィクションとはいえ、事実に基づいた創作である。イノウエが小倉バゲットを6コ食べたことや、ヤスと餃子食べながらああいう会話をしたことは紛れも無い事実なのだ。

「びっくりドンキーでメリーゴーランド食べながら番頭さんとフランス料理やデートプランについてあーゆう会話をした」は事実、10/1付けランキングでされてる会話は全て家元の創作。会話形式で進行していくのを気に入った家元がこれを時々採用して書いてるとゆうことなのだよ。


現実と幻想の狭間でめくるめくイリュージョン☆それが恋愛魔術師の異名をもつプリンセス家元のTEAM KANO戦記なの♪アナタもどれが現実で何が虚構なのか考えてみればよろしくてよ、オーホッホッホッ!(木ノ実ナナ演じるマリー・アントワネットでお読み下さい)



とはいうももの、自作自演と言われてこのまま引き下がる家元ではないわ、このタワケ者がっ! なので10/3(月)~4(火)シンタから家元の携帯に入ったメールをノーカット・ノー編集完全版で晒しちまえっ!( ̄▽ ̄;)



①10/ 3 10:58

[件名]
件名なし

[本文]
二郎って大森にもありますか?


②10/ 3 11:36

[件名]
Re:大森にはない

[本文]
新宿は?


③10/ 3 12:45

[件名]
Re:新宿は

[本文]
来ちゃった(゜▽゜)
歌舞伎町





④10/ 3 12:55

[件名]
Re:新宿は

[本文]
うまい!
小ヤサイ



※家元注)シンタが行ったのはラーメン二郎新宿歌舞伎町店、「小ニンニク」を食べたと思われる。歌舞伎町店は二郎の中では量が少ない店とされている。10/1家元が行ってシンタに自慢メールを送った相模大野店の「小ヤサイちょっとニンニク(600円)」がこれ↓である。
小ヤサイ






⑤10/ 3 22:12

[件名]
件名なし

[本文]
え~こちら裏番!こちら裏番!裏番から家元へ業務連絡~。
またしても参戦表明者が現れたよ!!
今回は…



鬼澤こずえさ~ん!
Rankingに入れてってd('-'*)



⑥10/ 3 22:23

[件名]
件名なし

[本文]
え~こちら裏番!こちら裏番!裏番から家元へ業務連絡~。
只今東京のニーハオで食事中!!!
新入りの戦いぶりを。。
こずえ1




⑦10/ 3 22:31

[件名]
件名なし

[本文]
え~こちら裏番!こちら裏番!裏番から家元へ業務連絡~。
ニーハオの途中経過。。。
こずえ+シンタ




⑧10/ 3 22:46

[件名]
件名なし

[本文]
え~こちら裏番!こちら裏番!裏番から家元へ業務連絡~。
ニーハオの途中経過。。。
こずえ2





⑨10/ 4 18:42

[件名]
Re:途中経過だけ?

[本文]
全然いいよってd('-'*)
 (※家元注「こずえちゃんの写メUPしてもいい?」に対する答え)
だって家元返事ないんだも(≧ε≦)
結果はとってもおいしかった◎と。やっぱりぎょーざにはビールだねぇ家元ぉ(≧▽≦)その後小意気なBarでケーキを食べて大満足な一日でした♪蒲田のヤスも居たんだよ~☆




まあ、こんなもんですわ。写真の文字入れは家元。
「小意気」× ⇒ 「小粋」○  Barでケーキ?

こずえちゃんはそーゆーキャラなのね(=´∇`=) じっくりお付き合いせねばなるまい
ヾ(>▽<)ゞ
  1. 2005/10/05(水) 08:56:32|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

YOKOHAMA OPEN

YOKOHAMA OPENではビッキー、ジャクリンファンが増えたみたいだけど、カノウは断然レベッカファン☆。日曜日の決勝は観る予定じゃなかったんだけど、「レベッカがもしかしたらやらかしてくれるんじゃ…」という期待で当日券買っちゃったもん。残金ながら一方的な試合だったけど。

ビッキーが強すぎたという見方に頷ける部分もあるけど、カノウは「レベッカの気持ちが入ってなかったから」だと思いたい。準々決勝と準決勝でレベッカのパフォーマンスではかなり差があったじゃないですか、良くも悪くも気持ちの入り方がプレイに大きく影響する選手なのだと思う。

何故レベッカのファンになったか? それは『日本人プレイヤーのお手本になる』から。 ビッキーは腰から下の芯の強さを活かして、正確で強いショットを打つ選手。西尾麻美くらいのしなやかな身体能力が備わってないと真似できないプレイスタイルだ。 これに対しレベッカが準決勝で見せたように素早い反応で相手の強打をボレーでカット、ピックアップとタッチの正確さで相手を上回るのは、日本人が目標とするにふさわいと思う。
「力強さ」は努力ではどうすることもできない部分がある程度存在するが、正確さは練習で獲得できるはずなんだ、“簡単に”ではないけど。だからレベッカのプレイは参考になる、もちろんレベルは違うけど、それは大して問題ではない。


決して女教師コスプレさせて「また宿題忘れたの?イケナイ人ね♪」と言っていつもこの頭を撫でて欲しいからではないので、そこんとこ間違えないよーにヨロシク(^-^)/




各所で書かれてる通り大会運営は素晴らしかった。スタッフは各自の持ち場をキビキビとこなし、見ていて気持ち良い。ご苦労様でした。素晴らしい大会運営ありがとうございます。ワタナベの統率力を改めて認識した。


審判・マーカーも総じて良かったんだけど、マーカーの『音量不足』が気になった。発音の流暢さよりも声の大きさを重視すべきだと思う。あるいは、マイク/スピーカーの性能を上げるとか。

ポイントをコールするタイミングが早過ぎるために拍手と被ってしまい、プレイヤーが聞きとれないことが何度かあった。ポイントのコールは「サーバーがサービスボックスに入る一歩が手前」がベストタイミング。リズム良くプレイできる。
ゲームを始める「ラブオール」のコールも早過ぎ=ノックアップ中に言ってしまうケースが多かった。「ボトライトリーズ2-0、サードゲーム…」までをノックアップ中に言い、サーブに向かおうとするときに「ラブオール」をコールすると良いリズムになる。決勝戦の千夏ちゃんはそうしてたね。



「マデリン・ペリーのタメ(テイクバック)からスイングの速さ」や「シャロン・ウイ」の動き出しの早さなどプレイに見るべきところも多かったけど、予想通りピックアップの凄さ=「何でこんな平気な顔してラリーを続けてられるんだぁぁぁ!」っていう男子上位選手の凄みは、なかった。当然ながら。

女子の大会を開催する意義は充分理解できるけど、PSAの試合も観たいなぁ。ジャパンオープンレベルの大会でもランキング低かったころのジョン・ホワイト、スチュワート・ボズウェル、ゴリラ…じゃなくて、アンソニー・リケッツなんかが出てるんだもん。 若い選手達があいつらの試合観とくってのは、とても良い刺激になると思うんだ。

PSAの試合を開催するためだったら、カノウも一肌は脱がないけどパンツなら脱ぎますよ☆ スクール水着も着ますとも! ドウデスカ? o(><)O O(><)o
  1. 2005/10/04(火) 12:26:04|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

レベッカ・チュー マンセー!

その①

おや、番頭さん今日はまた一段とキレイだねぇ☆ シンタも10/1付けランキングの写真がカワイイと評判だよ♪

「どーしたんですか家元?急にそんなこと言い出してキモチ悪い。また知恵熱ですか?」








おべっか中♪




その②


♪♪♪

「家元ゴキゲンですね♪ ヘッドフォンで何聴いてるんですか?」


  (ヘッドフォンを外す)

♪くちづけを~ 交わしたぁ日はぁ~
 ママの顔さえも見れなかったぁ♪




「この曲は『フレンズ』ですね☆ つまり…」







レベッカチュウ☆(「中」と「KISS」のダブルミーニング)




その③


「オゥオゥ、上等だぁコラ! オマエどこ中だぁ?!」


怜別課中だぁ!

校長のトニー・チョイは「Mr.BOO!」のサミュエル・ホイに似てるんだぞぉ、ゴルァ!





だから何?と説明を求めるほど野暮なことはない。

「ついてこられる人だけついてくれば良い」というスタンスを貫いている家元だが、(これでも)下ネタを封印していることでそれなりにストレスが溜まっているのである。オヤヂギャグくらい許してやってもいいじゃないか!テツヤという名前を持つ者の宿命なのだ。 そんな家元を癒してあげたいと思う女性読者は、家元のストライクゾーンの広さに甘えてもいいのだよ(はぁと)

  1. 2005/10/03(月) 12:08:15|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてのチュー♪ ((((((# ̄3 ̄)

君とチュー♪



あっ、カノウがレベッカ・チューの試合観るの初めてってことね。
準決勝第一試合が終わった時点で「今日のネタはジャクリンちゃんの胸の谷間で決まりっ!(。-_-。)」と思ってたんだけど、やってくれました初めてのチュー☆

【準決勝 2/2】
[3]レベッカ・チュー(HKG) bt [2]マデリン・ペリー(IRL) 9-3 8-10 9-3 10-9 (60'13")

昼の準々決勝で千夏ちゃんを動き・スイング・打球の速さで圧倒し、「こりゃあ日本も開国するしかござるまい  ̄\(-_-)/ ̄」と思い知らしめたペリーに対し、サービスボックス付近から下がらないでボレーで叩くことで速さに対処し、バック前のピックアップとタッチショットの正確さでペリーをわずかに上回ったチューの勝利は見事だった。 その気の強そうな表情も、女教師コスプレ(白ブラウス、黒タイトスカート、メガネ)にふさわすぃいではないか
( -_-;)/~~~~~~~~~~~~☆ピシッ--


準々決勝では1~2ゲーム目の前半までショットがフィットせずにやや苦戦したが、徐々に調子を上げてったんだね。 ペリーも2、4ゲームで追い上げてたときは強打でラリーを支配してたんだけど、ドロップショットのミスの多さが最後に効いてしまった。



【準決勝 1/2】
[1]ビッキー・ボトライト(ENG) bt Jaclyn Hawkes(NZL) 9-2 9-1 9-1 (22'16")

いやぁ~、いいビジュアルでした、ごちそうさま( ̄ー ̄)v  ビッキーのお尻も良かったけど、なんつっても今日家元は最上段から見てたのでジャクリンちゃんの“谷間”が… 



って話してる家元を、“興奮した織田裕二の横で冷めてる中井美穂の目”で番頭さんが見つめるのは何故?
ペンギン1




ジャクリンも1ゲーム目の始めのうちはいいワーキングボースト打ってたんだけど決まらなかった(ビッキーがピックアップした)ので、厳しいところを狙ってダウンしたり甘くなってしまった。あのまま決まらなくても走らせるワーキングボーストとして続けていたら展開を引き寄せられたかもしれない。



【準々決勝 2/4】
Jaclyn Hawkes(NZL) bt [4]シャーロン・ウイ(MAS) 9-6 5-9 9-5 10-9 (49'27")

ウイは動き出しが早いねぇ。相手のショットが予測出来てるからだろう。今日はジャクリンの開き直った“勝負ショット”にヤラレたけど、あの動き出しの早さは大きな武器だ。


とりあえず今のところはここまで。 ちゃんとまとめもするからね~ん (゜-^*)/~
  1. 2005/10/02(日) 00:13:09|
  2. スカッシュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ