FC2ブログ

TEAM KANO戦記

美味しそうなこと、オモシロそうなことに必要以上に情熱を注ぐ人たちの記録です。スカッシュについても思いついたことを書いてみようかと。 パスワード希望の方は、実名フルネームを明記してteamkano@gmail.comまでメールしてください。

9/1付けTEAM KANOランキング

関西に二郎はないぞ、どーするつもりだ? 私が家元のカノウである。


居酒屋で酔っ払って寝てしまった人の額には、「肉」という一文字がマジックで刻まれ、写メを撮られ回覧されることになっている。法律でそう決められている。条例だっけ?

しかーし、いつも「肉」ではゲイがないのだ、フォー! やはり芸人たるもの、フォー! 常に新鮮なフォー! ネタをフォー!!



フォー!!!












あー、五月蝿いっ!





そして、







古っ!





とゆーわけで、9/1付けTEAM KANOランキングは、「この人の額にはこの一文字が似合う」シリーズでお届けしよう。ぽんちゃん、さんきゅ♪ 唐突に名前が出てくる人がいるが、それは家元の生理現象なので、気にするなっ!セイセイセイ





孝典  「炎」
キャモーン、火の玉ボーイ!




松本淳 「速」
そんな印象なので。




田山 「盛」
そんな感じなので。岩手出身だし。ご飯はもっこりモリモりで☆




宏介 「侍」
そんな雰囲気なので。スカッシュも頼んだぞっ!




小林父 「股」
前回ランキングでは「股関節」がボツだったが、見事復活!股関節治してスカッシュにも復帰してください。




海咲 「丼」
いい意味で大雑把なのだ。
デートで映画に行ったとか。で、どんな映画を観たのか訊ねたところ、「夫婦が些細なことで別れてどーしたこーした…」という返事。何じゃそりゃ?デートでそんなの観て、オモロイんかいな?
ま、大事なのは「一緒にいる」ということであって、映画の内容なんてどーでもいーんだよ、グリーンだよ。
キミの大雑把さはとても良いオーラを発していて、みんなを幸せにする♪




僚生 「遊」
卓球やどうぶつの森もいいけど、スカッシュもな!
"I miss you, too."とかメールするのもいいけど、スカッシュもな!





シンタ 「平」
下の人と、



H妻 「板」
セットで。
もう1人揃うと“フラットスリー”が完成する。





こずえ 「鬼」
文字通り。




ささかん 「完」
これも。




丹埜 「論」
勢いで。





nono 「毛」
いろんな意味で。 で、二郎はどーするのだ?




まりりん 「力」
ジョナサン・パワーと結婚すると、本名“まりりん・パワー”になる。是非実現させてもらいたいものである。弟のイアン・パワーでもいいよ。独身かどーか知らんけど。




totan 「乙」
入場パフォーマンスのBGMはワーグナーの「ワルキューレの騎行」。映画「地獄の黙示録」で米軍ヘリがジャングルを爆撃するシーンにフランシス・F・コッポラが採用したあの曲である。
「戦」、「睨」、「酔」など家元案はすべて却下され、「乙女だから」とこれにさせられた。家元にダメ出しできる唯一の人物である。いや、こずえちゃん以外で唯一の… いや、こずえちゃんとシラタキ以外で… (そして無限ループ)

昨日の夜、「明日はお昼からお出掛けするので、ランキングの発表は午前中、できるだけ早い時間でお願いします。」とメールしてきたのも、自分をそーゆーキャラに毀めて家元にネタを提供しようという献身的態度であって、決して家元をそーゆー扱いにしてるわけではないことぐらい、お見通しさ。
お土産は早川の「魚の食堂 こじま」のイカの塩辛でいいからね。札幌のお土産はまだもらってないけど、別に気にしてないから、いつでもいいんだよ。グリーンだよ。




片倉 「腿」
前回小林父の『チーム ポジティブ部長』に刺激され、「私、『チーム だいたい部』の副部長に就任します。部長はこずりんです☆テーマソングは『勝手にシンドバッド』で。 そーね、だいたい部ゥ~♪」というメールを送ってきた。見事採用である。

TEAM KANOランキング入りを目指す者は、田山や片倉みたく家元の琴線に触れるネタを提供することが近道である。あるいは、家元に金銭を提供する。はたまた女子大生・OL・人妻は、体当たりでキャモン♪





サクライZ 「鶏」
アーユーチキン?




町娘 「萌」
家元主観♪




シラタキ 「肉」
あっ、そのまんまだ。 まいっか、シラタキだし。




イノウエ 「甘」
甘党なので。そーゆー目で見てあげてください。







そして今回登場していないことに疑問を抱いた人がどれだけいるだろう、この人を忘れてはいないか?そう、家元だ。 しかし、


悪」、 「食」、 「謎」、 「迷」、 「惑」、 「邪」、 「(笑)」、 「額」、 「胃」、 「肝」、 「舌」、 「ハツ」、 「ミノ」、 「ハラミ」、 「センマイ」、 「ギャラ」、 「つくね」、 「手羽先」、 「アスパラベーコン巻き」…



うーむ、どれもイマイチなのだ。

とゆーわけで、家元特権を発動して














「愛」






とする。 パー子お茶を噴き出す(3回目)

文句があるなら自分でランキングを作成し、発表するが良い。






次回ランキング発表まであと1ヶ月(かどうかはわからないが)、いかにストイックに自分を追い込むかにかかっている。ここに挙げられた者はランクアップを、挙げられていない者はランクインを目指し、各自精進されたし!
スポンサーサイト



  1. 2006/09/01(金) 07:56:38|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

8/1付け TEAM KANOランキング

オリエンタルラジオのあっちゃんは本当にカッコイイのか? 私が家元のカノウである。

毎月1日ランキング発表という世界基準に達し、日本のスカッシュ界をリードしてきたTEAM KANOランキングだが、このところめっきりご無沙汰になってしまった。それである方から

「JSAランキングよりも更新遅いですね」

と言われてしまった、何ということだ。しかしその指摘に反論はできない。ランキングに限らず、このところJSAオフィシャルサイトの更新速度と頻度は素晴らしい。素晴らしいのはJSAではなく現行サイト構築や運営、ランキング作成を担当しているスタッフなのだが、これは「お金がないから」や「ボランティアだから」が言い訳に過ぎないことを証明している。能力と努力があれば、それらは克服できるのだ。

ただし、その“能力と努力”は他人に要求するべきものではなく、“自分が提供するもの”。スカッシュ界ランキングの最高峰であるTEAM KANOランキング、ここらで発表しておく必要があろう。とゆーわけで、4カ月振りの新ランキング発表、いってみよー♪


【家元】:カノウ
とはゆーものの、TEAM KANOランキングは家元の生理現象なのである。お腹が空いたからごハンを食べる、暑いと汗をかく、眠くなったら寝る、朝起きたらウ○コする…

つまり、TEAM KANOランキングとは、家元の中のよからぬものが、

ジョジョビジョバァ~

ジョビジョバア~♪


と出てきているところを皆さんにお見せしているよーなもの。一種の羞恥プレイ?w
まっ、そーゆーことなので、出るときは出るし、出ないときは出ないのである。無理はいけない。赤ちゃんに痔持ちがいないのは、我慢したり無理に出そうとしないからなのだ。自然体が一番身体に良い。

ところで、帰省によりリフレッシュしまくってる家元、次回の大会は『加納哲也(リフレッシュ)』でエントリーすることになるであろう。




何か問題でも?







【オニ】:こずえ
前回ランキングで【チャーミーレモン】という、あり得ない高ランクを獲得したこずえちゃんだが、今回は【オニ】。理由は説明するまでもない。

しかし、家元的にはあのコメント「ええっ!?いつも楽しみに読んでるのに、今日はそれだけですか~(Θ_Θ)」はとってもオイシイのである☆タヤマやシンタのチクリ情報含め、更に期待している♪




【4コマシンタ】:シンタ
今回はこれくらいでしか活躍していないので、こんなもんだにゃ。



【チーム“ポジティ部”部長】:小林父
「自分が店に入ると、それまでガラガラだったのが急に客で満席になる」、「イメージしているとトレースするように現実は動き出す」など数々のポジティブ伝説を自ら語るこの人、『物事に前向きに取り組むと、良い方向に進む』の典型例である。稀に例外もいるけど。

ちなみに「ポジティブきんきんグ」という言葉を考案したのは家元なので、これを使用する際は家元への尊敬の念を忘れてはならない。

なお、当初小林父のランクは【股間節】が予定されていたが、とんきでロースかつ定食を御馳走になったため、このランクはお蔵入りとなった。

「高ランクを目指すなら、家元への賄賂が有効」は、TEAM KANOの鉄則である。



次はいよいよ今回の目玉☆

【もっこりもこみち】:タヤマ 
『緊急レポート! 「田山 けんぢ、ぶらりラーメン二郎汗びっしょり途中下車の旅(タカノリ編)」』で鮮烈デビューを果たしたタヤマ、これまた家元の意に反してイメージアップしそうなのだ。

「田山さんてお顔しか存じ上げませんが、ちょっと興味がわいてきました♪素敵な文章を奏でて欲しいなぁ」

「(イノウエとは全く違う理由で)話し掛けにくい感じなんですけど、二郎レポのまんまの方ならも少し気軽に声かけてもいいのかな~とか思います(^^)」


こんなメールが発表と同時に送られて来た。こうしたメールは全て女性読者からである。イノウエの場合は多少イメージアップしようが余裕ブッこいてた家元だが、タヤマの場合はそうはいかない。これは大問題である。

しかし冷静に考えてみると、イメージアップといってもそれはあくまで「TEAM KANO読者の間で」ということであって、世間一般的なものではないことに気付いた。タヤマのおトボケキャラが確立されれば、それだけTEAM KANO世界制覇の野望に一歩近づいたことにあるであろう。タヤマには更に精進してもらいたい。


なお、あのレポートは携帯から送られている。また、「掲載されるなら、もっと長編にすれば良かった」と語ったらしい。これから察するに、彼はかなりの“メール職人”だ。甘いお菓子を餌にすればアドレスを聞き出すのは容易らしいので、タヤマとメル友になりおトボケメールを収集し、家元に報告することが女性読者に期待される。







さて、次回のランキング発表はいつになるのか? それは家元の生理しだい。



遅れたり来なかったりしたら、アナタのせいよ、




うふっ♪
 







※タカノリがランクインしていないことを不審に思う読者もいることだろう。タカノリについては別途特別枠を設けるつもりなので、家元の生理が「タカノリに関して書くこと」に合う日が来るのを、心待ちにしていればいいと思う。
  1. 2006/08/01(火) 11:24:24|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

4/1付け TEAM KANOランキング

このところランキングの発表をサボッてたのは、家元がデートで忙しかったから♪ …ではない。人をイジルのって、実はプレッシャーなのだ。

このログやSquash Wikiのレポートでジュンやタカノリに厳しいことを書いたりもするのだが、これ「日本のトッププレイヤーに対し、実力が大きく劣る者がエラソーなこと言ってる」わけだ。

当人たちは人間的にも良く出来たコなので、家元の真意は汲み取ってくれているものと理解している。でも第三者、特にジュンやタカノリのファンが、「オマエに言われたかねぇよ!」と感じたとしても当然だ。


プレイの実力と、「見る・感じる・表現する実力」はまた別なのを、わかってる人はわかってるのでスカッシュに関しては良いとしても、お笑いネタにするはねェ…


まっ、でも今日はエイプリルフール。どんなこと書いても笑って許される日なので、久し振りにTEAM KANOランキング、行ってみよー!



[家元] カノウ

新しい読者は「何故家元は家元なのか?」疑問を感じているかもしれないので、改めて説明しておこう。狂言の世界でもおわかりの通り、家元とは資格や実力・人望に関係なく、「私が家元です!」と言えばなれるのである。そして全ての利益は家元に集まる仕組みとなっている。

たとえシラタキが「今試合どーなってます?みんな勝ってますか?」とメールをよこし、すぐ「うん、みんな勝ってるよ☆でも、こーゆー報告って、丁稚の仕事でなくね?」と返信すると、「だって一番返信早そうなの家元なんだもん☆試合も昨日負けちゃって無いからどーせヒマでしょ?♪」という扱いをしようとも、家元の地位は揺るがないのである。



[クールファイター] イノウエ

先日のログを読んだ方から「イノウエさんってクールな方かと思ってたんですけど…」とのメールをいただいた。

いや、それで正しい。彼は天性の「冷やし系」なのだ。何かネタを与えて遊んでみればいい。一気にまわりの空気が冷えることだろう。



「チャーミーレモン」 オニザワ

宇都宮オープン時の賄賂、「サルのうんぴー」は狙いがミエミエで評価を下げてしまったオニザワだが、今回の「レモン牛乳」はスマッシュヒット! 『何だかよくわからんが、楽しい♪』という、TEAM KANOのツボ(B級ツボではない)を押さえた賄賂である☆

スカッシュ界では二郎に続き、レモン牛乳がブレイクし始めている。現在行われているBK大会でも賞品に採用された。今日は何日だっけ?



[スカッシュマジシャン] シンタ

日韓合宿が終わった金曜日の夕方、シンタから来たメールは「日曜日、家元んチに泊めてもらえますか?♪」

その気があれば勝負パンツを買いに行かなくてはならないシチュエーションだが、残念ながら家元は根っからの女好き♪何事もなく一夜が過ぎていったことは言うまでもない。

シンタは泊めてもらったお礼にマジックを披露してくれたため、カノウ姉妹は今手品がマイブームである。「1円玉のはできるようになったけど、トランプのは練習しないと難しいの」との報告がカノウ姉妹から寄せられている。

シンタのマジックが見たい方は、宿泊場所か食事を提供すればいいんじゃないかな☆



[永遠の不発弾?] シラタキ☆ダイナマィ!

2月のコータコートオープンで爆発の兆しをみせものの、Doオープンでは大不発。

これから薄着の季節を迎え、シラタキのダイナマィ!がドッカンドッカンする日はやって来るのか? そーゆー、“温かくもやらしー目”で見守ってやって欲しい。





そして本来なら今回ランキングの目玉になるはずだったタカノリ。

アジア選手権後最初の大会となったマジックオープンでユウタに負けたのは、ユウタの出来が良過ぎたせいもあり、まあゆるせるとしても。 その後日韓合宿でキム・ドンウーに、また東アジア選手権代表選考会で再びユウタ、そしてヤスに負けた試合は結果ももちろんだが内容が悪かった。

恐いもの知らずで躍進してきたタカノリだが、ここにきて誰もがブチ当たる壁に当たってしまったのだろうか。確かに代表選考会初戦のユウタとの試合では、立ち上がりに“勝ちを意識したかのような固さ”が感じられた。

この壁は飛躍のためのステップと考えたい。1993年、渡辺は全日本決勝で当時12連覇中の潮木をあと一歩のところまで追い詰め、潮木本人に「来年は0-3だな」と言わせたが、翌年の決勝で潮木に0-3で屈している。渡辺はこの壁を1995年に乗り越え、ここから5連覇を達成。5年間国内無敵を誇り、計7回の優勝を重ねた。

高く飛躍するためには、壁もより高いことが望ましい。心優しくも厳しい家元は、ここで一旦タカノリを[丁稚見習]にランクダウンさせる。

コータコートさよならパーティでのワタナベのハジケぶりを見習い、立派なパフォーマーに成長したあかつきには、ランクは[EXILE]に返り咲くことが約束されている。





ん?




というわけで、今回のランキングはここまで。家元の[側室]や[腰元]を目指す女子大生・OL・人妻・藤原紀香・小池栄子は、そのナイスバディに磨きをかけておけばいいのではないかな♪
  1. 2006/04/01(土) 22:59:19|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

12/1付 TEAM KANOランキング

ふに~、私が家元のカノウである。


「家元、また魂抜けてます。」

うん、11月はいろいろあったからね。「休日出勤6連続」みたいな感ある。最後にどどーんと超ド級の衝撃も来ちゃったし。

「でも家元は前向きですね。3/31(金)~4/2(日)コータをダダで使わせろ!なんて火事場泥棒のような発想です。」

だってさー、いいじゃんそんくらい。閉鎖するんだもん。
ちなみに超ド級の「ド」は「ドレッドノート」という名の大型戦艦のこと。船の大きさを表すのに「ド級」は「ドレッドノートくらいの大きさ」、「超ド級」はそれ以上の大きさの船という意味。「超イ級(家元を越えたトンデモナイないこと)」の発想・ドンデン返しが起きないかなーと願いつつ、無いものねだりはしないで現実を見据えた施策もしてかないとね。


「『スカッシュ出会い系』はいかにも家元らしい発想ですね。真面目なんだかエロなのかよくわからない…」

『出会い系』なんて言うとイメージ良くないから、「スカッシュコミュニティ(どっかで聞いたよーな?)」とか「スカッシュしたい人、この指止まれ!」などそれらしい名前にすると良い。

んで「教えます!」の方に掲示したり「教えてください!」にレスできるのは協会(もしくは管理人)の認可を受けた普及ボランティアに限定すれば、危険なことも起こらないはず。あっ、普及ボランティアの身に危険が及ぶことも有り得るか。まあ、多少のリスクを侵さないと出会いはなかなかみつからないしね☆


「やっぱりエロじゃないですかー!」

んもぉー、ヤダなぁ番頭さんまで。あくまでも『スカッシュの出会い』なんだからさっ♪

「怪しいもんです。」


とにかく、多くの人がスカッシュに出会えるような状況を作りたいのだよ。なお、このアイディアはKT FINALSよりも実現は容易。だから勝手にパクっちゃダメよ!パクる時は家元にラーメン二郎を奢ってからにしてね♪




「さて家元、12/1付けTEAM KANOランキングなんですけど、発表の日を遅らせた上に今日もここまで話を引っ張るってことは…」

さすが番頭さん、家元がランキングのネタ思い付いてないこと見透かしてるね。感心感心☆


「たぁー、感心してる場合じゃないです!鬼澤さんとかランクアップを楽しみにしてるんですから!田山さんも参戦を表明してるんですよ。」

あー、タヤマね。彼はいいのよ、家元のシモベみたいなモンだから。家元が優勝した'98年東北選手権、新人戦で優勝したのがタヤマ君なのだ。

「家元がスカッシュ教えたんですね☆」

いや、一度も一緒にコートに入ったことはない。「タオルを頭に巻いた、やたら球速くて威勢のいいニイちゃんがいるなー」って見てただけ。


「じゃ、ゼンゼン関係ないじゃないですかぁー!」

何をおっしゃる番頭さん。新人クラスのプレイヤーにとって一般で優勝した家元は神様も同然。ルックスも含めてタヤマの現在があるのは全て家元のおかげだと言っても過言ではあるまい。

「その超ポジティブとゆーか、ノーテンキさはさすが家元です。見習いたくても見習えないですけど。」

ふふっ、番頭さんも謙虚だねぇ☆
それはそうと番頭さん、コバヤシパパやnonoさんたちと二郎に行った翌週の日曜日、また二郎に行きその後気分が悪くなって横浜駅あたりを徘徊してたそうじゃないか♪

「ゲッ、何で知ってるんですか?!結局吐いてやっとスッキリしました。しばらく二郎には近付きたくないです(>_<)」

ヨシヨシo(^-^)vそうカンタンにクリアされる二郎でわないのだ! 家元を楽しませてくれたから、ランキングを[番頭代理]にしてア・ゲ・ル♪




「降格してるじゃないですかぁー!(:_;)」



それもまたTEAM KANOランキングである。
なお、タカノリは[師範代]から[師範]へと変更しておくが、おめでとうはまだ言わない。


次回ランキングはもう来年。年間ランキング特集号なので、期待しておくと良い。しかし、家元は実家に帰省してる可能性があるので1月1日に更新できるとは限らない。期待しつつも暖かく家元を見守ってあげる寛容さが必要である。
  1. 2005/12/04(日) 04:15:22|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11/1付 TEAM KANOランキング

早いものでこのランキングを発表するのも今日で4回目となった。

「すっかりスカッシュ界に定着しちゃいましたね。」

先月は新規参戦者や有力参戦希望者が続出したからな。

「これもひとえに家元の実力・人気・人望のおかげです」

番頭さん、家元をホメるのは良いがその棒読みはなんとかならんのか?

「心にもないことムリヤリ言わされてますから」

おお、そうだった。本当は二郎の魅力のおかげだったりするのだが、それには気付かないフリしてさっそくランキングを発表しよう。 今回も番頭さんのご好意により変動あったところだけとする。

「家元も棒読みです(-.-;)」

心にもないこと言ってるからな。



[番頭]イケダ

イケダ


ランキングは変化なしだが「一回戦から三回戦までフル参戦」に敬意を表し、敢えて取りあげた。

「まだ棒読みのままです(*_*)」

では、ここからは心を込めるとしよう。



[デッドボール・シラタキ] タキイシ

タキイシ


本人は改名を期待しているフシも見られる。だからこそ敢えてこのままにしておくのが家元の親心。

「でも最近は脱・デッドボールに取り組んでます。」

そのようだ。早く卒業できることを家元も期待している。



[チキン] サクライ

サクライ1


「前回のランキングから『タイガー&ドラゴン』が外れてただの[チキン]になりました。」

このところ何やらすっかり「ママ」になってるようだ。二郎での食べっぷりのような豪快さを普段の生活でも取り戻せると良い(家元的には)。



[お局様] コマツ(ひ)

よく食べるとは知ってたけど、あなんなをアッサリ二郎をクリアするとは。さすがである。翌週も二郎に行きヤサイマシマシを完食するなどそのポテンシャルは高い。





「さて、ここからはNEW COMERが登場です!」

[ブリーダー] コバヤシババ

ミサキ、リョウセイ、ルッキ、ルイに続き最近新しいターゲットを加えたトップブリーダー・コバヤシパパ。果たしてこの新ターゲットはブリーダーの手に負えるものなのか?その手腕が注目される。

「某女性メンバー(既婚)は『アタシもパパが欲しー♪』と発言し、ボコボコにされてました☆

それは自助努力で。




いよいよ次は今回の目玉商品!

[サンボマスター] nono☆

「ネェネェ、『電車男』ってホントにあった話なんでしょ?」
「ウン、そうらしいね。」
「じゃさ、マキの会社のあの男、実は電車男だったりしてー☆」
「えー、アイツがぁ、マジ有り得ねェって。とてもあの話みたくロマンチックなこと似合わないじゃん!」
「それもそうだね♪アハハーf^_^;」

てな会話を傍で聞いてドキッとしたりホッとしてる男が実在しているはず。あなたや私の知るあの男が電車男なのかもしれないのだ。

nono☆の場合最近彼女ができたという噂は聞こえてこないのでおそらく違うのだろう。ということでランキングは[電車男]ではなく[サンボマスター]となった。本人いわく「シャイ」ということだが、その見た目からは想像できない熱いハートを持っているからでもある。世界はこれを家元の愛と呼ぶんだぜっ!

「nono☆さんだけは実名じゃないんですね。」

スカッシュ界では実名よりもHNの方が有名だからな。

「もしかしてTEAM KANOの新基軸『勝手に電車男作戦!』の仮想電車男をnono☆さんにし…



ウッ!





バタッ






ふぅー、あぶないあぶない。危うくバレるとこだったぜ。番頭さんにはしばらく眠っててもらうとしよう。








そして最後は前回[名取]になったこの男が特別に?!

[サラリーマン] イノウエ

こやつに普通のサラリーマンが務まるのか? 興味本位半分、ガンバレ!と応援する気持ち半分でランキングを[サラリーマン]とした。



「家元も一応サラリーマンやってるんだし、大丈夫なんじゃないですか?」

かなりハミ出してるが、『一応』な。



…てか、いつになく鋭いツッコミをすると思ったら、タキイシではないかっ!?




「ハイ、番頭さんが気絶してたのでこの隙にと思い登場しました。 参戦を表明したものの未だ実績のないオニザワ、ミサキ、タヤマは[門前]とする。」



タ、タキイシ、それは家元が言うセリフ…



「今月は宇都宮オープン~全日本とビッグイベントが続く。餃子から中華街、はたまた二郎とランクアップのチャンスが多いので各自精進するよーに!」



だっ、だからそれは家元の…



「それから家元、男性メンバーに対するコメントがアッサリし過ぎです。いくら家元が女好きだからとはいえ、もちょっとケアしてあげてください。



でわ、タキイシは帰るぞっ!

クレープ




ははぁー、お気をつけて。

て、家元が番頭さんみたくなっちゃった(´~`;)


  1. 2005/11/01(火) 21:28:45|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

10/1付け TEAM KANOランキング

私が微笑みの貴公子こと家元のカノウである。番頭さんとかいうお方々、実はこの待ち合わせ場所に来る途中で交通事故にあってしまい『微笑みの貴公子』とか『家元』と呼ばれてたことしか覚えてないのだよ。

「もぉー、家元ったら冬ソナ観てないくせに、そーゆー都合のいいことだけよく知ってるんだからぁ!」
「そーですよ、今日はTEAM KANOランキング発表の日なんですよ!書くネタが思いつかなかったからって記憶喪失のフリしてもダマされませんからねっ!」


チェッ、チェッ、チェッ、チェッ、チェッ、チェッ、チェッ、チェッ、チェッ、チェッ!




で、









「チェッ、ジュウ」



( ̄▽ ̄;) お後がよろしいようで…



「あー、逃げたー!」


















「ふぅ、捕まえた(゜o゜)\(-_-) さあ、ランキング発表してもらいますよ!」

だって9月はTEAM KANO、活動してないんだモン(*_*)月曜日の練習会一度も参加してないし、スカッシュしたのも3回っきり?

「そーですね、仕事忙しかったり智恵熱出したりしてましたもんね」
「じゃあランキング、変更したとこだけでいいですよ」

そーかい? いつもいつもすまないねぇー

「『それは言わない約束よ』って約束をしてるシーンは見たことないですよね」

おっ、番頭さんもなかなかいいこと言うねぇo(^-^)oじゃ、サクサクっと始めるよん☆変更あったとこだけね♪



[デッドボール・シラタキ] タキイシ

本人は[切れたナイフ]をかなり気に入っていたようだが、本人に馴染み出すとこれまたオモシロクなくなるのが家元の心と秋の空、複雑なお歳頃の家元なのである。
最近はサーブでちん… じゃなくてティンを叩くこともなくなったタキイシだが、自打球は相変わらず正面で受け止めているようである。

「それで[デッドボール]ですね。[シラタキ]は何なんですか?」

[シラタキ]と[タキイシ]は似ている、[カトウ・アイ]と[アトウ・カイ]のように。

「奥が深いですね」

深いと思えば浅く、浅いと思えば深い。家元の懐と女心は掴みどころがないのである。タキイシにはこれからもGJコメントを期待している。

「[デッドボール・シラタキ]ってリングネームみたいですね」

「キルビル」における[ゴーゴー・夕張]みたいなポジションなのである。




[裏番] シンタ

ヤスとのトークバトルをセッティングした実績が評価され[裏番]への昇格を果たした。

「でも本人の希望通りのランキングなんて、家元らしくありませんねぇ」

フフッ、これは[裏番長]ではなく[裏番頭]の略なのだよ。シンタにはナイショにしとていい気にさせておき、ドーン!とタタキ落とす作戦なのだ。

「それでこそ家元ですっ!」

んもぅ、番頭さんたらそんなにホメるとテレるぢゃないかぁ(#^.^#)
シンタ





[蒲田のヤス] ヤス

本人は「ランキングに入れないでくれ!」と言ってたらしいが、そんな要望が聞き入れられるほど家元は甘くないのはご存じの通りである。特に力のある者やカワイイ女のコにはめっぽう弱いのが家元、当然のランクインである。

「意外とシャイな人らしいですね。機会があったら紹介して下さいね♪」

うむ。



そして忘れちゃいけないのがこれ↓

[番頭(ス)] タグチ

「(ス)て何ですか?」

TEAM KANO世界進出の足掛かりとしてタグチをカナダ駐在番頭とする。しかし2ヵ月で帰ってくるので[スペースシャトルみたいな番頭]、略して[番頭(ス)]である。


「家元、10月中旬くらいになったら仕事一段落するんですよね? 壮行会兼ねて三回戦実行しましょうね!」




きっ、記憶がぁ~ヽ( ̄ー ̄ )ノ 

  1. 2005/10/01(土) 01:33:13|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

9/1付け TEAM KANOランキング

頑張った人にも頑張らなかっ人にも平等にこの日はやってくる、TEAM KANOランキングの発表である。 今月はランクアップした者が多く、家元も発表が待ち遠しかった。皆この調子で精進されたい。



[家元] カノウ

ガセビアの沼で、二郎の大ダブルヤサイニンニクを完食した緒川たまきが額の汗を左手で拭う仕草をした後、「ふぅー」って一息ついてニコッと笑いながら「うそつき♪」と言うシーンを妄想して萌ェー☆な家元である。


[師範代] タカノリ

やはりタダモノではない。あれだけ大量の手羽先をもってしても「達成感がない」などと言ってのけるのである。 しかしやまちゃんでイノウエに引き分けに持ち込まれる気持ちの甘さが、中四国オープンの優勝を逃したのだ。「いい試合だった、惜しかった」は“勝者が敗者の健闘を讃える言葉”である。敗者側が言えばそれは言い訳、負け惜しみでしかない。
だからセルジオ越後のように辛口評論(男性に対して、は)で有名なカノウはあえてタカノリを[師範代]のままとし、三回戦のテーマにタカノリが苦手であろうデートプランを用意したのだ。この苦手なテーマを克服し、更に飛躍することを期待している。

女性メンバーは「本当は中四国オープンでのタカノリ君の活躍が嬉しいくせに、無理して厳しく接する家元のヤセガマンが男っぽくてステキ♪」とラブ×2メールを送ればいいじゃないか!


[名取] イノウエ

優秀な成績を納めた者は[名取]となり、『TEAM KANO名』が与えられる。イノウエのTEAM KANO名は当然[小倉バゲットイノウエ]。山本スーザン久美子みたいである。従ってイノウエの実生活でのフルネームは必然的に『井之上・小倉バゲット・哲哉』となり、関東オープンのドローは訂正版が出される。 でもいちいち[小倉バゲットイノウエ]と書くのもメンドクサイので、略して[イノウエ]とする(←これまで通りやんけ!)
まあそれくらい二回戦でのイノウエの活躍は素晴らしかったということ。皆もイノウエを見掛けたら小倉バゲットを与えてみよう☆


[番頭] イケダ、タグチ

二人の活躍も目覚ましいものがあるのだが、家元と番頭の会話形式でブログが進行していくのを家元が気に入ってるので[番頭]のままとした。これからもナイスなツッコミとフォローをヨロシク(^-^)/

尚、番頭のうち一名を海外駐在員とし、TEAM KANO世界進出の足掛かりとする計画が水面下で進行している。


[丁稚] タカハシ

強力な賄賂により[越後屋]への昇格が内定していたが、家元の「越後屋よりも丁稚の方がしっくりくる」の一声で内定が取り消された。 しかし「賄賂を贈っても昇格しない」などという噂が流れるといけないので[丁稚(主任)]とする。ひとりしかいないけどf^_^;  ただし、いちいち[丁稚(主任)]と書くのもメンドクサイので、略して[丁稚]とする(←結局変わっとらんやんけ!)

賄賂はともかくその実力も充分一般レベルで通用するものを持っている。しかし、タカハシが相手にしなければならないのは、あのタカノリであり、あのイノウエなのである。ここはひとつ「麺ましダブル全部ましまし」くらいに挑戦してもらいたいものである。あくまでも自己責任でね♪


[町娘。] キタザワ

GJコメントを連発するなど進境著しいキタザワである。[大奥]入りも候補に挙がったが「キタザワ=町娘」というポジションを家元が気に入ってるため見送られ、その代わり昇格の証として「。」を加えた。略す場合も[マー娘。]と「。」を忘れないように。これは書いてもメンドクサクナイ☆


[切れたナイフ] タキイシ

普段は真面目・大人しい雰囲気を持っているのだが、家元は見てしまったのだ、スイッチが入って壊れたタキイシを。その壊れっぷりはどう表現したらいいのやら… 一度トコトンお付き合いしてみたいのだが、顔は止めてね、ボディボディ(by三原じゅん子)
あと、サーブでティンを叩くのは1日1回までにしようね(v_v)

ちなみに[切れたナイフ]は出川哲朗が不良だった頃のニックネームである。タキイシ本人は[門番]を希望していたが、自己申告がそのまま採用されるほどTEAM KANO甘くない。 いや、甘かったり甘くなかったりするのだが、それは家元の気分次第である。


[お局様] コマツ(ひ)
本人の自己申告なので。(ほらね)


[カメラマン] コマツ(た)

いつもご苦労様です。教えていただいた「萬金」の餃子はカノウ家でも大好評です☆


[タイガー&ドラゴン&チキン] サクライ

♪オレの、オレの、オレの話を聞けぇ~♪

はいはい、2分だけでいいのね? 1分45秒経過したら「フィフティーンセカンヅ」って言いますから、2分で止めてくださいよ。「タイム!」が宣告されても喋ってたらコンダクトウォーニング⇒コンダクトストロークですからね。
アー・ユー・チキン?


[パシリ] シンタ

今月唯一のランクダウンである。 従って次回は予選からの参加となった。9月末のWISPAトーナメントにもダブルエントリー(こちらも予選から)しており、意気込みは伺える。しかし意気込み倒れで終わってしまいがちな最近のシンタである。前回のようなネタ系写メを定期的に送るなどの地道な活動が望まれる。




さて、嵐を呼ぶ三回戦を控えますます目が離せないTEAM KANOランキング、明日はどっちだ?!
  1. 2005/09/01(木) 12:00:54|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ひと休み

なりたい職業は「エンタの神様」の司会者(だって楽そうなんだモン♪)
どーも、私が家元のカノウです。

「しかし家元、あれですね」

なんだい番頭さん、薮から棒に。

「こうして会話形式で進行してゆくブログってめずらしいんじゃないですかね?」

たいていは日記だからな。「今日は○○ちゃんとこんな会話をした…」はあっても、進行が会話形式というブログは見たことないな。

「もしかしたらTEAM KANOは日本文学史に多大なる貢献をしているのかもしれません!」

“誰も言ってくれないから自分で褒める”、TEAM KANOの理念通りだね。番頭さん、これからもナイスな自画自賛ヨロシク頼みますよ☆




ガラガラガラッ(引き戸を開ける音)「家元ォー!」

[丁稚]のタカハシではないか。どうしたんだい?そんなに慌てて。

「これを家元にお渡ししたくてっ! でわっ☆」

ラガラガラガッ、ピシャッ!(引き戸を閉める音?)




カッ コーン。。。 (鹿威し)



行ってしまった。 どれどれ、『黒騎士 は二は 黒』と書いてあるな。楓の葉の紋章が刻まれておるぞ。

「中国明代に室内戦用に考案された武器【趨滑襲(すうかっしゅう)】ですよ。丁稚は先月、神奈川公開のじゃんけん大会で入手してましたから。 『頭 液体金属百五十』を先日導入した丁稚には必要ないのでしょう」

おっ、番頭さんはのの殿の家頁を見て勉強してるようだね、感心感心♪ あそこは時として重箱の隅を突付くような情報を提供して家元を悦ばせようとたくらんでおると、睨んでるのだよ。

「さすが家元、“過剰な自意識”も理念通りですね☆ あの掲示板、基本は新鮮で有益な情報なんですが、たまに見受けられるのの殿の“遊び心”がカワイイです♪ 『丁稚はもうすぐ発表される9/1付け番付を気にしていた』と町娘が申しておりました」

そうか、もうそんな時期なんだね。丁稚には番付とは別に後でアレをナニしておくとしよう。

「賄賂受け渡し場面が全国に生中継されるのも、越後屋さんとことウチぐらいなもんですね」

番頭さん、そちもワルよのぉ~☆

「何をおっしゃいます、家元にはかないませんよぉ♪」



うむ、これにて一件落着!(←してるのか?)
  1. 2005/08/26(金) 12:08:37|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TEAM KANO ランキング

8/1付けTEAM KANOランキングを発表します。

[家元]カノウ
TEAM KANOの絶対専制君主。この人の気分次第で全ては決まる。カースト制度で言えば[バラモン(僧侶)]。ちなみにカースト制度の最低位が[ふん尿汲み取り人]であることはあまり知られていない。

[師範代]タカノリ
二郎初挑戦ながら大ダブルヤサイニンニクをクリアする実力者。元はといえば「タカノリがどれだけ喰えるのか試してみたい」がTEAM KANO発足の理由なのである。[免許皆伝]に最も近いと言えよう。

[番頭]イケダ、タグチ
彼女らも初挑戦で小味玉ニンニクちょっとだけをクリア。シャッター二郎(しかも一番乗り)を喜んでるあたりTEAM KA濃度はかなり高いと思われる。順当に[番頭]をゲットオ!(←韻を踏んでいる♪)手羽先にも興味シンシン☆

[丁稚]タカハシ
YC&ACでの試合後に二郎に挑戦し見事完食。試合(Best4)後に見せた爽やかな笑顔をキープできていれば[番頭]だった。惜しいっ!

[町娘]キタザワ
矯正中の歯が痛いにも関わらず、果敢に(無謀に?)二郎にアタックしたお調子者。予想通り完食できず、規定により[破門]となるところだったが、「カノウさんの報告面白過ぎです♪」のGJレスで一気に[町娘]の座を掴んだ。
本来の実力を発揮すれば[大奥]への昇進も夢ではない☆

[パティシェ]うっちー
試合の時にみんなにケーキ作ってきてくれるので。

[見習]イノウエ、シンタ、その他
精進すべし。 特にシンタは海外遠征で得た経験を生かして欲しいものである。下の写メでもおわかりの通り、そのポテンシャルは高いのだから。
シンタ
↑海外遠征でお化粧の技術が向上したシンタ選手。とってもナチュラルメイク☆




※「家元の査定は女性に甘い」とか「えこひいきしている」と思われるかもしれない。

そのとーりである、それでこそ家元なのだ( ̄▽ ̄;)
つけ加えておくが、お中元・お歳暮・バレンタイン・その他あらゆる賄賂がランクアップに有効であることは言うまでもない。

9/1付けランキングへの闘いはもうすでに始まっている。みんな、家元に優しく接すればいいじゃーないかっ!
  1. 2005/08/10(水) 08:39:02|
  2. ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0